コラム

 公開日: 2013-08-12  最終更新日: 2013-09-09

TOEFL時代、到来?(2)

前回に引き続き、Newsweek日本版7月23日号の特集記事からTOEFLの導入について考えていきたいと思います。前回は、日本人の英語力についてでした。今回は、TOEFLテストへの取り組みを取り上げます。

特集記事2「TOEFL時代を乗り切る英語術」
-難しい問題集を買うよりも、「楽にできる」ことを増やすほうが効率的だ。(中略)学校も個人の学習者も「知っている」知識を「使える」知識に格上げする努力をほとんどしていない。
-難しめの教材を必死で訳読する方法も効率が悪い。(中略)読む教材のレベルを下げて、(略)背景知識のあるジャンルの読み物を選ぶことも、学習効果を高めるコツだ。

「楽にできる」ことを増やす、これは特にスピーキングとライティングにおいて効果的です。今の中学と高校の英語の教科書は実によくできています。そこで普通に勉強してきた人であれば、文法事項も語彙も基本は頭に入っています。ですから、最低限の英会話ぐらいはこなせて、簡単なメールくらいは書けてもいいはずです。それなのに難関を突破したはずの国立大学の大学生ですら英語で苦戦するのはなぜでしょう。これは、インプットした知識を「使える」ように訓練をしていないからです。

泳げない人に、4種目泳法の歴史、科学的理論、運動学的習得法などを教えこんだところで、水に入って練習しなければ息継ぎさえできません。「体で覚える」ことは英語学習にも必要なのです。外国語で話すとき、私達は脳内にインプットされている知識を呼び出して、発話の意味を理解し、文章を組み立てて話すという高度なプロセスを無意識に行っています。それをスムーズに素早く行うためには、あいさつから日常会話へ、そしてメール・電話・プレゼンテーション・論文などと順を追って進んでいかなくてはいけません。水泳に例えれば、バタ足から息つぎへ、さらに他の泳法へと言うように簡単なことから繰り返し練習し、長年かかって高度な技術をマスターしていくのと同じです。

辞書を片手に、難解な長文読解を単語の意味を調べながら和訳していき、同時に文章を分解して「このwhichは非制限用法の関係代名詞であって、前文すべてを修飾しており」という英語学習を否定はしません。難易度の高い文章を読解するには、必要だからです。しかし話す練習に不向きなことは明らかです。私が問題だと思うのは、英語の用途別、つまりどういった場面でどんな英語を使うのか、という個人のニーズがあまり考えられていないということです。

海水浴に行って溺れない程度に泳げればいい、という人と、オリンピックの代表選手を目指して特訓を重ねる水泳部員とでは、水泳に対するアプローチが全く違うでしょう。語学も同じではないでしょうか。海外旅行に行って少し会話ができればいい、という人と、国際医学学会で論文を発表しなくてはならない人、東南アジアの支店へ派遣されて現地の人のブロークンな英語と渡り合っていかなくてはいけない人、ではそれぞれ英語学習に対するアプローチが違うべきです。

TOEICのスコアがまるでグローバルを目指す社会人の偏差値のように大合唱されている中、学生にとってTOEFLのスコアという新たな偏差値が出現しつつあります。両方とも上手に利用すれば英語学習に役立つことは間違いありません。しかし私の脳裏には、「次はTOEFL!」と血眼になってスコアを上げる勉強法を探し回る図がどうしても浮かんでしまいます。自分は何のために、どんな英語を学びたいのかをもう一度考えてみることも必要ではないでしょうか。


この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

プレゼンテーション・スキルを外国人上司に認められました!

先日、外国人上司に短いプレゼンテーションをする機会があり...

AM
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ