コラム

 公開日: 2010-09-29  最終更新日: 2011-02-09

糖尿病の新しい原因?


やっと秋らしい季節になってきました。

いよいよ、食欲の秋。
食べ過ぎには注意したいですね。

先日、このような記事がありました。

**********************************************************************************

<2型糖尿病>骨髄、胸腺移植で正常に 動物実験で関西医大
毎日新聞 9月13日(月)15時0分配信

 肥満など生活習慣の乱れで発症する「2型糖尿病」を、骨髄と胸腺の同時移植で
治療する動物実験に関西医科大の池原進教授、李銘講師(幹細胞異常症学)らが成功した。

国内の糖尿病患者の95%を占める2型糖尿病の発症の仕組みの解明や、新しい治療法開発に
つながる可能性がある。
14日にイスラエルでのシンポジウムで発表し、近く米医学誌「ジャーナル・オブ・オートイミュニティ」に
論文が掲載される。

 血糖値を下げるインスリンは膵臓(すいぞう)のβ細胞で作られる。
免疫を担うリンパ球の一種、T細胞が、β細胞を異物と誤認して破壊し、インスリンが枯渇するのが
「自己免疫疾患」の1型糖尿病だ。

一方、「生活習慣病」の2型は老化や肥満でインスリンの分泌や機能が落ちるのが原因とされるが、
近年、2型も免疫系の異常でインスリンの機能が妨げられることが原因との説が出ている。

池原教授は85年、1型糖尿病マウスに骨髄移植をし発症を抑えることに成功。
今回、2型で実験を試みた。
2型マウスに骨髄移植をしただけでは効果はなかったが、骨髄と胸腺を同時に移植すると
10匹のマウスすべての血糖値が正常値に戻った。
また細胞の表面でインスリンを受け取る受容体に起きていた異常も正常化した。

骨髄内の造血幹細胞は胸腺に移動後、T細胞に分化し、自己細胞を正確に認識するよう
「教育」を受ける。

池原教授らは、骨髄と胸腺の機能が両方正常でないと、この教育プロセスに不具合が起き、
2型を発症する可能性があると指摘、同時移植で治療効果が出たと見る。

「2型糖尿病も自己免疫疾患の側面がある証拠を示せたと思う。
より詳しい仕組みの解明が必要だが、治療法への応用に向け、研究を進めたい」と話している。

**********************************************************************************

糖尿病は、1型と2型に分けられています。

1型は自己免疫疾患と考えられていて、子供などにも発症する糖尿病。
そして、2型は成人の肥満・老化によって起こってくる生活習慣病とされています。

今回の研究では、2型糖尿病も免疫異常の可能性が出てきました。

食事・運動療法では、なかなか治りにくい糖尿病。

もし、免疫の異常が絡んでいるならば、これからの糖尿病治療のアプローチも
大きく変わってくると思います。

漢方薬を服用していると、糖尿病の血糖値が落ち着ついてくるのは
免疫系に働きかけている可能性も十分考えられると思います。



■□■□■マイベストプロ神戸■□■□■

漢方薬のプロ 松原一彦の取材記事はこちら
『病を治すのは、自身の生活を治すこと』
http://pro.mbp-kobe.com/kenkouya/

*******************************************
神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。
がん、アトピー、子宮内膜症、自己免疫疾患、リウマチなど

食養生も大切にしている
『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。
http://www.e-kenkouya.com/
【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】
********************************************

この記事を書いたプロ

漢方薬局けんこう屋 [ホームページ]

薬剤師 松原一彦

兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL:078-371-4193

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

2年半前に、右乳房の乳がん切除手術後、放射線、抗がん剤治療を行ってきました。抗がん剤による副作用で、顔のほてり、右手の痛み・しびれが続き、肩も上がらな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
松原一彦 まつばらかずひこ

病を治すのは、自身の生活を治すこと(1/3)

 漢方は、中国の漢時代から三国六朝時代にかけて体系づくられ、漢民族が確立したことから「漢方」薬と呼ばれています。「人には元気になろうとする力(自然治癒力)が備わっています。その能力を助け、発揮できるように手助けするのが漢方の持つ力なんです...

松原一彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

本格的な漢方薬で、新しい健康体質をつくる相談薬局です。

会社名 : 漢方薬局けんこう屋
住所 : 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL : 078-371-4193

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

卵巣のう腫に悩んで漢方を依頼しました。

卵巣のう腫や子宮内膜症の原因を医師に聞くと、「今のところ...

I・I
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不快な症状と体の治癒反応
イメージ

急激に寒くなって、風邪をひいている方が多いこの頃です。気温変動が大きいこの季節、どうぞお大事にお過し...

[ けんこう通信 ]

高齢者に安全な漢方療法
イメージ

今年は湿気も多く厳しい残暑でしたが、ようやく朝夕は過ごしやすい季節になりました。気温変動が大きいので...

[ けんこう通信 ]

夏の終わりの夏バテ対策 ! !
イメージ

残暑厳しい毎日が続いています。単なる夏バテと言っても、 軽い症状から点滴しても回復しない重症タイプまで...

[ けんこう通信 ]

疲労感の蓄積に注意 !!
イメージ

猛暑日が続いています。 暑さから食欲不振になったり、睡眠のリズムが乱れて体調を崩しがちな季節です。...

[ けんこう通信 ]

意外と多い夏の脳梗塞
イメージ

7月に入り湿気の多い蒸し暑い日々が続いています。 高温多湿の日々が続くと夏バテしやすくなります。特に冷...

[ けんこう通信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ