コラム

 公開日: 2012-12-03  最終更新日: 2014-08-23

ホッチキスの謎 前編



11月26日付産経新聞のコラムを読んでいて、私は嬉しくなってしまいました。なぜなら、長年の疑問が氷解したからです。「そうだったのか~!」と思わず一人で声を出していました。何かと言いますと、執筆者が米国滞在中に文房具店で途方にくれた話が発端です。「ホッチキスがほしい」という英語が何度言い直しても通じなかった。ホッチキスは英語で staplerなのだから。私の長年の疑問と言うのは、その次にある「なぜstaplerを日本ではホッチキスと言うのだろう?」ということです。

主に明治時代、それまで日本国内にはなかった外国製品が次々に入って来ました。それらを外来語としてカタカナで使うときにオリジナルの意味とは違ってしまったということがよくあります。また、日本では原産国の言語を大切にする(?)というか、敬意を払う傾向があったように思います。したがって、聞こえたままの言葉をカタカナに直して使うようになった結果、英語としては全く通用しないものになってしまったという例もあります。

たとえば、「レントゲン」は英語では X-rayですが、日本語ではX線を発見したドイツのレントゲン博士の名前を使っています。「ランドセル」はオランダ語が語源であの形は日本固有のものですが、英語で言うと backpackです。「アルバイト」はドイツ語の arbeit 「働く」という動詞ですから、英語で通じるはずはなく、part time です。「カルタ」はポルトガル語の「手紙」を表すcartaから来ていますが、日本特有のものです。英語で説明するとすれば、traditional Japanese card gameぐらいでしょうか。面白いことに、英語ではローマ字式に"karuta"と表記します。

発音を聞き違えた例としては、「メリケン粉」があります。アメリカから小麦粉が輸入された時、それまで日本にあったうどん粉と区別するために名前を別にしました。「アメリカン」を早口で発音した時にAの音が落ちて聞こえたので「メリケン」になったのです。神戸にある「メリケンパーク」は、「メリケン波止場」を呼び換えたものです。1800年台後半当時に米国領事館が前にあったことから、「アメリカン波止場」が訛ったものだそうです。
また「イギリス」は江戸時代にまでさかのぼりますが、オランダ語 Engelsch が「エゲレス」と聞こえたから、らしいです。

さて、冒頭のホッチキスの話にもどります。どう考えてもホッチキスは英語のように思えるので、上の二つの例は当てはまりません。「いったいどこでstaplerがホッチキスに変化したのだろう?」と私はずっと疑問に思っていました。産経新聞によりますと、「明治後期に伊藤喜商店(現イトーキ)によって最初に発売されたのが、米国のホッチキス社の製品だったからだ」だそうです。ホッチキス社の社名は機関銃の発明者として知られるベンジャミン・B・ホッチキスの名に由来する、ただし裏づけはないらしいとあります。そこでいったんは納得したのですが、「文房具のホッチキスと機関銃の発明者が同じってどういうこと?」ともう一つ新たな疑問がわいてきました。 そこで、インターネットで少し調べてみました。
長くなりますので、その結果は次回に持ち越します。お楽しみに!

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

また近い将来、グレン先生に教わりたいです!

もっと学びたかったというのが正直な感想です。 コース内容は...

TK
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ