コラム

 公開日: 2013-03-09  最終更新日: 2014-08-01

IOC東京視察、安倍首相は英語で何を訴えた?

IOC委員に接見される皇太子さま

2020年夏季五輪に向けたIOC評価委員会による4日間の東京視察が3月7日に終了しました。「オールジャパン体制」でおもてなし精神を発揮できたでしょうか。国内外のメディアによる報道から探ってみます。

評価委のクレイグ・リーディー委員長(英国)は記者会見で「強い政府のサポート、幅広い経済界の支援、大会に対する東京の熱意があった」と好印象を述べた。(中略)同委員長は「プレゼンの質がどれも素晴らしかった。選手との話も興味深かった」と話した。また、皇太子さまと面会したことに触れ、「国民的サポートを象徴した」と述べた。                      時事通信 2013年03月07日

リーディ委員長は感想を聞かれ“It was very very interesting indeed.”と笑顔で話していました。他の委員たちも次のような感想を持ったようです。

International Olympics officials said on Thursday that they were “hugely impressed” by Tokyo’s bid to host the 2020 Olympic games as well as strong government support from a country keen to show it has recovered from the devastating 2011 quake and tsunami.   Sports News Phillipines March 8

猪瀬東京都知事の精力的なパフォーマンスも話題となりました。

東京招致委員会会長でもある猪瀬直樹・東京都知事は視察会場などに頻繁に足を運び、石原慎太郎前知事と違う「動き回るトップ」を印象付けた。(中略)有明テニスの森の会場視察ではパラリンピック金メダリストの国枝慎吾選手とプレーする演出で出迎え、拍手を浴びた。ただ最近は都政の重要課題にも「五輪が決まってから」とはぐらかす場面が多く「あまり五輪に傾注すると、招致が失敗した時に何も語れなくなる」と心配する都幹部もいる。                      毎日新聞 2013年03月07日

また、安倍首相も東北大震災からの「復興」"revitalization"という言葉を使って英語であいさつをしました。被災者の方に背中を押されて自分も立ち上がったという自らの心境も織り交ぜたものでした。

6日、元赤坂の迎賓館に評価委メンバーを招き、安倍晋三首相主催による公式夕食会が開かれた。安倍首相は英語でのあいさつで「アナウンスの日が待ち遠しくてなりません。IOCが『東京』とおっしゃる、その日のことであります」と招致成功を祈願。                  時事通信 3月6日
“It is about the disasters we endured, the earthquake, tsunami and nuclear failure. But it is also about the revitalization,” “The compassion, courage and calmness of those [disaster] victims pushed me to stand again.”
"My hope was that by doing so I could tell the nation anyone deserves a second chance,” he said. “That’s the powerful message that Tokyo 2020 can send to the whole world.” The Daily Star March 7

IOCは今月、他の候補地であるマドリッドとイスタンブールを訪問します。その後、決定は9月7日ブエノスアイレスで発表されます。
There is still some way to go to match the level of professed support that rivals Madrid and Istanbul have. The IOC will visit both cities this month, after which the latest figures will be revealed.
The IOC will announce its decision in Buenos Aires on September 7.
福原選手とIOC委員が卓球対決

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スカイプでこんなにプレゼンスキルが変わるなんて!

このスカイプを使った英語プレゼンテーションのレッスンはま...

KP
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ