コラム

 公開日: 2013-10-27  最終更新日: 2014-11-25

行政の検査だけでは不安なの?



建築物はそもそも「建築基準法」という法律にもとづいて
建築士が申請し、官公庁による建築確認や建築検査などを経て建てられたものなので
そもそも検査されて安心・安全であるはずですよね。

もちろん、建築する建設会社も免許をもったれっきとした技術者が
責任をもって施工しています。
なのに、それをまた第3者が検査するっておかしくないですか?
プロならご立腹の事態です。
でもそうでもしないといけないくらい
「建築士」・「施工会社」への信頼が低いのだと思います。

建物の建築は、建築基準法という基本的な法律に定めらた基準にもとづき
設計、施工されていると初めにご説明しましたが
一定の規模以上の建物の建築を行うには、各都道府県の建築主事にも申請をします。
いわゆる「確認申請」というものです。
この申請が許可されて、ようやく建築工事着手へと進むことができます。
もちろん、この時点で構造上の確認なども、しっかりチェックされています。
われわれ設計事務所・施工会社は「確認申請」が下りてようやく
仕事が始まるという認識をもっています。




では、工事がしっかりと申請されたとおりに行われているかは
どのように確認しているのでしょうか?
それもしっかりと建築基準法にもとづき規定されています。
規模に応じて行政による「中間検査」・「竣工検査」が実施され
「検査済証」が発行されることにより、ようやく建物に安心・安全のお墨付きがもらえるのです。
この流れで、ほとんどの建築物が安心・安全を約束され、建築されています。
今、現在もほとんどの建物がそうです。

ここまで読んでいくと、十分な気がしますよね。
問題はそこではないのです。
どこかといいますと
「実際にその法律上の流れが完全に機能していたのか」
という点なのです。

実は平成10年までは、建物の「建築確認」・「検査事務」は
地方公共団体(建築主事)だけで行っていました。
その中で

・実際事実上検査が行なわれなかったり
・検査が行なわれた場合でもずさんであったり
・おざなりな検査であったりした

ケースが多発したようで、欠陥住宅災害が発生する原因となっているとする指摘がありました。





例えば、一昔前の建築で検査済証がない物件などたくさんあったといわれています。
つまり建築するときは、その前に承認をもらっているが
そのとおり建築されたかはわからないということなのです。

日弁連などが建築士の協力を得て調査したところによれば
建築確認とまったく異なった建造物が建設された例や
手抜き工事の例が発見され、当時の建築基準法、あるいは住宅金融公庫標準仕様書
日本建築学会標準仕様書などが定める基準を満たさないものが非常に多いことが判明しました。

当時の建築物の着工件数に比べ、建築主事など職員の絶対数が不足していたこともあり
根本的な解決を求められたわけです。


そこで平成10年当時の橋本内閣は

・「建築確認・検査の民間開放」
・「戸建住宅・プレハブ住宅等についての中間検査制度の特例」

を設けることにより、それまで地方公共団体の建築主事のみが行なってきた
「建築確認」・「検査事務」を、民間の指定確認検査機関を創設することにより
株式会社を含む民間機関に検査体制の開放を進めました。

ここで、大きな問題の可能性は議論されました。

ゼネコンやハウスメーカーなどの株式会社(施工業者)が集まって
指定確認検査機関を作ることもできる法案であることから
公正中立な確認検査が本当に担保されないのでは
違反建築や欠陥住宅が増えるのではないかとの懸念もありました。

これに対し当時の建設大臣は、確認検査機関の指定に当たり、役職員の構成や業務内容の中立性を審査するほか
役職員に公務員と同様の罰則を適用する措置を講じ、その建築確認の報告義務を課し
不適法なものについてはその効力を失わせる等の措置を講じるなど万全を期すと答弁したといわれ
本会議で可決され、進められたのです。

確認審査機関や住宅性能評価機関などは、厳しい審査にもとづいて指定された会社であることは間違いありません。

それが原因かどうかは別として、
それから、7年後、2005年にその事件はおこりました。
詳細な事実は、裁判等に委ねるしかありませんが
結果的に、住宅供給事業者、建築士、民間確認検査機関、建設会社、官公庁を含め
建物建築プロセスに大きな不安の影をおとすことになった
「耐震偽装事件」といわれる「構造計算書偽装問題」です。

ちょうど、問題が発覚した、2005年11月は
忘れもしない、わたしが、株式会社谷工務店の代表に就任したときでした。
ここから建設業が本当の信頼を得るにどうすればいいか
という課題に立ち向かう日々が始まったのです。
そして、これが今の中古住宅に安心・安全を求める原点ともなっています。




そのあたりを次に・・・

その他、耐震診断の方法など具体的な
質問等がありましたら御連絡ください。

空き家の相談窓口について


平成26年~27年にかけて、約200件をこえる兵庫県内の
空き家相談を受け付けて対応しました。
(ひょうご空き家の総合相談窓口の相談員をしていました)
ぜひご相談ください。
http://www.kobe-renovation.jp/cafe03.html

この記事を書いたプロ

神戸リノベーション(㈱谷工務店) [ホームページ]

不動産コンサルタント 谷弘一

兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1456-3 [地図]
TEL:078-976-1580

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
中古住宅を買いたい

中古のお家を買うとき、まずは、その建物をフェニーチェパックで調べましょう!・そのお家がリフォームできるのか?・雨漏りはないか?・傾きはないか?・し...

中古住宅を売りたい

中古のお家を売るとき、まずは、その建物をフェニーチェパックで調べましょう!・あなたは、お家のことを知っていますか?・外壁にひび割れはないですか?・あ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
谷 弘一さん

物件選びからリフォームまで、中古住宅購入を「安心安全」へと導く(1/3)

 神戸市を中心に、個人から官公庁まで幅広い建設事業を担う地場建築会社グループ「谷工務店」。3代目社長の谷 弘一さんは新たな事業の一つとして、安心安全な中古住宅売買&リフォーム工事サービスを提供する「神戸リノベーション」をスタートさせました。...

谷弘一プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

これなら買える!革新的な中古住宅の購入方法を教えます!

会社名 : 神戸リノベーション(㈱谷工務店)
住所 : 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1456-3 [地図]
TEL : 078-976-1580

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-976-1580

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

谷弘一(たにひろかず)

神戸リノベーション(㈱谷工務店)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

不安だった中古住宅の購入とリフォーム、セミナー受講で悩みが解消されました!

中古住宅のリフォームを検討して物件を探していましたが、当...

A
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
古い空き家は、宅建業者に高く売ろう!

 空き家のことはプロに相談する 古い空き家は宅建業者に売りましょう。それが一番気が楽です。そして売れ...

[ 【中古住宅の賢い売り方】 ]

鳥取地震の影響、おうちの状況を把握しましたか?

 ■フェニーチェパックが、兵庫県事業に選定されています。 兵庫県内で、中古住宅を売ったり、買ったりする人を...

[ 【建物調査・耐震診断】 ]

耐震基準適合証明書とはなんですか?

中古住宅購入時においてかかせない、耐震基準適合証明書とはなんでしょうか?あなたが中古住宅を購入された...

[ 【建物調査・耐震診断】 ]

中古だからといって、住宅ローン控除をあきらめないで!
イメージ

 住宅ローン控除を利用して中古住宅を購入できます。 制度のことをよく知らない不動産屋さんは、「この建...

[ 【中古住宅の賢い買い方】 ]

古い空き家が売れない。本当にちゃんと売却を頼んでいますか?

「売ってくれって知り合いの不動産業者に頼んでいるんだけど、なかなか売れないんだよね~」ひょうご空き家...

[ 【中古住宅の賢い売り方】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ