コラム

 公開日: 2014-03-07  最終更新日: 2014-03-30

プリントオンデマンド出版の未来

先日、プリントオンデマンド出版について詳しくお伝えしました。実は、私自身、「コラムを本にしませんか?」と出版の話をいただくまで、恥ずかしながらプリントオンデマンドのことは知らなかったのです。本の原稿を進めていくにつれ、プリントオンデマンドの未来について気になってきたので、インターネットで調べてみました。

「電子書籍の未来は? OnDeck編集長 井芹 昌信氏に聞く」というネット対談から抜粋します。 井芹昌信氏は、長年出版や電子書籍事業に携わっている株式会社インプレスの代表です。http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/ebook2013/20130702_605822.html

井芹氏:
「プリントオンデマンドは、みんなが使いやすいイノベーションだと考えています。ただし、これを“少部数印刷機”と思ってはいけません。注文したその時、その場で、紙の本になる、というところがポイントなんです。

ユーザーがカタログを見て、ほしい本を見つけて注文した瞬間に、ストアの中でデジタルデータの“版”から印刷され、そのまま倉庫経由で直送されます。ここで重要なのは、出版社からストアまでは電子出版であって、ストアからお客様の間は物流になっていること。つまり、ストアが電子データをリアルの本に変えている。ここが非常に大きなイノベーションで、印刷という行為の主体が今まで出版社だったものが、ユーザーに変わっているんです。そういう意味で“革命”なんです。」

それでは、出版社側にとってPODプログラムに参加するメリットは何でしょうか?デザインエッグ株式会社佐田幸宏氏は次のように話します。

「PODに適しているのは、ITや法律など、常に情報が新しくなり、数ヵ月単位で細かく変更を行う必要がある書籍や、数千部から数万部の販売見込みがたたない書籍です。PODを使えば、電子書籍と同じ速度で紙の書籍も更新し続けることができるため、常に最新情報を読者に届けることができるようになります。

(中略)PODになると在庫本を倉庫に保管するコストの問題や,増刷の必要性もなくなり,出版社は大量の部数を印刷するリスクや,在庫を保管する費用が不要になります。また絶版本や希少本,特注本,外国語版や大活字版など,従来は比較的コストがかかり割高であった書籍も,比較的低コストで長期間にわたって提供できるようになるので,これまで出版することが躊躇されていた本も作られ易くなるはずです。
これまで,一部の大学図書館にしかなかったような専門書であっても,PODを使うことで誰でも手軽に入手できるというのは画期的なことですし,そのような書籍を必要とする日本の研究者や専門家などにも歓迎されることでしょう。」
2011年5月 竹橋コミュニティスクエアhttp://www.tpc-cs.com/news/no2590.html

つまり、PODは出版というビジネスでの、出版社の従来の役割を根底から覆しかねないようなものなのです。出版社は、在庫管理・価格設定・印刷部数・増刷など、様々な難しい判断をしながら、本を出版しています。ところが、PODの場合、注文に応じて印刷するので、必要なものはデータ管理のみで、在庫を抱える必要がなく、また保管場所も不要です。この意味において、PODは「本屋に本を並べて売る」という常識を破るものと言えます。

それを言うなら、電子書籍でいいではないか、という声が当然上がってくるでしょう。PODもやはり紙に印刷した本ですから、ユーザーの側から言うと、価格・持ち運び・保管などの面で、電子書籍に比べると不利になる面もあります。ところが、日本では当初の予想ほど電子書籍の普及が進んでいません。これは、縦書きであるという日本語の特性と無関係ではないと私は思っています。紙に印刷されたものを読むという行為が、日本語で文章を読むことが好きな人にとっては、特に重要なのではないでしょうか。

私だけかも知れませんが、電子機器の端末で縦書きを読むとき、横にスクロールしていくことに対して違和感がぬぐえません。また、電子書籍は確かに複数の資料の持ち運びには便利ですが、紙の頁を繰る楽しみがありません。仕事に使うための資料に目を通すことは読書とは言いません。純粋な楽しみとしての読書を考える時、自分の本棚に並べてある本を読み返す、電車や旅先で、カバンの中に単行本を一冊入れておく、そういったアナログな楽しみを読書家は捨てられないのではないかと思います。


 

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

やっぱりビジネスメールは独学では限界がありました

今の会社では、海外の提携先とのメールのやりとり(英語)を...

YF
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ