コラム

 公開日: 2013-03-05  最終更新日: 2013-03-13

「大人げない大人」

「社風を変えるということ」というグレン社長のコラムを2日に掲載しました。
http://mbp-kobe.com/kobebs/column/34907/
彼はビジネス英語研修を多数の有名企業内でさせていただいています。マネージャークラスの方とマンツーマンレッスンをする際には、管理職としての悩みを打ち明けられることもあるようです。そういった話から「日本の企業はなぜこんなにも変化を恐れるのか」と何度も私に聞いてきます。最近読んだ本に「これだ!」と思うヒントがあったので、ご紹介したいと思います。

成毛眞さんの「大人げない大人になれ!」(2012年12月発行 新潮文庫)のカバーには「成功者はみんな大人げない。ぶっ飛びエピソード満載。ストレスゼロ、目からウロコの処世術!」と文字が躍っています。この中で、「『空気を読む』『努力』『我慢』といった日本特有の美徳は、右肩上がりの成長を前提とした経済モデルが破綻した現代には必要ない。」と日本マイクロソフト元社長である成毛氏は言っています。では何が必要なのでしょうか。子供のような好奇心、つまり「大人げなさ」だと彼は説きます。

まず、目次を見てみます。「子供のようなビル・ゲイツ」「日本の大企業に大人げなさはあるか」「興味があれば何でもやってみる」「我慢なんてしなくていい」「おじさんのいう事は9割が間違い」などなど、「何だって!?」と思わず読み進めたくなる事ばかり!この中の第2章にある「変化を恐れるフツウの大人たち」という項が、冒頭のグレン社長の疑問に対する答えとなるのです。

成毛氏は「マイクロソフト日本法人の社長を務めていた時期には、毎年全体の5%に当たる社員を最低レベルの人間からクビにしていた」そうです。「最低」と言うのは業務成績ではなく、組織改革に対する保守的レベルが高い順なのです。「新しいチャレンジをしない、他人と同じであることに安心する、知らないことに対して嫌悪感を持つ。これらはすべて保守的な人間の特徴である。」こういった人はどの組織にも結構な数、存在することを私も経験からよく知っています。彼の優れた観察眼が次に続く文章によく表れています。

「(こうした保守的な人間は)新たなアイデアに潜むネガティブな側面を瞬時に並べ立てるために、ほとんど天才的とも言える頭の回転を見せ始めるのだ。(中略)『前例がないことだから』『私の経験ではそうではない』『この会社のやり方ではこうだ』などと、立場が低い人や若者には否定することができないように追い込んでくる。」まさにその通り、私も何度も会議で全く同じセリフを耳にしました。「仕方がないことだが、人間は年齢を重ねるに連れて保守的になりやすい生き物である。(中略)それまでに努力をして手に入れた知識や経験ほど、否定しにくくなるものだ。それが、数十年にわたる長い時間のなかで築き上げてきたものともなれば尚更である。何か新しいものを取り入れて、それらに一貫性がなくなることを恐れ、拒絶してしまうことは想像に難くない。」

グローバル化に伴い、これまでの国内市場向けのビジネスモデルではもはや通用しなくなってきました。政府から民間に至るまで、チャレンジ精神と失敗を恐れない勇気が日本を救うと言っても過言ではないでしょう。同時に、批判を受けようとも信念を持って周囲を説得し、自ら改革の旗手となる覚悟を持つリーダーが今ほど求められている時はありません。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

教わった英語がグローバルビジネスでの即戦力になりました

週1回のビジネス英語コースを受講しました。クラスではプレゼ...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ