コラム

 公開日: 2013-05-31  最終更新日: 2014-11-20

村上春樹Colorless Tsukuru~神戸ビジネススクールの人気コラムシリーズ

世界的に人気の村上春樹氏の新刊はもう読まれましたか。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」"Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage”は、発売後1週間で何と100万部を突破。韓国でも話題で、版権を落札した民音社は7月上旬に出版を予定しているそうですが、契約金は過去最高額(1億5000万円以上か?)を記録したとの声もあります。

ニューズウィーク日本版5月21日号は「日本人が知らない村上春樹」という大特集、表紙は彼の似顔絵(版画風)とまさに誰かが書いていたように「まるでi Phoneが新発売になった時のような大騒ぎ」です。実は私はまだ読んでいません。「1Q84]を読んだ時はすっかりはまってしまったのですが、あまりに前評判が高いものには「ホントにそんなにすごいの?」と懐疑的になる癖が私にはあります。そこで、購入する前に下調べとしてあちこちの書評を拾ってみました。

ファンには(ハルキストというらしい)「村上作品としては異色」「彼も還暦を過ぎたからか」など、新鮮な驚きを持って迎えられたようです。「ノルウェイの森」の続編と言う人もいます。同時に何人もの主要な登場人物が出てくるのは彼の作品には珍しいことで、そこを評価する人もいます。
面白いのはアマゾンの書評で、星5つ(最高評価をつけた人)と1つの人がそれぞれに持論を展開している様子は読んでいて飽きません。何と500件近いレビュー(5月29日現在)があるのです!「腹立たしい」「本を投げ捨てた」「カッコつけすぎ」「中途半端」「嫌悪感」など、辛口の批評の方が読んでいてずっと面白く、ここまでけなされるなら逆にやっぱり読んでみようか・・・と天邪鬼の私は思っています。

まず、この長いタイトルはどういう意味なんだろう?と興味を惹かれました。
高校時代の仲良し五人組(“乱れなく調和する共同体みたいなもの”)の中で主人公の多崎つくる以外は、苗字に赤、青、白、黒、という漢字が含まれています。“多崎だけが色とは無縁だ。そのことでつくるは最初から微妙な疎外感を感じることになった”。それが題名「色彩を持たない」"Colorless"の意味です。漢字のことだとは思いませんでした!
その後、この四人はつくるを疎外し、絶縁します。20歳の時から16年間その事実を忘れようとしてきたつくるが36歳になって、自分が切り捨てられた理由を探す旅に出ます。それが「巡礼の年」の意味のようです。

アメリカ、韓国、フランス、ノルウェイなど世界数十カ国で作品が翻訳されている村上春樹氏。京都での公開インタビュー(5月6日)で「僕のことはイリオモテヤマネコみたいに絶滅危惧種と思ってもらっていい。そばに寄ってさわったるすると、怯えてかみつくかも。」と人前に出ない理由を説明。「色彩を持たない・・」については、「登場人物が勝手に動き出した」「僕も似たような経験をしたことはある。人は受けた心の傷を塞いで成長する。ひとつの成長物語なんです。」(「ニューズウィーク」より)と言っています。夏までには私も読んでみようと思っています。腹が立っても投げ捨てたりはせずに。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スカイプでこんなにプレゼンスキルが変わるなんて!

このスカイプを使った英語プレゼンテーションのレッスンはま...

KP
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ