コラム

 公開日: 2012-12-05  最終更新日: 2012-12-13

英語公用語化を発表した企業が目指すものは?

グローバル化が進み、日本の企業ではそれに対応できる人材の育成が急務となっています。それに伴い、英語力が必須であると言う認識は共通になりつつあります。ご存知のように、楽天とファーストリテイリングは2012年から社内英語公用語化の方針を打ち出しました。英語研修への取り組みの事例から、二社が目指すものを探りたいと思います。

<楽天の例>
‐社内に約80人からなる「英語化推進プロジェクトチーム」を編成
‐英語学習支援(eラーニング、事業部単位での英語学習会、TOEIC受験)を会社負担
‐TOEIC基準点に達さない社員向け4ヶ月224時間の特訓
‐会社負担でフィリピン・セブ島への短期語学留学

TOEIC受験に関しては、「TOEIC基準点(現社員は600点)はスタート地点」という位置づけのようです。 世界27か国への進出と、海外取扱高比率70%を目指すという三木谷社長の方針のもと、「英語が本当に必要になってからでは遅い」というわけで、まずは英語公用語の風土を社内に作ろうとしているという見方もあります。 その結果、「TOEICの個人スコアを張り出し競い合う、進学塾と見まがう光景が出現」し、「一時は本社のある品川界隈の英会話学校は楽天社員ばかりいると噂にもなったほどです」(楽天副社長 國重氏談)
三木谷氏は「日本語だけを使っていると、世界で何が起きているか把握できない。日本の産業界は目を覚ますべきだ」また、「日本の大企業は英語ができず、世界のリーダーになれなかった」と自身も流暢な英語で講演する実力の持ち主です。社長が良い手本となって、社員も刺激され後に続こうと努力を続けるのでしょうか。事実、社員のTOEIC平均点が1年半で530点ほどから700点ほどまでアップしたそうですから、立派です。反面、TOEICの点数を管理職(800点基準)への昇格条件にしたため、他の面で優れていても認められない例が相次いでいると言います。その場合、基準点に達するまで社内の英語講習会で特訓を受け、条件を満たさなければなりません。そうなると管轄部署の業務にも支障が出てくるはずです。既に高得点を取得している社員に仕事のしわ寄せがいくという事態も当然起こってくるでしょう。
そもそもTOEICのスコアで英語力を図る事自体にかなり無理があります。かと言って他に指標となるものがない現状では、手っ取り早く結果が見えるテスト得点に頼らざるを得ないのでしょう。

<ファーストリテイリングの例>
‐社員向け英語学習プログラム・TOEIC受験は「業務」と位置付け
‐大手英会話スクールと契約し、社員一人ひとりに個別カリキュラムを組む
‐社員は自宅のパソコンからサイトにアクセス・スカイプ電話で受講
‐不参加の社員に対しては「怠けている」として受験料などの返却を求める

現在は、母語が異なる人が対象の資料や会議は英語で行っているものの、国内店舗の日本人同士の会議や打ち合わせは日本語を使っているそうです。しかし、2020年には海外店の比率を60%にする予定ということで、いずれ会議も英語で行なわれることになります。本社社員と店長の約3000人はTOEIC700点以上が義務化されました。
  
柳井正ユニクロ(ファーストリテイリング)代表取締役会長兼社長は、次のように述べています。
「今回のうちの英語化にしても、ともすると勘違いされてしまうんです。『国を売るのか』とか『日本語という魂の世界にメスをいれるのか』とか。そうじゃなくて、英語なんて、所詮ツールですよね。欧米人の所有物じゃないんです。それはうちの社員だけじゃなくて、どの会社の日本人にも必要不可欠なツールとなるはずです。」「日本語という殻の中にとどまっていては、会社はもはや成長しないし、多国籍の社員との価値観の共有もできないんです。」「危機意識をもって早急に変わらないと、外国人が中間管理職以上のポストを占めて、日本人は使われる末端社員になります。」対談抜粋「英語社内公用語化の傾向と対策(森山進 著)」 

私個人の考えとしては、上記の柳井社長の持論におおむね賛成です。特に、「英語なんて所詮ツール」という句は常々学生さん・受講生の方に申し上げていることです。ただ、やはりここでもTOEIC700点以上を義務化し、業務と位置づけたことに疑問を感じます。学習サイトにアクセスした時間をパソコン上で会社がチェックするという話を読みましたが、それは過剰な社員管理と言えないでしょうか。

英語を使えるグローバル人材育成が企業にとって急務であることは間違いありません。しかし、その手段としてTOEICスコアを指標にするしかないのでしょうか。確かに、500点取得までは基礎英語力としてリスニング・リーディング強化を行わなければなりません。聞き取れなければ、また読めなければ始まりませんから。しかし、その後、膨大な時間を費やして700点・800点を目指していくことがビジネスで使える英語力の向上につながるとはあまり思えません。

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

国際的なセミナーの準備ができました

職場で外国人を含めた国際的なセミナーへの参加を求められま...

TO
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ