コラム

 公開日: 2013-03-13  最終更新日: 2014-09-16

英文メールミニレッスン~Hi John, は許される?

英文ビジネスメールの書き出し方

ビジネスメールで相手を何と呼べばいいのか、は外国人とのやり取りで最も困ることの一つだと思います。日本の文化では仕事上の付き合いで相手をファーストネームで呼ぶことは非常に稀です。特に、社外の人、また社内でも他の支店や本店の人に対してはそういう事はまずありません。ですから英語で、特に初めてメールを書く相手ならば、おそらく次のような疑問が書き出しの瞬間から沸いて出るのではないでしょうか。

◆ "Hi"でメールを始めていいのか?
◆ "Hello" なのか"Dear"なのか?
◆ その後に続けるのはファーストネームか、それとも苗字なのか?
◆ 肩書きをつけるのか、それとも Mr./Ms.なのか?
◆ 相手の性別がわからない時はどうするのか?

私自身もよく迷います。と言うのも、世界中に「正しいビジネスメールの始め方」のような基準は存在しないからです。相手の国籍、職業、学歴、年齢、性別などあらゆる条件によって、何が最も受けいれられるのかは違ってきます。実は、ネイティブスピーカー達でさえ "Hi" はビジネスメールの書き出しとして適切かどうか決めかねているのです。ここに正反対の意見をご紹介します。

Hi は適切かどうか

"Hi” have no place in business communications. They are simply too chatty and colloquial.
「Hiは全く会話調なのでビジネスでは出番なし。」

"Hi" works well when writing to people with whom you're very familiar.
「Hiは、とてもよく知っている人に書くときなら良い」

I almost always write “Hi” in my e-mail correspondence to people I don’t know. "Hi,” followed by the person’s name, has been on the rise for some time, and is considered standard in many situations.
「知らない人にメールを書くときでも、私はいつもHiを使う。Hiの後に名前を続けるのはここしばらくの傾向で、多くの状況で標準とみなされる」(あるジャーナリスト)

このように賛否は分かれるのですが、グレン社長も私もHiはビジネスメールでは不適切、と言う点で意見が一致しています。Hiを使わないなら、どうすればいいのでしょうか。

Hi に代わる書き出し

Though many people now see “Dear” as outmoded, it is a failsafe fall-back, and “Hello,” followed by the person’s name, is also acceptable. 「多くの人が"Dear"は時代遅れと思っているが、無難ではある。"Hello"にファーストネームを続けるのもあり」(前出のジャーナリスト)

Open business emails with phrases like “Dear Ms. Finch,” or “Greetings,” which are polite without being too familiar. If the addressee is someone you know well, it’s also acceptable to open by saying “Dear Bob.”
「"Dear Ms. Finch" やGreetingsをビジネスメールの書き出しとして使いなさい。礼儀正しく、なれなれしくならない。よく知っている相手なら"Dear Bob"で始める事も許容範囲内である」(ビジネスメールマナーブック)

"Eighty percent of the people I know will not do business with someone who starts an e-mail with their first name, because they don’t feel like they are being respected.” 「私の知人の8割は、ファーストネームでメールを始めるような人間とはビジネスはしないと言っている。尊敬の念が感じられないからだそうだ」(あるコンサルタント)

やはり、面識がない相手の場合はいきなりファーストネームにはしないのが普通でしょう。相手が"You can call me by my first name." 「ファーストネームで呼んでください」と言って来て初めてそうすると言うのが普通です。わからない間は、相手に合わせておけば無難です。相手の返事に "Dear Takeshi"とあれば、こちらも "Dear Jane"と返せばいいのです。相手が"Dear Mr. Yamada"と書いてくれば、こちらも"Dear Ms. Smith"とします。

残りの疑問については次回に!http://mbp-kobe.com/kobebs/column/35170/

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語を話すことの抵抗感が段々なくなってきた!

現在ビジネスクラスでグレン校長にお世話になっております。 ...

F.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ