コラム

 公開日: 2013-08-27  最終更新日: 2017-11-14

Reference 「推薦状」その2

前回は、reference「推薦状」の日本と外国での違いについてご説明しました。今回は、推薦状と、他に推薦状と共によく使われる2種類の書類の書き方をご説明します。なお、Academic References(大学・大学院進学に必要な推薦状)についてはここでは割愛し、就職・転職に必要なもの(Employment References)のみ取り上げます。

1.Employment Referenceと Personal/Character Reference
2.Letter of Employment
3.Personal Referee

<Employment Reference>
就職の際に提出するもので、ある人物の仕事ぶりについての客観的な情報を伝えることが主な目的となります。従って、通常は現在のあるいは以前の上司や同僚が書きます。新卒の場合は、最終学歴となる教育機関に依頼をします。決まった書式はありませんが、次のような順序に従ってA4一枚に収まるように書くのがよいでしょう。

1 宛先の名前と住所
2 作成年月日
3 敬称 'To whom it may concern', or 'Dear Sir or Madam', or 'Dear <title> <surname>'
4 被推薦者の氏名
5 推薦者の氏名と、被推薦者との関係
6 職務上の肩書き、所属部署(日付入り)
7 被推薦者の業績、業務態度について
8 被推薦者の職務内容
9 被推薦者の資格、スキル、長所、性格
10 機会があればその人物を再雇用したいということ
11 必要とあればOffer to provide more information if required
12 結句'Yours faithfully' or 'Yours sincerely'

<Character / Personal Reference>
人物紹介状とも訳せますが、これはその人物の性格や能力を知っている(通常5年以上)人が書きます。職場での人物像より人となりに重点を置くものなので、隣人や仕事上の友人、家族の友人、コミュニティの牧師(神父)や医師、恩師や取引先など様々な人が書くことができます。friendly, kind, enthusiastic, honest, reliable などの言葉を使ったより主観的なものでかまいません。新卒で職務経験がない若い人に向いています。

<Personal Referee>
身元照会先という意味で、電話などで連絡を取る事ができる人物が、氏名と連絡先を記します。私も元の部下のために何度もしたことがあります。メールや電話でアメリカ、カナダ、オーストラリアなどの人事部から連絡を受けました。国際電話の際の時差や、迷惑メールに間違って入る危険を考えて、必ず照会先になってくれる人物には事前に許可を取っておきましょう。

<Letter of Employment>
これは前職での雇い主が用意する正式な書類で、その人物の雇用状況を保証するものです。雇用期間や役職、就労ビザ、給与、住宅ローンなどを社名入りの用紙に記載します。

海外での転職や就職を考える際に、こういった書類についての知識があると何かと便利です。最近では、就労ビザの取得条件が厳しくなっていますから、これらを要求される事も増えています。もしreferenceのことでお困りでしたら、神戸ビジネススクールまでお問い合わせください。
神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact/

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県中央区磯辺通1丁目1-20 KOWAビル111号 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

やっぱりビジネスメールは独学では限界がありました

今の会社では、海外の提携先とのメールのやりとり(英語)を...

YF
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
⛄ウィンターキャンペーン開始!特別講師による英語プレゼン対策が無料体験できます⛄
イメージ

 すごい先生がやってくる!新設・英語プレゼン対策のウィンターキャンペーン開始~週末限定 新年に向けて、英...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

☆感謝祭キャンペーン、終了間近!☆
イメージ

日本の勤労感謝の日が終わり、アメリカのThanksgivin Day も終わり、いよいよ11月も残すところあと3日となり...

[ 神戸ビジネススクールよりお知らせ ]

これで英語面接を切り抜ける!~転職者のためのガイド
イメージ

転職は今やどこでも当たり前ですが、特に外資系企業ではごく一般的です。更なるキャリアアップを目指して、ある...

[ ビジネス英語スキル ]

英語での箇条書きのルールを知っていますか?~ビジネス英語スキル
イメージ

ビジネスシーンでの英語を書くとき、メールでもパワーポイントでもスライドでも、あるいはHP上でも、どんな時も...

[ ビジネス英語スキル ]

インバウンド対策には、質の高い翻訳が絶対に必要!
イメージ

私が師匠と仰ぎたいくらい尊敬しているデービッド・アトキンソン氏の最新作から、今日はインバウンド対策におけ...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ