コラム

 公開日: 2013-05-21  最終更新日: 2013-06-06

シャープは社長交代でよみがえるのか

5月14日、シャープは現在副社長執行役員の高橋興三氏を社長に昇格する人事を発表しました。取締役でもない執行役員からの抜擢で異例の人事と言われた、現 奥田社長は在任わずか1年3カ月で退任することになります。その背景には、約3千人の人員削減という大胆なリストラの実行にもかかわらず、2年連続の巨額赤字、業績不振から抜け出せない経営責任を明確にするとともに、社内の求心力を高めようという狙いがあるようです。

構造改革を進め、経営体制を見直すために、現在12人いる取締役を大幅に減らし、相談役や特別顧問も廃止する。さらに海外経験豊富な高橋副社長を起用することで出遅れた海外事業を挽回し、経営再建に結びつける考えとみられる。(日本経済新聞)

2013年3月期連結決算で過去最悪の5453億円の最終赤字を計上した奥田社長時代の1年間は「スピード感がなく、社内外からの不満は高まる一方」(金融機関幹部)と指摘され続けた。期待した台湾・鴻海精密工業からの約669億円の出資は挫折。再建への資金源と見込んだ海外の液晶テレビ工場も売却できていない。(毎日新聞)

シャープでは、この10年あまりの間に社長が次々と交代しましたが、いずれも前任の社長もしくは会長によって抜擢、指名されています。今回退任が決まった片山幹雄会長は奥田社長の後ろ盾と言われていますが、町田勝彦相談役によって社長になっています。プリンスと呼ばれたエリート奥田社長も町田氏が指名。その絶大な力を持つ町田氏も、今回の人事で退任を発表。そこには、複数の元・現トップが経営に関与することが業績悪化の原因と考える取引銀行の意向が反映されているようです。現に、主力取引銀行の三菱UFJとみずほから役員を受け入れることも決定しています。

こういった「誰がトップなのかわからない」状態が長く続いたシャープは、ある意味で日本式経営の典型例と言えるかもしれません。重役室が複数並ぶ社内、特別顧問や相談役など多すぎる役員たち、世代交代を阻む権力抗争、といった複数のマイナスの要素は、旧態依然とした日本式経営に特有のものです。結果、会議の数が多くなり、報告書の数が増え、意思決定に時間がかかることになります。

さて、次期社長となる高橋氏は、米国の営業本部長を務め、海外事業にも精通しています。彼は、グローバルな視点を取り入れて、合理的で結果が出せる経営にシフトしていけるでしょうか。

高橋副社長は、米クアルコムや韓国サムスン電子との出資交渉でも前線に立ち、意思決定の遅さや社員の受身の姿勢など自社の欠点を感じてきたと言う。「上からの指示を待たない風土にしないとダメ」(中略)「経営判断の遅さが課題だったが、新体制では現場に権限と責任をどんどん委譲し、市場の変化に迅速に対応できるようにしたい」(産経新聞)

「すべての権限と責任が髙橋に集中することになる。私も片山も、この形を崩さないように運営していく。これによって新生シャープになれる。昔のシャープの輝きを取り戻していきたい」と話す奥田氏ですが、行く手に様々な困難が待ち受けていることは間違いありません。日本を代表する家電メーカーの一つであるシャープはよみがえることができるのでしょうか。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語がより身近な存在に!

これまで仕事の中でたまに英語の資料やメール、会議に遭遇す...

Y・Y
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ