コラム

 公開日: 2014-10-27  最終更新日: 2014-11-25

購入にしたあとに、床の傾きを発見!どうしたらいいですか?

中古住宅の不具合は入居してからわかります。


中古住宅購入して、一か月、
友人が遊びにきました。
友人 「へ~、いいお家、見つかってよかったね~」
私 「そうでしょう~」
友人 「でも、この和室、床がちょっと傾いていない?」
私 「え!うそっ!」
友人 「いや、よくわからんけど・・・なんとなく・・・」
私 「うわ、ほんまやね・・気づいてなかったわ。」
友人 「なんかビー玉転がるよ!!」
私 「え”~、うそ、ショック~、どうしたらええんやろ~」
友人 「そりゃ、売主さんに直してもらわなあかんのとちゃうの?」
私 「ほな、仲介会社に言って、聞いてみるわ!!!あ~最悪(涙)」
みたいな会話になったらほんといやですよね。
仲介会社の方に、なんかクレーム客みたいに
思われるのも嫌なんで、あんまり言いたくないですが、
ほっておくのも納得いかないし・・・・とおっしゃられます。
こんな事例、実は結構あります。

売主が認めてこそ対応してもらえる。

こういった場合の顧客への対応方法について
不動産業者様からの問合せも最近よくあります。
「買主が床が傾いているってクレーム言っているのだけど、
どのように対応したらよいか?」というものです。
こんな場合、床について、何が瑕疵で、何が瑕疵でないのかの基準が、
売主にも、買主にもお互い理解されていないケースがほとんどです。
売主も、そもそも、その傾きを知らなかったことあり、
そんなはずはないと通常お考えもされます。
こんな場合、お互い納得させて、円満に解決を図ることは、
本当に難しい作業となります。
で、どうなるか・・・
結局は、お金で解決するしかなくなります。
もし、修繕費用が20万円かかるとします。
そういった負担を売主がどこまでもっていただけるかと
話しあうということですね。
もし、そういった不具合が、事前にわかっていれば、
売買契約時にその費用を織り込んだ金額で契約することができます。
ただ、取引後になると、売主は、金額にしても、瑕疵についても
なかなか納得しにくいものです。
買主は、その間、ずっとその家に住んでいなければならないので、
住宅という大きな買い物における、この精神的なダメージは
本当にはかりしれません。

そのための事前検査が重要です。

こういったことにならないために、どういったところを確認して購入すればよいのでしょうか。
たとえば、住宅の内覧のときは、スリッパをはかずに室内を歩いてみてください。
そのほうが、床の傾きや、たわみのある部分などが良くわかります。
建具を開けたり、閉めたりすることも、建物の傾きの確認になります。
建物がひずんでいると、建具の開閉に不具合がでている可能性がありますね。
上階の天井、サッシのまわりに雨漏り跡があるか、
特にバルコニーの下に居室があるときは要注意ですね。
床の傾きには、6/1000の傾きより大きいか、小さいかが、
建物の現況の状況を確認する一つの基準になっていますので、
そういったことを確認できれば、ベストです。
事前にすべてがわかるわけではありませんが、少しでも
良質な中古住宅を見分ける作業をしてもらってトラブルを
減らしてもらえればと思います。
こういったことを対応してくれる建物調査のプロがいますので、
そういった人にお願いしてみるのも一つの方法でしょう。

空き家の相談窓口について


平成26年~27年にかけて、約200件をこえる兵庫県内の
空き家相談を受け付けて対応しました。
(ひょうご空き家の総合相談窓口の相談員をしていました)
ぜひご相談ください。
http://www.kobe-renovation.jp/cafe03.html

この記事を書いたプロ

神戸リノベーション(㈱谷工務店) [ホームページ]

不動産コンサルタント 谷弘一

兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1456-3 [地図]
TEL:078-976-1580

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
中古住宅を買いたい

中古のお家を買うとき、まずは、その建物をフェニーチェパックで調べましょう!・そのお家がリフォームできるのか?・雨漏りはないか?・傾きはないか?・し...

中古住宅を売りたい

中古のお家を売るとき、まずは、その建物をフェニーチェパックで調べましょう!・あなたは、お家のことを知っていますか?・外壁にひび割れはないですか?・あ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 弘一さん

物件選びからリフォームまで、中古住宅購入を「安心安全」へと導く(1/3)

 神戸市を中心に、個人から官公庁まで幅広い建設事業を担う地場建築会社グループ「谷工務店」。3代目社長の谷 弘一さんは新たな事業の一つとして、安心安全な中古住宅売買&リフォーム工事サービスを提供する「神戸リノベーション」をスタートさせました。...

谷弘一プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

これなら買える!革新的な中古住宅の購入方法を教えます!

会社名 : 神戸リノベーション(㈱谷工務店)
住所 : 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1456-3 [地図]
TEL : 078-976-1580

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-976-1580

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷弘一(たにひろかず)

神戸リノベーション(㈱谷工務店)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

不安だった中古住宅の購入とリフォーム、セミナー受講で悩みが解消されました!

中古住宅のリフォームを検討して物件を探していましたが、当...

A
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
古い空き家は、宅建業者に高く売ろう!

 空き家のことはプロに相談する 古い空き家は宅建業者に売りましょう。それが一番気が楽です。そして売れ...

[ 【中古住宅の賢い売り方】 ]

鳥取地震の影響、おうちの状況を把握しましたか?

 ■フェニーチェパックが、兵庫県事業に選定されています。 兵庫県内で、中古住宅を売ったり、買ったりする人を...

[ 【建物調査・耐震診断】 ]

耐震基準適合証明書とはなんですか?

中古住宅購入時においてかかせない、耐震基準適合証明書とはなんでしょうか?あなたが中古住宅を購入された...

[ 【建物調査・耐震診断】 ]

中古だからといって、住宅ローン控除をあきらめないで!
イメージ

 住宅ローン控除を利用して中古住宅を購入できます。 制度のことをよく知らない不動産屋さんは、「この建...

[ 【中古住宅の賢い買い方】 ]

古い空き家が売れない。本当にちゃんと売却を頼んでいますか?

「売ってくれって知り合いの不動産業者に頼んでいるんだけど、なかなか売れないんだよね~」ひょうご空き家...

[ 【中古住宅の賢い売り方】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ