コラム

 公開日: 2013-10-28  最終更新日: 2014-08-27

初回にすること~神戸ビジネススクールのビジネス英語レッスンご紹介

神戸ビジネススクールでは、受講生の方の様々なニーズにお応えするために、事前に綿密なカウンセリングを行っております。そして初回レッスンでは、簡単なテストを受けていただいて現時点での英語力を見せていただくこともあります。テストと言っても、筆記試験や英語面接のような堅苦しいものではありません。今日は、私達が第一回のレッスンでどういったことをするのかについてご説明します。

先日、海外に進出を計画しておられる日本企業の営業管理職の方の初回レッスンがありました。その会社では、国内市場が飽和状態のため売り上げが頭打ちになり、これ以上の増収が見込めないため、商品を6ヶ月以内に海外市場に売り出す決定をしました。彼はそのために、英語がどうしても必要になったのでした。

講座開始の1週間前に行ったカウンセリングでは、彼の英語力は5段階で言うと3に届くかどうか、ぐらいの感じでした。初回のレッスンの私の目的は、彼がビジネスにおけるコミュニケーションにおいて必要としているものは何かを探ることでした。これから始まるコースでどういったことをするのかを説明しながら、私は彼のニーズを分析しようと考えていました。そこで、テストされているような堅苦しい感じではなく、打ち解けた雰囲気で、次のことを話してくれと頼みました。

 ● 会社でのこれまでの経験
 ● 現在の役職と業務内容
 ● 今後6ヶ月での自分の立場の変化
 ● 英語を現在どのくらい仕事で使っているか、それは今後どう変わるか
 ● 何のために英語が必要になるのか

こういったことを話してもらううちに、その人の英語能力のかなりの部分についてこちらは知ることができます。現在・過去・未来の3種類の時制の使い分けを含めた文法力や語彙力、文章の構成力がわかります。また、発音の正確さやイントネーション、抑揚のつけ方、と言ったスピーキング力がわかります。加えて英語で話す時に緊張するタイプかどうか、自信の度合い、アイコンタクト、身振り手振りなども見ます。

そして彼の場合は、今後英語をどういったシーンで誰を相手に使うのか、パーセントで説明してくれるように言いました。例えば、シーン別では、対面の少人数会議10%、電話10%、メール10%、大きな会議5%、電話会議30%、出張5%。相手別では、英語のネイティブスピーカー相手の場合が20%、それ以外の外国人(彼の場合は東南アジア)が50%、日本人も含め多国籍相手が残りの30%といった具合です。

大体10分から15分くらいでこれは終了します。私はいくつかの質問をはさむだけでなるべくさえぎらないようにし、受講生の方に自由に話してもらいます。テストのように聞こえる質問をすると、受講生の方が「これは英語力のテストなのだ」と思い、萎縮してしまって正しい英語を話さなくてはというプレッシャーを感じてしまいます。そもそも正確に話す事は、コミュニケーションにおいては重要事項ではありません。プロの通訳を養成するのが目的ではなく、仕事が効率よく進むための「使える英語」を習得するための講座ですから、ここで英語力をテストする意味はないのです。

終了する頃には、どんなビジネス英語を彼が必要としているのか、何に重点を置いてレッスンを設定すればいいのかを二人ともつかんでいました。彼自身の分析によれば、メールと会議で使う英語を教わりたいとのことで、私も同意見でした。このようにリラックスした雰囲気で話してもらうことにより、私はより多くの情報を得る事ができます。結果として、受講生の方のビジネスにおける個々のニーズを性格に分析する事ができ、コース設定の方向が定まります。そして、初回のレッスンをすぐにスタートすることが可能になるのです。

神戸ビジネススクールのプライベートレッスンは、個々の多様なニーズをこのように詳しく分析するので、最短距離で本当に必要な英語を身につけていただくことができます。無料体験レッスンを随時実施しておりますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。
https://mbp-kobe.com/kobebs/inquiry/personal/
HPはこちらからどうぞ https://www.kobebs.com

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最高のスクールに出会えました!

最高に質が高いレッスンです。完全に私のためだけに作られた...

KY
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ