コラム

 公開日: 2013-01-24  最終更新日: 2013-01-31

TOEICブーム

先日、非常に面白い本を読み終えました。「なぜ、勉強しても出世できないのか?」(佐藤留美 ソフトバンク新書)副題は「いま求められる『脱スキル』の仕事術」となっています。まずタイトルからして衝撃的ですし、本の帯には赤字で「あなたのスキル、賞味期限は大丈夫!?」と踊っています。これが1973年生まれの女性に書かれたということで大いに期待して読み始めました。 彼女は時に過激に、刺激的に昨今の「お勉強」ブームを批判していきます。2000人以上のビジネスパーソンを取材してきた実績に裏づけされた鋭い観察眼は、40歳にして老練とさえ言えそうです。

彼女は90年代後半の「スキルアップ教」を煽ったライターの一人として疑念を抱いていると言います。それがこの本を書いたきっかけだそうです。「スキルアップ教」とは彼女によれば、2000年前後に「これからは個人のスキルで勝負する時代」「巨大組織を捨て、今こそ転職すべし」と若者達が熱狂した現象です。大企業を辞め、ベンチャーや外資に流れ、資格を取ってスキルアップした若者達は現在どうなったのか。という疑問から、「スキルアップのウソ」「スキルアップに振り回される人々」へと続きます。

佐藤氏は、社内ベンチャー、女性起業家ブーム、MBA取得、各種キャリアアップセミナーなどと並べてTOEICについても容赦なく批判します。以下、本文より抜粋します。

「なぜ、日本人はこれほどTOEICを受験するのか?それは極端に言えば、スコア次第で人生が左右されてしまうからだ」「ここまでド根性を発揮するのは、『TOEIC700点以上にあらずば人にあらず』と言わんばかりのトップのアナウンスが徹底しているからだ」「TOEIC重視の日本企業は、英語能力を測る手段が目的化していないか?」

ここまではっきりとTOEICスコアの実用性を疑問視した文章を私はあまり知りません。しかし、これは実は私が密かに考えたことと同じなのです。私は3年ほど前まで、長年にわたり大学や専門学校でTOEIC受験コースを担当していました。スコアアップが必要な受講生のお役に立てたと自負しています。しかし、同時に疑問も抱いています。なぜなら、TOEICスコアのアップが英語力のアップに等しい訳ではないことを私は経験から知っているからです。

言うまでもないことですが、TOEICはビジネスシーンでのコミュニケーション能力を測るためのテストです。従ってTOEFLとは違い、語彙も会話のシーンも読解の内容もビジネスに関連したものばかりです。つまり、範囲が限定されるので、勉強がしやすいのです。加えて、過去の問題を分析して頻出問題ばかりを解いて暗記すれば、短期間でかなりの高得点が得られます。私が担当したTOEICスコアアップ講座では、18時間受講後のスコアが最高で300点アップした方がありました。受講前に500点未満だったのが、800点近くになったのです。

確かにリスニング力は伸びます。語彙力も、ビジネスに良く使われる単語限定ですが、暗記すれば伸びます。しかし、インプットは可能でもアウトプットはまた別問題だという事は皆さんよくご存知でしょう。佐藤氏の本に登場する経営共創基盤パートナーの塩野誠氏によると「(TOEICは)スピーキング軽視で簡単すぎるから、高得点者でも喋れる人は少ない。実際、うちに面接に来るのはTOEIC800点以上の人ばかりですが、『じゃあ、英語でサブプライムローンの仕組みについて解説してください』と投げかけると、100人中10人もできませんからね」ということです。その通り、私のクラスにはTOEIC700点以上保持者が大勢いらっしゃいますが、スピーキングやライティングとなると、本当に大変です。

TOEICテストの勉強をするなとは申しません。しかし、ビジネス英語に必要なものは何なのか、どうすればグローバルビジネスに真に役立つ英語が身につくのか、それを合わせて考える時が来ているのではないでしょうか。どうしても客観的に英語能力を測る指標となるテストが必要であるなら、私はTOEIC SW(スピーキング・ライティング)テストをお薦めします。その理由については、合わせてこちらもお読みください。
http://mbp-kobe.com/kobebs/column/31450/




この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

国際的なセミナーの準備ができました

職場で外国人を含めた国際的なセミナーへの参加を求められま...

TO
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ