コラム

 公開日: 2013-10-24  最終更新日: 2014-11-20

間違った種類のイノベーション続き~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

前回に続き、ハーバード・ビジネス・スクール のクレイトン・クリステンセン教授の”The wrong type of innovation”「間違った種類のイノベーション」からお届けします。原文はこちら(http://www.inc.com/christine-lagorio/clayton-christensen-capitalist-dilemma.html



前回では、クリステンセン氏によるイノベーションの3種類の分類を見ました。
1.Empowering innovation 経済を活性化するイノベーション
2.Sustaining innovation 存続するためのイノベーション
3.Efficiency innovation  効率を上げるイノベーション

アメリカ経済におけるこうしたイノベーションの役割を見るとき、3番目の効率重視のイノベーションは、1番目の市場を活性化するイノベーションよりもはるかに人気があります。手っ取り早く利益を上げ、株主を満足させなくてはならない時、結果がでるのに5年以上かかるイノベーションに投資していたのでは間に合わないのです。その結果、効率重視のイノベーションにほとんどの資金が流れて行きます。

そこで得た利益は、再び効率を上げるために使われるというサイクルが生じます。しかしこの流れでは、研究開発といった種類への長期的な投資は大幅に減らされてしまいます。その結果、全体としての経済の流れを鈍くし、新たな雇用を減らすことになります。アメリカが直面するジレンマがそれです。目先の利益を追うばかりで、本当に意味のあることをしなくなっているのです。この20年間を振り返るとき、世界中のempowering innovationのうち、3分の1はアメリカが行ってきました。経済を活気づけるこのイノベーションをしなくなったことの、未来への代償はどんなものでしょうか。

彼の最後の一言は、日本人にとってショックです。
"If you want to know what the future of America looks like, just look at Japan. You can feel the same thing happen in the United States, and I worry a lot about that."
アメリカの未来が知りたければ、日本を見てください。アメリカにも同じことが起きると感じるでしょう、私はそれを非常に危惧しているのです。

ここでクリステンセン氏が指すのは、日本経済の停滞に他なりません。80年代まで家電製品や自動車といった分野で、他国の追随を許さないほど日本はトップを走っていました。ところが、急激なグローバル化・デジタル化の変化に追いつくための破壊的イノベーションが進みませんでした。そして3番目の「効率化」を追い求めるイノベーションを推進し、コスト削減によって収益を確保しようとしたのです。

阿倍首相がすすめるアベノミクスにより、景気回復を目指す日本。第一、第二の矢を放って以来、長年にわたって暗雲がたれこめたような日本経済に光が差しつつある感があります。そして日本経済にとって最も重要とも言われる三番目の矢である「民間投資を喚起する成長戦略」が6月に放たれました。これは、グローバル競争に勝ち抜ける製造業の復活を目指し、民間企業の設備投資、研究開発、事業再編を応援することにより、企業が活動しやすい環境を作ろうとするものです。
言い換えればこれは、クリステンセン氏の言う”Empowering Innovation”に他なりません。

9月末の訪米中に、”Buy my Abenomics!”と日本への投資を促し、「日本を米国のようにベンチャー精神あふれる起業大国にする」と発言した阿倍首相。果たして、正しい種類のイノベーションを進めることができるでしょうか。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

神戸で個人レッスンが受けられたおかげでTOEICのSWテストをクリアできました

TOEIC SWテストで就労ビザに必要な点数が取れるようにしたい...

AI
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ