コラム

 公開日: 2014-01-16  最終更新日: 2014-11-20

英語で"straw rope"て何?~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

タイトルを英語にしましたが、皆様は何を指すのかおわかりでしょうか。"straw rope"「わらでできた綱」実はこれ、「しめなわ」の事なのです。昨日15日に我が家でも玄関のしめなわ飾りを外しました。先日、外国人と「あの飾り物は何?」という話になったのですが、恥ずかしながら私はうまく説明ができませんでした。しめなわ(注連縄、締縄、標縄とも書くそうです)とは、お正月の神様をお迎えするもので、一夜飾りは失礼だから12月31日に飾るのはダメ、外すのは松の内が明けて1月15日、というのが私の知識の限界でした。

そこで、これを調べてみました。すると"Encyclopedia of Shinto"というものを見つけました。その中の"shimenawa"の項から抜粋してみます。

A straw rope hung before or around a site to demarcate sacred or pure space, such as before the inner sanctuary of a shrine, entrance to a shrine precinct, or a ritual site.
Other orthographies for the term include 締縄 and 標縄 combinations which transmit the sense of a rope that "restricts" or "marks" something.
In ancient times shime were used as signs of ownership or exclusive possession, and frequently written with the character 標 indicating a "marker."
http://eos.kokugakuin.ac.jp/modules/xwords/entry.php?entryID=317

ここには、しめ縄は、神聖な場所の入り口に、境界を示すために使われると説明されています。標という漢字を使うのは印という意味なのですね。
また、他のサイトではこういった記述も見られます。

Shimenawa (標縄・注連縄・七五三縄, literally "enclosing rope") are lengths of laid rice straw rope used for ritual purification in the Shinto religion.
Shimenawa are believed to act as a ward against evil spirits and are often set up at a ground-breaking ceremony before construction begins on a new building. They are often found at Shinto shrines, torii gates, and sacred landmarks.

漢字の「注連」とは中国で悪霊を祓うために清めた水でなった縄のことです。七五三の字は、藁の垂らし方から来ています。地鎮祭で使われる場合もやはり、境界を示すことで穢れをさり、それより中に悪霊を入れないためです。正月に家の戸口に飾るのも、家人の無病息災・家内安全を願うためです。
「だいだい」を飾るのは「代々」の意で、子孫繁栄の願いがこめられているからですが、これは近年になってからのことです。外す時期は地方によって異なり、七草粥を食べる7日に外す場合と、小正月の15日に外す場合とあるようです。



ところで、インターネットであちこち探すうちにこんな興味深いサイトを見つけました。「注連縄職人」というこのサイトでは、職人さんたちが「注連縄は決してモノではない」という熱い思いで受注製作・販売されています。興味のある方はこちらからどうぞ。
http://www.shimenawa.jp/index.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ