コラム

 公開日: 2013-09-09  最終更新日: 2014-11-20

東京オリンピック開催決定 喜びの声~神戸ビジネススクール人気コラムシリーズ

皆さんご存知の通り、2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。昨日は早朝からそのニュースで持ちきりでしたね。決定の際の関係者の声を拾ってみました。



9月8日付けのThe Japan Timesより
IOCのロゲ会長“We are confident our Japanese friends will be able to provide excellent Games. They are the safe pair of hands they describe. They will provide secure Games, well organized with the welfare of the athletes in mind. I’m quite sure Tokyo 2020 will put the athletes at the center of the Games.”
「日本の友達はすばらしいオリンピックにしてくれると思います。説明の通り、日本は安全です。選手たちのことを考え、選手達を中心にしたオリンピックを開催してくれると私は確信しています」

安倍晋三首相
“We will respond to the expectations and support by holding a successful Olympics. I think we conveyed the message that we can hold a safe Olympics.”
「オリンピックを成功させることで、ご期待とご支援にこたえます。安全なオリンピックを開催する事ができるのだというメッセージを伝えられたと思っています」

“We want you (IOC members) to not focus on the headlines from newspapers but the facts,” Abe said as he addressed a question on the Fukushima crisis following his speech. “It is well within the quality of drinkable water posed in the WHO (World Health Organization) guidelines.”
「(福島の危機についての質問に答えて)新聞の見出しではなく、事実を見てください。WHOの指標にある飲み水の品質の基準に十分に達しています。」

9月8日付けCNNでは、前回の東京オリンピック(1964年)に言及して
"I was only 10 years old but a lot of kids like me were fascinated. Like many children I dreamed of winning a medal. It was a celebration giving hopes and dreams," he said. "The joy (of winning the 2020 vote) was even greater than when I won my own election." 
「当時私は10才でしたが、大勢の子供たちが魅了されました。私もやはりメダルをとる事を夢見たものです。夢と希望を与えてくれるお祭りでした。今回の決定を受けての喜びは、自分の選挙に勝ったときに勝るものです。」

"I would like to share this joy with the people back home. We've received so much support from the people of the IOC and I would also like to express my support to them. And to the people around the world.
「帰国して国民とともにこの喜びを分かち合いたいと思います。IOCからは多大なご支援をいただきましたが、こちらからもIOCの方たち、そして世界中の人々のお力になりたいと思います。」

猪瀬直樹 東京都知事
“I thought that Tokyo could win. But you face the reality of having to make sure you can come across the finish in first. It’s exhilarating, just like being an Olympic athlete. We could win because of our teamwork, the prime minister, the athletes, and everyone coming together.”
「東京が勝つと思っていましたが、一位で終わることを確実にしなくてはならないというのが現実です。オリンピック選手のように、気分爽快です。首相と選手とみんなが一体になったチームワークの勝利でした」

竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長
“I have waited so many years to experience this joy. It is an honor to be picked as the host city. There were worries over the contaminated water but the prime minister delivered a convincing explanation. I am delighted that we have responded to the hopes of a nation with this result.”
「この喜びの時を長年待ち続けておりました。開催都市に選ばれたことは名誉です。水質汚染に関する懸念がありましたが、首相がはっきりとした説明をしました。この結果をもって、国民の期待に応えることができ、うれしく思います。」

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語コミニュケーションが楽しくなった!

難しすぎないかと心配していましたが、グレン先生の笑顔を見...

K.S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ