コラム

 公開日: 2013-06-19  最終更新日: 2014-11-20

コミュニケーション・スキルを磨く~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

現在の私の受講生の中に、いわゆる「英語ペラペラ」のビジネスマンが二人おられます。確かにかなり流暢な英語を話しますし、英文を読むのも聞き取るのも何の問題もなく、TOEICスコアも高いのです。二人ともグローバル企業に勤務し、上司は英語を母語とする外国人です。上司が日本語を話せないので、日常業務ではずっと英語です。また、定期的に海外に出張し、アジアの他国の人たちと英語で仕事をこなしています。

ですから、初対面のとき私は「なぜこの人たちがビジネス英語のレッスンを受ける必要があるのだろう」と疑問に思いました。ほとんどの場合、こういう方たちは「もっと自分の英語のレベルを上げなくてはいけない」と答えます。一体それはどういう意味なのでしょうか。

「上達したい」何のために?彼らの英語レベルは、外資系企業に勤務するにも、外国で生活するにも働くにも十分です。 英語のテストに合格する必要もありません。ですから、そうではないようです。
「英語をブラッシュアップしたい」“Merriam-Webster English dictionary によると"brush up"とは、“to refresh one's memory : renew one's skill”「新しく記憶する、スキルを新しく学ぶ」ことだとあります。日常業務で英語を使っている彼らには、これも理由になりません。新しく何かを覚える必要はないからです。

実は、コミュニケーションスキルを改善する、というのが彼らの動機なのです。コミュニケーションにはスキル(技術)が必要です。それは訓練や練習によってしか、上達しません。読み書き、聞いて話す、という基本的な英語能力とはまた別問題になります。職場においては常にこの技術を磨き、異なった部署や業務につくことになれば、異なったコミュニケーションの方法を学び続けなければなりません。

どの言語においても、コミュニケーションを取るのが上手な人とそうでない人がいます。その違いは何でしょうか。
“Effective spoken communication requires being able to express your ideas and views clearly, confidently and concisely in speech, tailoring your content and style to the audience and promoting free-flowing communication.”
(definition from the University of Kent (UK) Careers and Employability Service)
「会話能力に長けている人は、自分の考えや見方を明確かつ簡潔に自信を持って話す事ができる。なおかつ聞き手に対して内容を自由に操り、流れるようなコミュニケーションを取ることができる」

「流れるようなコミュニケーション」を図るには一方的に自分が話すばかりではいけません。相手に応じて、また話の内容に応じて、話す速度や使用する語彙レベル、声のトーンまで変えなくてはなりません。
神戸ビジネススクールでは、単なる英会話にとどまらない、コミュニケーション・スキルを磨くレッスンをご提供します。http://www.kobebs.com/courses.html 
内容に興味がおありの方はこちらからどうぞお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

神戸で個人レッスンが受けられたおかげでTOEICのSWテストをクリアできました

TOEIC SWテストで就労ビザに必要な点数が取れるようにしたい...

AI
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ