コラム

 公開日: 2009-09-28  最終更新日: 2014-08-01

誰にもあるカラダを守るチカラ


私たちは日常の中で「免疫力」とか「免疫力が落ちて・・・」といった言葉をよく耳にします。

この免疫力とは、病気が発病する前にその病気を防いだり、病気になってしまったカラダを元通りの元気なカラダに
もどす不思議な力のことです。


これは誰もが持っている私たちのカラダの中にある病気を自然に治してくれる働きのことで、「自然治癒力」とよばれています。

現代には、さまざまな病気がありますが、その多くは私たちがもともと持っている免疫の力を高めれば治す事ができます。

そのためには、生活の中で免疫力の低下を防ぎ、高めてゆく事が重要です。


自然治癒力を高める事が、病気にならないカラダを作る秘訣です。



コラム一覧
http://pro.mbp-kobe.com/kenkouya/column/



●ホームページ
 http://www.e-kenkouya.com/

●Yahoo!! ブログ  「漢方薬★日々に新たなり」 
 http://blogs.yahoo.co.jp/kazu_kenkouya

● ***生薬を学べるマガジンです。***
 「漢方薬の驚異」  登録・解除は下記まで
 http://www.mag2.com/m/0000203490.html


この記事を書いたプロ

漢方薬局けんこう屋 [ホームページ]

薬剤師 松原一彦

兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL:078-371-4193

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

2年半前に、右乳房の乳がん切除手術後、放射線、抗がん剤治療を行ってきました。抗がん剤による副作用で、顔のほてり、右手の痛み・しびれが続き、肩も上がらな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
漢方薬のプロ 松原一彦さん

病を治すのは、自身の生活を治すこと(1/3)

 漢方は、中国の漢時代から三国六朝時代にかけて体系づくられ、漢民族が確立したことから「漢方」薬と呼ばれています。「人には元気になろうとする力(自然治癒力)が備わっています。その能力を助け、発揮できるように手助けするのが漢方の持つ力なんです...

松原一彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

本格的な漢方薬で、新しい健康体質をつくる相談薬局です。

会社名 : 漢方薬局けんこう屋
住所 : 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL : 078-371-4193

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

不妊治療がうまくいっていない自分の精神状態をリラックスさせてくれました。

松原先生とお話しして信頼して、精神面でリラックスして続け...

K・M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
5月の体調不良の乗り切り方
イメージ

毎年、5月になると体調を崩す方がおられます。5月病は一時的に済む場合もありますが、その状態が長く続き、...

[ けんこう通信 ]

黄砂が花粉症患者に与える影響は?
イメージ

今年は春の訪れが早く、桜の花も満開となりました。4月に入ると少しずつ散り始めました。一気に駆け抜け...

[ けんこう通信 ]

もれている腸・リーキーガット症候群とは?
イメージ

厳しい寒さが続きましたが、ようやく春一番が吹き、 春の訪れを感じる季節になってきました。まだまだ寒い...

[ けんこう通信 ]

健康もダイエットも、腸内細菌がポイント
イメージ

寒い毎日が続き、インフルエンザが大流行しています。仕事場で休んでいる人が多いとか、学級閉鎖・学年閉鎖...

[ けんこう通信 ]

新年から気をつけたい糖尿病
イメージ

新年が明けましておめでとうございます。今年も元気な毎日を送りたいものです。年末・年始は何かと食べ...

[ けんこう通信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ