コラム

 公開日: 2014-02-10  最終更新日: 2014-11-20

whoseかof whichか?~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

関係代名詞はあまり使わなくてもOKというお話を前回にしました。
http://mbp-kobe.com/kobebs/column/42347/ 
そうは言っても、どうしても使わなくてはならない時ももちろんあります。その代表的なものが所有を表す“whose” と“of which”です。この使い分けについては、実はネイティブでも議論が分かれる、難しいところですので、考えてみたいと思います。

皆さんご存知の通り、先行詞が人の場合に、所有を表すためには関係代名詞 whoseを使い、無生物には of whichを使うというのが基本ルールです。前回の最後の部分にある無生物の先行詞「家」の例では3通りの考え方がある、としました。さて、どう違うのでしょうか。

「窓がこわれた家が1軒あった」
A) There was a house whose windows were broken.
B) There was a house of which windows were broken.
C) There was a house the windows of which were broken.

Aは日本の英文法書では、好ましくないと考える場合が多いようです。なぜなら、この場合の先行詞"house"は無生物であり、who-whose-whom という格変化に当てはまらないからです。次の例のように関係節の中で主格であればwhoは使えません。

There was a house which (X who) was built 100 years ago.
「そこには100年間に建てられた家が一軒あった」

しかし、Collins English Dictionaryには次のように説明されています。
You use 'whose' at the beginning of a relative clause where you mention something that belongs to or is associated with the person or thing mentioned in the previous cluase.
「whoseは先行詞の人や物が所有する、または関連があるものに言及する関係節の頭に使う」

つまり、関連性があれば thing=モノにwhoseを使ってもいいことになっています。実は、上の3つの回答例で言うと、ネイティブスピーカーが最も自然に感じるのはAなのです。Bはこれまで日本の英文法で正解とされていたものですが、これよりも現在はCを使うことが多いようです。多少口語的でもかまわない場合はA、硬い文章にはCがよく使われます。

次は、高校生向けの英作文問題で見つけた例文です。残念ながら、このようなくだけた口語表現(「勉強したいの」や「僕は・・・見つけた」)に、正解として出されている下の二文はほとんど使いません。英語としてかなり奇妙な響きになります。

1 私たちは窓の大きな部屋で勉強したいの。
2 僕は本屋で題名が興味深い本を見つけた

1 We want to study in a room the window of which is big.
2 At the bookstore, I found a book the title of which was interesting.

最良なのは、関係代名詞を使わずにwithを用いて簡潔にする方法です。すっきりと意味が伝わります。
1 We want to study in a room with a big window.
2 At the bookstore, I found a book with an interesting title.

of whichを正式に使うほうが良いのは、次のような文章でしょう。

「議会はその法案を可決したが、その目的は増税であった。」
Congress passed the statute, the purpose of which was to increase taxes.

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語コミニュケーションが楽しくなった!

難しすぎないかと心配していましたが、グレン先生の笑顔を見...

K.S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ