コラム

 公開日: 2013-08-08  最終更新日: 2013-09-01

TOEFL時代、到来?(1)

「TOEFL時代を制する英語術」副題は「世界一英語が苦手な日本人へ」7月23日付けNewsweek日本版の大特集がこのタイトルです。ちょうど先週「TOEFLを導入するよりも」というコラムを書いた所だったので、タイミングに驚きました。https://mbp-kobe.com/ctrl_panel/column/edit/461/38400/
やはり時代はTOEFLに向かっているのでしょうか。

なかな読み応えがある特集になっていますので、まずはNewsweekの内容を拾ってみます。

特集記事1「なぜ日本人は今も英語が苦手なのか」
-日本人のTOEFL4技能合計の平均は120点満点の70点。84点の韓国、80点の北朝鮮、77点の中国にも及ばない。
-1つ目の言い訳は「日本語と英語は語彙も文法も違いすぎるから仕方ない」というもの。(中略)もう1つの言い訳は「いくら勉強したって実際に使う機会がないせいで上達しない」という思い込みだ。だがそれなら、(中略)韓国がTOEFLで84点を取っているのはなぜか。

ちなみに、ここで言うTOEFLのスコアとはiBT(インターネット版)のことで、ペーパーテストのPBTとは異なっています。一般的に大学などで現在入学後の英語クラス編成の基準などに使用されているものは、簡易版とも言えるITBで、これは過去のPBTを再利用して団体受験に使用するものです。従って、スコアは公式ではなく、あくまで受験団体が独自に参考程度に使うためのものです。677点が満点、スピーキングやライティングのテストは含まれません。その違いについての詳細は以前のコラムでご紹介しましたので、そちらも合わせてお読みください。http://mbp-kobe.com/kobebs/column/35535/

PBTテスト受験は次第にインターネットが使用できない地域に限られつつあり、英語圏での留学や就労を考える人は、今後iBTを受験しなくてはなりません。

さて、ここでアジアの中でも日本は北朝鮮にさえ大差のように書かれていますが、あの国でそもそもTOEFLを受験する人はデータ化できるほどいるのでしょうか。この数字については疑問が残ります。
中国について言えば、全国民に対する高等教育の普及率を見ると日本とは比較にならないぐらい低いのです。その中でTOEFLを受験する層と言うのは欧米に留学するための訓練を受けたトップのエリート集団です。ですから、受験料を払えば誰でも受けられる日本と比べて、平均スコアが高くなるのは当然のことです。

問題となるのは、隣国の韓国との比較でしょう。韓国の近年の国家を挙げての英語力強化方針には凄まじい物があります。15年ほど前までは、韓国の英語教育は大学入試のための暗記中心のもので、かつての日本の英語教育とそっくりでした。それが小学校に本格的に導入してから、コミュニケーション中心の英語教育へとシフトしていきました。当初は教育現場で大変な混乱が起きたようですが、民間教育機関が助っ人となったこともあり、ネイティブ教師との「生きた英語」を勉強するプログラムを推進していきました。その結果、中高生のTOEICやTOEFLのスコアが劇的に伸びたのです。

韓国語と日本語は文法体系が似ていますから、ヨーロッパ言語と日本語は根本的に違うと言うなら韓国語も同じです。韓国のこうした英語教育の変遷を見れば「言語の体系的違いによるものであるから、日本人は英語を習得できない」という言い訳は苦しいでしょう。また、逆に日本語を流暢に操る欧米人はほとんど存在しないことになります。

「英語を使えるようにならない言い訳を唱え続けている間は使える英語など身に付かない」と、この記事は厳しい調子で締めくくっています。「日本は(英語もできる)新興国の台頭や自由貿易の拡大で、これまで以上に熾烈な競争に直面している。今こそ自己満足ではない英語学習に取り組む覚悟を決めるべきだ」と記者は続けます。確かに英語力がグローバルビジネスの場で日本人にとってネックになっている一面はあるでしょう。しかし、「自己満足ではない英語学習」とは一体どんなものでしょうか。次回では、次の特集記事からその方法を探ってみたいと思います。


この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語がより身近な存在に!

これまで仕事の中でたまに英語の資料やメール、会議に遭遇す...

Y・Y
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ