コラム

 公開日: 2013-07-25  最終更新日: 2013-08-12

TOEFLを導入するよりも

3月に、自民党が大学入試にTOEFLを平成30年度頃から導入することを検討しているというコラムを書きました。http://mbp-kobe.com/kobebs/column/35520/

ニューズウィーク日本版7月9日号のTokyo Eyeというコラムに、イギリス人のStephen Walsh氏が次のように書いています。興味深いので、以下抜粋します。

「英語が苦手な日本人にTOEFL導入は逆効果だ」2013年07月15日
http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2013/07/toefl.php

「TOEFLを導入しても丸暗記と文法偏重の英語学習法に拍車が掛かるだけではないかと、日本で英語教育に携わっている人々は懸念している。教師の仕事が増えるだけで、生徒の勉強の仕方もTOEFLのスコアも変わらない。スコアアップを目指すなら、勉強や日本の学校での試験のやり方を変える必要がある。

(中略)TOEFLのスコアはいくらかよくなるかもしれないが、コミュニケーション能力は大して代わり映えしない。そんな当てにならないスコアを基準に、公的機関や企業は英会話の能力を必要とするポストの人選をする羽目になる。

 TOEFLのスコアに惑わされず、本当に使えるコミュニケーション能力の持ち主を見抜くにはどうするか。まずフェイスブックで外国人の友人が何人いるか、海外旅行に頻繁に行くかをチェックする。机の上に外国人の友人と飲みに行ったときの写真が何枚あるかも参考になる。

 実際に英語でのやりとりを理解できるかどうかを見極めるには、外国映画に連れていくといい。外国人の観客と同じところで笑えば合格だ!」

彼のユーモアのセンスは買いますが、最後の外国映画で合格というのはちょっと疑問に思います。コミュニケーションというのは双方向で行うものです。映画の英語がわかって笑うタイミングが外国人と同じだったとしても、リスニングに長けているだけでコミュニケーションの達人とは言えないでしょう。

学校での英語教育のやり方を少し変えれば、日本人は試験が得意ですから、TOEICでもTOEFLでも器用に得点を上げていくと思います。かと言って、ウォルシュ氏が言うように、国際社会での英語を使ったコミュニケーション能力も同時に上がるわけではありません。TOEFLやTOEICのスコアでは測ることのできないコミュニケーション能力はどうやって見抜けばいいのでしょうか。

そもそも母国語(日本語)で話下手な人が、英語になった途端に饒舌になることはあり得ないと私はいつも思うのです。日本人は伝統的に「沈黙は金」とし、あうんの呼吸でKY(空気を読むこと)を大事にしてきました。それは島国に住む単一民族であるという地理的条件によって長年の間に確立された結果でしょう。見知らぬ人(よそ者)と積極的に会話することは、私達日本人のDNAには組み込まれていないと考えます。

外国人を含む異業種交流パーティなどに参加すると、大抵の日本人は日本人同士で固まっています。女性の方が比較的冒険心があるようですが、それでも見知らぬ外国人の所へグラス片手に出向いていって自己紹介をする、という光景はあまり目にしません。英語がかなり出来る人でも、同僚と一緒だったりすると尚更に遠慮したりするせいか、なかなか積極的に会話を始める側には回りにくいようです。

そこで、映画に連れて行くより、パーティを開いてはどうでしょう?外国人を全体の2割ほど混ぜておき、スムーズに会話が進められるかどうかを審査の基準にするのです。社交ダンスの競技会のように、候補者は番号をつけ、人事部の採点者が会場内を回って様子を見て合否を決める。本来は、英語での正式な面接が一番だと思いますが、一人ずつに時間を割くのは大変ですし、英語を母国語とする採用担当者を調達するのも大変でしょう。初対面の人と自然な流れでの会話を進めていけるかどうか、これこそがコミュニケーション能力の基本だと思うのですが、いかがでしょう?

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ