コラム

 公開日: 2013-07-03  最終更新日: 2013-07-14

ユニクロが売れると日本経済は良くなる?

7月2日付けの東京発ロイター通信に、次のような記事があります。

英文http://uk.reuters.com/article/2013/07/02/fastretailing-sales-idUKT9N0EO00220130702
Fast Retailing's Uniqlo June sales beat forecasts
Japanese clothing brand Uniqlo, owned by Fast Retailing Co Ltd, beat analyst expectations on Tuesday and posted a 20.5 percent year-on-year rise in domestic same-store sales in June as warm weather and a stronger economy encouraged shoppers.

日本文 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0F81AX20130702
ファーストリテイリング は2日、6月の国内ユニクロ事業の既存店売上高が前年比20.5%増になったと発表した。天候に恵まれたことで夏物が好調に推移。2カ月連続のプラスで、今年3月の23.1%以来の高い伸びとなった。

更に英語版では次のような文章が続きます。

Uniqlo is seen as a bellwether of consumer appetite in Japan and the jump in June sales was the second-largest this year, after March's leap of 23.1 percent.

ここで使われている"bellwether"とは、「首に鈴をつけた群れの先頭の雄羊」が原意ですが、転じて動向を表す人やもの、つまり指標"index"の意味です。4月30日付のブルームバーグには「今や国民的カジュアルウエアの代名詞になったユニクロは、日本株市場でも代表的指数の1つ、日経平均株価 のリード役として存在感を増している。」と書いてあります。

冬物ヒートテックの次は、高温多湿の東南アジア向けエアリズム。どちらも機能性肌着ですが、エアリズムは東レと共同開発した今年の夏のユニクロ主力商品です。「戦略的パートナーシップ」を結び、「世界に類例のない新しいビジネスモデル」として「4,000億円規模の取り組み」をしていくというユニクロと東レの5カ年計画は、日本経済の牽引力となれるでしょうか。次にあるように、天候次第かもしれません。

"Any way you slice it, weather determines 50 percent of Uniqlo sales. An extra Sunday in June would have boosted sales units because of its weekend discounts," said consumer analyst Dairo Murata at JPMorgan in Tokyo, who had expected a 12 to 16 percent increase in June sales.
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MLR4MS0UQVI901.html

しかし日本の夏が今後涼しくなることはあまりなさそうですから、エアリズムは大いに売れる気がします。かく言う私も、すでに色違いで4枚も買ってしまいました。サラサラで気持ちよく、すぐに乾くので重宝しています。まだ本格的な暑さは始まっていませんから、この先まだ何枚か買うかもしれません。こうして私も、日本経済回復に一役買うのかも?

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

グレン先生は知りたいことに必ず答えてくれます

アメリカに留学する際に、グレン先生との個人レッスンを始め...

SY
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ