コラム

 公開日: 2014-02-03  最終更新日: 2014-11-20

関係代名詞は不要?~ビジネス英語のための英文法

日本人が中学・高校と6年かかって英文法を学習する中で、最も印象に残っているものの一つが「関係代名詞」ではないでしょうか。「次の二文を関係代名詞を用いて一文にせよ」という問題を誰しも覚えているはずです。学生さん達に聞いても、「関係代名詞と仮定法がとにかく嫌い」と言う人がかなりいます。

which, who, that, whose, whomなど、一生懸命に覚えた関係代名詞、さらにはwhere, when, why, howなどの関係副詞も加えて「関係詞」ファミリーですが、実はビジネスシーンでは思ったほど使われないのです。特に、会話の中ではあまり出てきません。と言うと、たいていの人は「あんなにたくさん問題を解いて英作文も練習したのに!」とショックを受けてしまいます。もちろん、メールや文書といったライティングには使いますので、ご安心?くださいね。ここでお話しするのは、あくまで会話レベルでのことです。

さて、次のような場面を考えてみましょう。
X 「12月20日に注文した品はもう届いたかな?」
Y 「まだのようです」

これを英語にする場合、あなたならどうしますか?
X: "Has the item that(which) I ordered on the 20th of December arrived yet?"
Y: I don't think so.

このように「20日に注文した品」の部分に関係代名詞を使うのは、文法的には正しいやり方です。しかし、そうすると会話での場合、動詞"arrived"がかなり離れてしまい、結果としてわかりにくくなってしまいます。解決法はこれです。
X: "Has my December 20 order arrived yet?"

こうすれば短くまとまって、関係代名詞を使うよりストレートに質問の意味が伝わりますね。「12月20日の注文品」と名詞にしてしまうのです。

次は関係副詞です。
「シェークスピアが生まれた場所は、訪れる人を250年以上も歓迎してきました。」
文書の場合は、次のように関係副詞"where"を使うやり方もあります。しかし、やはり主語と動詞の部分が離れている印象は否めません。

"The place where Shakespeare was born has been welcoming visitors for over 250 years."

次のように名詞の形にし、「生誕地」とすればすっきりします。
"Shakespeare's Birthplace has been welcoming visitors for over 250 years."

さて、それでもやはり関係代名詞なしでは難しい表現も多数あります。代表的なものが"whose"ですが、その使い方については、特に議論が分かれるところです。皆さんご存知のようにwhoseはwhoの所有格に当たります。したがって、人が先行詞の次のような例でよく使われます。

「お兄さんが弁護士をしている友達がいるわよ。 紹介しましょうか?」
I have a friend whose brother is a lawyer. Would you like me to introduce you?

この場合は問題ないのですが、意見が分かれるのは次のように人間ではないものについて説明する場合です。3通りの文が考えられるからです。

「窓がこわれた家が1軒あった」
A) There was a house whose windows were broken.
B) There was a house of which windows were broken.
C) There was a house the windows of which were broken.

一体、A,B,C のどれが正しいのでしょう。答えは次回に!
http://mbp-kobe.com/kobebs/column/42469/

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

海外留学前の特訓で不安が解消!

アメリカへ語学留学へ行く前に、3ヶ月間週1回の個人レッス...

MS
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ