コラム

 公開日: 2013-03-19  最終更新日: 2014-08-23

コミュニケーション能力を高める(2)

前回では、コミュニケーションの障害となる要因を分析し、その解決方法を3つお伝えしました。今回は残りの5つです。

4. 双方向のコミュニケーションを心がける
コミュニケーションが一方的にならないように、受け手と送り手の両方がお互いに質問するようにします。この方法は対面の時はもちろん、電話でもうまく機能します。メールでは時間差が生じるので、この方法はむずかしくなります。対面のコミュニケーションを促すために、営業時間内にメールをチェックしにくい部署などではメールのやりとりをしない時間を設けている会社もあります。

5. フィードバックを聞き出す
言葉によるフィードバックを聞き出すことは、メッセージがきちんと伝わったかどうかの確認に必要です。偉そうに聞こえないように気をつけます。
“So now can you give me your point of view on the situation?”
「この状況についてあなたの意見を聞かせてもらえますか」
“So can you tell me in your own words what you will be doing next?”
「次にする事をもう一度あなたの言葉で言ってもらえますか」

受け手からもフィードバックは要求できます。
“So what you are saying is …” 「つまり、こう言うことですね」

6.「聴く力」を養う
ピーター・ドラッカーは言っています。“…listen first, speak last.”
まず相手の言う事をよく聴き、自分は最後に話すようにします。

a)受け取ったばかりのメッセージを要約しながら送り手に返します。
“If I understand correctly you are telling me that …”
「私の理解が正しければ、あなたの言うのはこういう事ですね」
b)すぐに返答しないことです。少し時間を置いて答えることで、状況を理解する努力を示します。こちらが話し終わっていないうちにすぐ同意をする人は、たいてい話を真剣に聞いていないか、あるいは他に何かたくらんでいるかのどちらかです。

7. 文化の違いを認識する
異文化間のコミュニケーションには常に次の点に気をつけます。
• 全社員を尊重すること。異国の文化はただ違っているのであって、変だったり、自国の文化に比べて劣っているのではないと認識する。
• 率直に、明確に話すこと。メッセージが伝わっていないときのジェスチャーや表情などのサインを見逃さない。慣用句や俗語は使わない。類推は避ける。

8. メタコミュニケーションを図る
メタコミュニケーションとは、先に伝えた内容(コミュニケーション)についてのコミュニケーションのことです。(meta-は「その後」という意味の接頭語です)例で言うと
“Am I speaking clearly enough?”「これで意味は十分に明確でしょうか」
“How is my speaking speed, not too fast or too slow?”「話すスピードはどうでしょう、速すぎたり遅すぎたりしていませんか」
“Today and tomorrow I am going to be really busy so I’m going to keep my answers really short, please don’t take it personally.” 「今日、明日は非常に忙しいので簡潔にお答えしますが、悪く取らないで下さい」

コミュニケーション能力を高めるために、まずこの8つの提案から一つ、試してみてください。一番今の状況に必要だと思われるもので結構です。そして、次々に増やしていけばあなたはコミュニケーションの達人です。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語を話すことの抵抗感が段々なくなってきた!

現在ビジネスクラスでグレン校長にお世話になっております。 ...

F.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ