プロTOP:松原一彦プロのご紹介

病を治すのは、自身の生活を治すこと(3/3)

松原一彦 健康相談風景

病を知り、自分の体を知る

 病の症状を知っただけでは薬は効能を発揮しないと、松原さんは言います。
「漢方用語には『寒熱(かんねつ)』という言葉があり、とても重要視されています。患部に対して冷やせばいい病なのか、それとも温めればいい病なのか、それとも別の方法があるのか…などを知ることが大切なんです。これを間違ってしまうと、病はますます悪化してしまいます。
 例えば冷え性で慢性の生理痛・頭痛をお持ちの方が来店されたとき、解熱消炎鎮痛剤を長期連用されていたのですが、体を温める漢方薬で症状が改善されました。体は冷えきっていたんですね。」
 病の原因は食生活か?ライフスタイルか?
 小さな「病」を発見したら、今度は体全体を、さらに外を見る。疾患の部分だけに注目しすぎて、忘れてしまった大きな視野。
「からだ全体を診る」というこの考えが、漢方=東洋医療が注目を浴びている理由の1つかもしれません。

「良い匂いですか? きっとあなたが求めている漢方かもしれませんね。匂いというのも大切なんですよ」
 冷え性で多汗症でもある私に、松原さんはいろいろな漢方を取り出して見せてくれました。
 松原さんの話を聞きながら、自分の生活をふと振り返ると…最近暑いからビールばっかり飲んでたなぁ…反省。
「これはみかんの皮を乾燥させたものです。胃腸系に働きかける漢方です」
 なるほど。じゃ私もそれ飲めばいいのかな。
「いえいえ。きちんと体質にあった漢方を服用しないと。すべての薬にいえる事ですが、漢方は間違うと“諸刃の刃”となりかねませんから」
 病を考えることは、自分の体、生活を考え、見直すきっかけなのかもしれません。

(2009年7月 現在)

最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

2年半前に、右乳房の乳がん切除手術後、放射線、抗がん剤治療を行ってきました。抗がん剤による副作用で、顔のほてり、右手の痛み・しびれが続き、肩も上がらな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

松原一彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

本格的な漢方薬で、新しい健康体質をつくる相談薬局です。

会社名 : 漢方薬局けんこう屋
住所 : 兵庫県神戸市中央区楠町6丁目12-20-101 [地図]
TEL : 078-371-4193

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-371-4193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松原一彦(まつばらかずひこ)

漢方薬局けんこう屋

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

膀胱がん (66才) 女性

平成26年からお世話になりました。 入院して放射線療法、抗癌...

I・S
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新年から気をつけたい糖尿病
イメージ

新年が明けましておめでとうございます。今年も元気な毎日を送りたいものです。年末・年始は何かと食べ...

[ けんこう通信 ]

冬は特に気をつけたい肺炎について
イメージ

今年も残り少なくなり、街も慌ただしい季節になってまいりました。 今年の秋は大変に短く、一気に冬の寒さと...

[ けんこう通信 ]

血圧急上昇の血圧サージとは?
イメージ

すっかり寒くなり、冬の訪れを感じる季節です。紅葉が美しく、美味しい食べ物もたくさん出てくる頃なので元気...

[ けんこう通信 ]

秋に気をつけたい免疫低下
イメージ

朝夕は肌寒く感じる季節になりました。食欲が増して元気になる季節ですが、この季節の変わり目に体調を崩さ...

[ けんこう通信 ]

湿気の多い季節の夏バテ対策
イメージ

湿気の多い毎日が続いています。汗をかいても蒸発しないので、体に熱がこもり体力が奪われます。その結果...

[ けんこう通信 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

松原一彦のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は松原一彦さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
Twitter
2017-12-29
google-plus
Google+
ページの先頭へ