コラム

 公開日: 2014-02-18  最終更新日: 2014-11-20

ビジネス英語スキル~交渉が難航したとき

ビジネスで難しい交渉を進めているとき、突然先方が怒り出したり、口調がきつくなったりすることはよくあります。このようなときに、相手をなだめるにはどうすればいいでしょう?
相手の怒りを増幅させることなく、穏やかに交渉を続けるための表現をいくつかご紹介します。

1 “Look, I understand what you are saying but…”
これは、先方が同じ事を繰り返しながら興奮してきたときに有効です。相手に対する理解を示しながら、自分の立場も同時に説明します。
<例>“Look I understand what you are saying but the deadline is tonight so we must decide now.”  
「おっしゃることはごもっともですが、締め切りが今夜ですので、今決定しなくてはなりません。」

2. “Why don’t we come back to that later?”
「その件に関しては後で話しませんか?」
先方が交渉の焦点であるポイントに直接関係がない別件を持ち出してきたときに使えます。相手を無視するのではなく、やんわりと話を元にもどそうとする表現です。

3. “Let’s have a break and come back with some fresh ideas.”
「いったん休憩にして一息入れましょう」
交渉が長引いて、疲労の色が見えてきたとき、休憩をはさむことは良い方法です。部屋を出るだけでも気分転換になります。双方とも室外でのメールや電話で、関係部署との相談をすることができます。

4. “You don’t have to worry about .…shall we move on?”
「その点についてはご心配には及びません。先へ進みましょうか」
時には、先方がすでに解決済みのことを蒸し返したり、的外れな懸念に固執したりして交渉がこう着状態になることがあります。この表現はそういった時に会議を前に進めるのに使います。

A. “But we need to make sure that we have booked enough space for shipping next month” 「しかし来月の出荷には十分な余裕があることを確認しなくては」

B “ You don’t need to worry about that as I booked and confirmed the shipping this morning. Shall we move on?” 「その点については今朝、確認済みですのでご心配には及びません。先へ進みましょう」

神戸ビジネススクール(株)では、ビジネスに本当に役立つ英語を効果的に学ぶことができます。社内企業研修から個人レッスンまで、英語でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。無料体験レッスンも実施中です。
http://www.kobebs.com/contact.html

この記事を書いたプロ

神戸ビジネススクール [ホームページ]

講師 グレン・ブラウン

兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL:078-570-5647

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
副校長プロフィール
副校長・ビジネスディレクター・インバウンド対策コンサルタント

さんぐう ゆうこ米国ワシントンDC生まれ。神戸女学院大学文学部英文学科卒業。1983年シティバンク大阪支店(当時)入行、法人営業部外国人付秘書として勤務。...

コース概要

■ 英語電話会議コース■ プレゼンテーションコース■ 英文 ビジネスメールコース■ ビジネス英語初級■ TOEICコース■ 新入社員向けビジネス英語研修■ ビジネス...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸ビジネススクールのグレン・ブラウンさん

実践的なビジネススキルを英語で学べるビジネススクールを主宰(1/3)

 「海外へ市場を広げたい」「外国からお客さまを迎える機会が増えた」「英語でプレゼンテーションができる人材を育成したい」など、グローバル化を目指す企業も多いのでは。 ニュージーランドのカンタベリー大学で心理学を専攻し、大学院で産業・組織心理...

グレン・ブラウンプロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

グローバルビジネスで使える英語を最短距離で!

会社名 : 神戸ビジネススクール
住所 : 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階 [地図]
TEL : 078-570-5647

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-570-5647

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

グレン・ブラウン(ぐれんぶらうん)

神戸ビジネススクール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

国際的なセミナーの準備ができました

職場で外国人を含めた国際的なセミナーへの参加を求められま...

TO
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
補助金で英語版ホームページを作りませんか?
イメージ

こんにちは、副校長の三宮です。当社では、ビジネス英語研修だけでなく外国語対応のコンサルティングもしておりま...

[ インバウンドマーケティング ]

日本文化を英語で発信する試み~老舗雛人形店での外国人向けイベント
イメージ

【雛人形店での外国人向けイベントの企画運営を承りました】こんにちは、副校長の三宮です。さて、今日は去...

[ インバウンドマーケティング ]

街中にある変な英語の標識~翻訳ミス、あるある
イメージ

台風一過と思えばまた神戸ではひどい雨が降っています。皆様いかがお過ごしですか?副校長の三宮です。昨日テ...

[ ビジネス英語コンサルティング ]

和食メニューの英訳、どうしていますか?~京都市にあるホテルの朝食バイキングメニューの場合
イメージ

当社副校長の三宮優子は、インバウンド対策コンサルタントとして大阪・神戸・京都で会社案内、メニュー、店内案内...

[ インバウンドマーケティング ]

英文パンフレット作成~茶筅師 谷村丹後様の場合
イメージ

このコラムは、インバウンド対策コンサルタント、副校長の三宮がお届けしています。今日は、日本の伝統文化を世...

[ インバウンドマーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ