コラム

 公開日: 2013-05-02  最終更新日: 2013-05-22

10年も英語をやったのに?

グローバルビジネスにおける共通言語としての英語の必要性はますます高まっています。それに伴って、英語ができればそれでいいのか、という問題については繰り返し論議がなされています。楽天のように英語を社内公用語とする会社が出てくる前の2007年に勢古浩爾氏が「目にあまる英語バカ」という本を刊行しました。タイトルが目についたので、読んでみました。

著者の勢古氏は洋書輸入会社を引退されて以来、執筆活動をされています。「目にあまる英語バカ」では、自らも英語を勉強してきた人間だったが、本質を見失った英語バカになったことを反省しているそうです。
氏は、実に辛らつに日本人の英語コンプレックスを分析していきます。過激な部分も多いので、多少読みづらさもありますが、次の一節は私にとって目からウロコでした。なぜなら、私も日ごろよく学生さんたちに「今まで中高6年間は英語をやってきたのに、と思いますよね」みたいな話をしているからです。学校の英語授業を離れてからいざ英語を使おうとすると、簡単な会話でも思っていることが英語で話せない、日常的な文章が英語で書けない、ということにほとんどの人がショックを受けます。

「日本の英語教育が正しい、とはいわない。だが、あなたね、そもそも『中高大と10年も習った』のに、というのが真っ赤なウソなのだ。というより、あまりにも人口に膾炙しすぎた錯覚なのである。ちょっと胸に手を当てて、考えてみて。あなた、ほんとうに「10年間」ちゃんと英語を勉強しましたか。毎日一時間でも二時間でもいい、10年やったですか。一年でもいい。やったですか。どこの人間だ、おれは。いやわずか半年でもいい。やっちゃおらんでしょうが。
結局、だれもがいうように、『中高大学10年間やっても話せないんだから、だめだこんな英語教育じゃあ』も、『文法ばっかりだからなあ、もっと英会話重視にすればいいんだ』も、関係がなかったのである。世迷言だったのである。そもそも『中高大学10年間』英語を習ったけど、というのがまったくのウソだったんだね。10年間英語を『勉強した』のに、はさらに大ウソだったのである。」

大学では学科によってほとんど英語を勉強しない場合もありますから、10年間とはいかないかもしれません。それでも、6年間は誰でも必須で英語の授業が結構な数あったはずです。教え方、教材などが悪かったと言う前に、人のせいにするな、というのが彼の主張です。彼は、勉強するとはどういうことかという根本的な問題をこうした口語調(べらんめえ、と評した人もいますが)で追求していきます。「勉強をするなら基本は独学である」と彼は結論づけますが、これは全く正しいと思います。しかし、世の中はものすごいスピードで変わっていきます。もはや、英語はできる人だけがやればいい、という時代ではなくなりつつあります。日常業務に追われながら独学で英語を勉強し続けるのは、非常に難しいことも事実です。

そうした背景から、アマゾンの書評には次のような厳しい意見もあります。
「日本経済が縮小しグローバル経済が加速する中で、英語無しで今の世界的に高い賃金を維持することが可能だと思っているのか。
著者の頭の中は高度経済成長で止まっているのではないか。
世の中の情勢を全く理解していない、決まった仕事をすれば金は貰えると考えている典型的な思考停止の団塊世代人である。」

「この本が出た頃には勢古氏の言い分も尤もであったが、たかが英語ぐらい出来なきゃ社会人失格・負け組一直線のように煽られる現状にあっては『必要がないから英語は出来なくて当然』という理論では太刀打ちできないので、是非とも続編を希望します。」

結局、日本人にとって英語とは?という究極の疑問に対する答えは見えないままです。私自身も長年英語に関わってきていますが、未だ納得はいきません・・・




この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スカイプでこんなにプレゼンスキルが変わるなんて!

このスカイプを使った英語プレゼンテーションのレッスンはま...

KP
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ