コラム

 公開日: 2014-12-16  最終更新日: 2014-12-19

インフルエンザ流行の季節

血管を守るための漢方薬
今年も残り少なくなりました。
インフルエンザの流行が昨年より3週間早く始まったという厚生労働省ニュースが
発表されました。過去10年間でみても2番目の早さだそうです。
今季はA香港型の感染者が多く「高齢者はワクチンが効きにくい可能性がある」と
専門家は注意を呼びかけています。

以前にもお話しましたが、ワクチンはインフルエンザウィルスを直接殺すものではありません。
インフルエンザウィルスには、表面上にタンパク質(HAヘマグルニチン)があります。
このHAたんぱく質を有精卵の中で培養し、生成されたものがワクチンです。
ワクチンを体に接種するだけでは、ウィルス感染したら病気は発症します。

私たちの体の中では、
ワクチンが体内へ→ 免疫系が働き→異物として認識して抗体を作る。

この抗体がしっかりと出来あがった人は、もしウィルス感染を起こしてもウィルスを
中和してくれます。しかしワクチン注射をしても、しっかりとウィルス抗体を作れる人は
全体の6~7割。後の3~4割の人は十分な抗体を作れていないと言われています。
高齢者、免疫力の弱い人は、抗体をしっかり作れないのです。
免疫力が弱いと、抗体を作る力も衰えます。だからワクチンを接種しても、毎年
インフルエンザにかかる人がいるのです。

またワクチン接種後、抗体ができるまで3週間~4週間ぐらいかかります。
流行し始めてから病院へ行って接種してもすぐに抗体はできません。流行前の早めの
接種が有効です。
子供は2回目を打たないと効果が低く、6か月未満の赤ちゃんは接種できないので、
家庭内で特に注意が必要です。

●●風邪・インフルエンザの3大養生法●●

①休養・・・ しっかり睡眠をとりましょう。
②保温・保湿・・・ 室温は20~25℃ 湿度60%前後に保ちましょう。
③栄養・・・胃腸にやさしく、消化の良いビタミン・タンパク質の豊富な食事をとりましょう。

毎年インフルエンザにかかる人、風邪をひきやすい方は、普段から自分の免疫力をアップさせる
ことが大切です。
自然免疫を活性化する漢方薬などを服用してマクロファージの異物認識力を高め、
ヘルパーT細胞の活性を高めれば、抗体産生能力も高まります。

ご相談ください。

*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク
【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

この記事を書いたプロ

漢方薬局けんこう屋 [ホームページ]

薬剤師 松原一彦

兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL:078-371-4193

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

2年半前に、右乳房の乳がん切除手術後、放射線、抗がん剤治療を行ってきました。抗がん剤による副作用で、顔のほてり、右手の痛み・しびれが続き、肩も上がらな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松原一彦 まつばらかずひこ

病を治すのは、自身の生活を治すこと(1/3)

 漢方は、中国の漢時代から三国六朝時代にかけて体系づくられ、漢民族が確立したことから「漢方」薬と呼ばれています。「人には元気になろうとする力(自然治癒力)が備わっています。その能力を助け、発揮できるように手助けするのが漢方の持つ力なんです...

松原一彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

本格的な漢方薬で、新しい健康体質をつくる相談薬局です。

会社名 : 漢方薬局けんこう屋
住所 : 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL : 078-371-4193

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

卵巣のう腫に悩んで漢方を依頼しました。

卵巣のう腫や子宮内膜症の原因を医師に聞くと、「今のところ...

I・I
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
介護いらずの長寿タンパク アルブミン
イメージ

梅雨入りしてはじめて、本格的な雨になりました。これから湿気の多い毎日が続きます。どうぞお大事にお過ご...

[ けんこう通信 ]

必用なミネラル亜鉛について
イメージ

風が爽やかに吹き抜ける5月に入りました。 気持ちの良い季節を元気にお過ごしください。 今月は亜鉛が医...

[ けんこう通信 ]

春先の胃不定愁訴・機能性ディスペプシア
イメージ

 4月に入り各地の桜の花も開花し、いよいよ春本番の季節になりました。 今年の2月~3月の季節の変わり目...

[ けんこう通信 ]

プロバイオティクスと脳・神経疾患
イメージ

3月から4月にかけて陽気も春らしくなり、気温が上がったり下がったりする頃は自律神経も乱れやすい季節で...

[ けんこう通信 ]

炎症という現象について
イメージ

明けましておめでとうございます。今年も健康に関する情報を発信して参ります。どうぞよろしくお願いしま...

[ けんこう通信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ