コラム

 公開日: 2013-11-05  最終更新日: 2014-08-01

「アジアの超優秀企業トップ50」続編

9月に「アジアの超優秀企業トップ50」というコラムを掲載しました。http://mbpkobe.com/kobebs/column/39280/
この中で、フォーブス誌が毎年発表するこのランキングに日本企業は2011年以来ただの一社もこのリストにランクインしたことがない、というショッキングな事実をご紹介しました。そのせいかこのコラムは人気になっているようですが、「その理由についての私の分析をまたご紹介します」と書いてそのままになっていました。今日はその分析を遅ればせながらお届けします。

その答えは、フォーブスが優秀企業50社を選ぶ基準にあるのかもしれません。原文に載っているものを要約すると次のようになります。

「収益と資本還元率・株価の動きの記録をたどり、将来の展望も評価に入れ、借入金のうち政府からのものが50%を超える場合は除外する。」

では日本を代表する企業の一つであるトヨタを例にとって、なぜトップ50入りしていないのかを考えてみましょう。ここで問題になるのは、上記の基準の冒頭の部分です。トヨタは円高の影響もあり、過去5年間の実績はかなり不安定なものでした。2009年には記録的赤字を出し、2011年から2012年には収益が一時的に減りました。ここだけを見ると、安定して収益を伸ばし続ける企業であるとは言い難いことになります。この不安定な動きは投資家や株主への配当にも影響し、株価は2011年以来上昇を続けているものの、配当金はあまり増えていません。したがってトヨタはリストから除外されることになるのでしょう。

次に、楽天やソフトバンクと言ったIT系企業を見てみましょう。彼らがリスト入りしていないことは非常に不思議に思えますが、これは基準の中の「将来の展望」という点のためと思われます。ここで判断されるのはその会社が発展していく可能性です。日本国内の市場が成熟している今、少子化の影響もあって国内ではその可能性はおおむね低いと言わざるを得ません。国際市場ではもっと可能性があるように見えますが、楽天やソフトバンクに代表される新興企業にしても、アジア市場での影響力は未知数です。IT企業はそれぞれ自国内で既に強力な基盤を築き上げています。シンガポールや香港、中国のように人口の増加とともに市場も成長し続ける東南アジアの国々で、日本企業が競争に打ち勝つことは非常に困難でしょう。

最後に「政府からの借入金」の部分を考えてみます。日本の大企業の大多数は政府機関から多額の融資を受けています。長年にわたる日本経済の停滞と円高の影響により経営が困難に陥っていたパナソニック・シャープ・ソニーといった大企業も例外ではありません。トヨタの例では、2009年に42億USドルの損失を出した結果、金融子会社が国際協力銀行に30億ドルの緊急外貨貸付を要請しました。この株式会社国際協力銀行は、日本政府100%出資の特殊銀行ですから「政府からの借り入れ」と見なされます。ソニー・東芝も同行から多額の融資を受けています。従って、これらの会社もリスト入りできなくなるのです。

要約すると、財政が不安定、将来の展望が見えない、多額の債務、この三点の理由により日本企業はフォーブスの"Asia's Fabulous 50"に選ばれなかったようです。たかが雑誌の勝手なランキングだから気にする事はないとお考えですか?近年、アジア圏においてビジネスの相手を探している企業は増えつつあります。こういったランキングに名前を連ねる会社が、世界中の投資家に注目されることを考えると、そう楽観視はできないかもしれません。


この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語がより身近な存在に!

これまで仕事の中でたまに英語の資料やメール、会議に遭遇す...

Y・Y
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ