コラム

 公開日: 2014-02-25  最終更新日: 2014-09-15

お誘いを断るビジネス英語表現

日本人はなかなかNOが言えないとよく言われます。断るということを躊躇してしまうのはやはり国民性でしょうか。
海外とのビジネスシーンにおいて、どうしても誘いを断りたい次のようなとき
・長時間のフライトで疲れているから、一刻も早くホテルの部屋にチェックインして寝たい
・長時間にわたる英語の会議を終えて、心身ともにへとへと、早く一人になりたい
. 今日の会議の報告を、一刻も早く本社にしなくてはならない
・時差に加えて、接待ディナー。もう今夜はアルコールは無理。

次のような表現が役立つことでしょう。

1. “It's very kind of you but...” 「ご親切にありがとうございます、でも・・・」

"It's very kind of you but I have to get back to the hotel to prepare for tomorrow and catch up on sleep.”
「ご親切にありがとうございます、でもホテルへもどって明日の準備をしてから睡眠をとらなくてはなりません」
“It's very kind of you but I have to attend another meeting early tomorrow.”
「~、でも明日の早朝の会議に出なくてはなりません」

2. 似た表現でこれも使えます。
"I appreciate the offer, but..." 「お誘いに感謝します、でも・・・」

"I appreciate the offer, but need to catch up on some emails and phone calls.” 「お誘いありがたいのですが、メールと電話のチェックをしなくてはなりません」

3. "I wish I could...., but I ..." 「~したいのは山々ですが・・・」
仮定法の"I wish I could..."はソフトに断るときに、とても便利な表現です。「本当はそうしたいのに(状況のせいで)できない」というニュアンスがよく伝わります。

I wish I could join you for dinner, but I have to read through my presentation draft again in my room." 「ディナーにご一緒できるといいのですが、部屋でもう一度プレゼンテーションの原稿を見直さなくてはならないのです」

4. "It’s been an interesting evening thanks, but I have to call it a night now.”
「楽しい夜をありがとうございます、もうこれで失礼しなくてはなりません」

  "call it a night"は、「これでお開き」というのによく使われます。

そして、おいとまする時には次のような感謝の言葉を述べると良いでしょう。
•“Thanks for your hospitality.” 「お心遣いをありがとうございます」
•“I really enjoyed the meal.” 「とても美味しいお食事でした」
•“Thanks for showing me around the city.” 「案内をしてくださってありがとう」

もてなしを受けて嬉しいということを伝えるのは、ビジネスを円滑に進めていく上で重要なことです。上手に誘いを断ることは悪いことでもありません、もしかしたら相手も早く切り上げて家に帰りたいのかも知れないですよ!

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

英語コミニュケーションが楽しくなった!

難しすぎないかと心配していましたが、グレン先生の笑顔を見...

K.S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ