コラム

 公開日: 2016-09-27 

【ハイハイ講座開催 ご報告7/3~4】

テーマ:健康づくり推進機構BTB

【ハイハイ講座開催 ご報告】

健康づくり推進機構BTB理事
北海道 稚内在住、門間奈月です。

過日、7月3日~4日
「ハイハイプロジェクト」の一環で、
樋口 和子講師の『ハイハイ講座』を
北海道初、宗谷管内の浜頓別町・幌延町で開催しました。

樋口講師の豊富な知識と経験から溢れ出すお話は聴いている誰もが夢中になり、特に専門職のみなさんは、日頃感じていることや親御さんに伝えていることの裏付けされたエピソード、事例を聴いて腑に落ちていたようでした。




【受講者の声】

◯生まれてから立ち上がり歩きだすまでの発育・発達が、身体活動の基本であり、その一つ一つに意味があることを改めて考えさせられました。ハイハイが少なかった子でも、遊びの中で補うことができることを知りました。保育の中でいろいろな動作を取り入れていこうと思います。

◯「ハイハイすることが大切だ」ということは耳にしていたのですが、どうして重要かということを具体的な事例などを通してわかりやすく説明して頂き、改めて重要性を理解することができました。体の使い方がぎこちない子が増えていることを感じていたところだったので、今回学んだ運動あそびを日々の保育に早速役立て、子ども達の体づくりの基礎を育んでいけたらいいなと思いました。

◯講師の先生がわかりやすく写真も交えて説明してくださったので勉強になりました。写真だけでなく、初めに「自分のクラスの子を想像して下さい」と言ってくださり、最初は説明と、自分が想像した子が合致しなかったのですが、講習を受け終わる時には、「だからこの子は腕の力が弱いのかな」と気づくことができました。サーキットを部屋に組むなど、講習会で学んだことをたくさん取り入れていきたいと思いました。

◯保育士として働く前に子どもを産んだので、今よりも子どもに対する知識も少なく、育児に関してはわからないことだらけでした。自分の子どもはちゃんと成長しているのだろうかと、周りと比べてしまうことも多く、成長は遅いよりは早い方が良い(安心)と、何でも早め早めにと進めていました。しかし、今回の講習会で私の考えは間違いだったことに気づかされ、改めて「成長」について考えさせられました。きっと私と同じように悩んだり、焦っているお母さんお父さんはたくさんいると思います。お腹の中に子どもがいる時にこの講習会を受けていたら、産んでからもう少し余裕をもって育児ができただろうとなと思いました。

◯「子どもの発達に飛び級はない」は、まさに名言ですね。お母さん達も頭では理解できていますが、なかなか周りと比べたり気になったりして、焦っている様子がみられます。この講習会を受けられたお母さんは、とても安心したのではないかと思います。もちろん、専門家の私たちも改めて勉強になりました。

◯保健師としては、ハイハイがなぜ必要なのかということの裏付けがしっかりとわかり、母親たちに伝えられる自信につながりました。

◯一般の母親だけでなく、祖父母世代にも聞いてもらうことができ、「ハイハイさせるようにしています」 「サークル取りました」などの声が乳児相談や健診の場面で聞かれたのが、とてもうれしかった。

◯母親たちだけでなく、地域の方にも聞いてもらえたことで、地域の子どもたちの発育・発達につながる環境が増えるんだと感じた。

◯ハイハイ冊子を読んだ6年生の息子がはいはいの大切さを語っていました。

◯保健師が、個々の母親にハイハイ等の必要性を伝えるだけでなく、樋口先生に事例を通して伝えていただく機会があって、本当によかったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この度の『ハイハイ講座』で、
乳幼児期の身体活動やからだを使った遊びの必要性や意味がみなさんに伝わったと思います。  

子どもの発育発達を知ることで、何が良いのか、どのように工夫し関わったら良いのか気付きが多かった様です。

私も、改めて赤ちゃんの発育発達の意味を深く知ることができ、今後の指導が今まで以上に意味あるものになると自信になりました。

また、今回の気づきは、「連携」すること。

地域のこどもを地域の大人みんなで、それぞれの立場で関わり育てていく大切さを実感しました。

現場で活かしていただき、連携していくために、行政や保育園、子育て支援センターなどへの働きかけも重要であり、専門職の方々と連携の上で、子どもの発育発達の状態に合わせてお母さんお父さんに適切をしていくことが定着に繋がると思いました。

最後になりましたが、ハイハイ講座を宗谷で開催の提案に快くご賛同いただき、主催下さった浜頓別町、幌延町の皆様に心から感謝いたします。

そして、連日想いを込めて熱く講座をしてくださった樋口講師、本当にありがとうございました。

今後も北海道の子ども達が元気に育ち、大人もイキイキ健康で子どもと関わり、北海道から日本の元気の創造に貢献できるよう努めていく所存です。

この記事を書いたプロ

NPO法人 健康づくり推進機構BTB [ホームページ]

コーチ 森西美香

兵庫県神戸市垂水区高丸2-1-36 [地図]
TEL:078-766-6601

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
森西美香 もりにしみか

神戸から発信。心と体の健康支援で、東北、日本を元気に(1/3)

東日本大震災から3年以上経ち、震災に関する報道も徐々に少なくなっていますが、被災地に暮らす人々は今も切実な問題を抱えながら生きています。その一つが、健康問題。原発事故による放射能への不安から子どもたちは運動不足に陥っています。また高齢者は引...

森西美香プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

東北の被災地に永続的な「心と体の健康づくり」支援体制を構築

会社名 : NPO法人 健康づくり推進機構BTB
住所 : 兵庫県神戸市垂水区高丸2-1-36 [地図]
TEL : 078-766-6601

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-6601

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森西美香(もりにしみか)

NPO法人 健康づくり推進機構BTB

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
新年のご挨拶
イメージ

あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いいたします初めての投稿です。少しドキドキしていま...

食べ物の消化時間!!(こうべ元気体操サークル)
イメージ

みなさま、こんにちは。こうべ元気体操サークル〜はじめの一歩編〜担当の井上春菜です。いつも始める前に、...

[ BTB ]

最後は寝てしまってるママも・・・(おや、ねっこセミナー)
イメージ

こうべ元気体操教室ママと赤ちゃんの担当、平田智恵です。先週24日の木曜日は2回目の長田公民館。ママのた...

[ BTB ]

「元気な心と身体づくり」被災地健康運動支援
イメージ

10月報告書UPしました。http://kenko-btb.org/topic/happysapo/BTBは、被災地健康運動支援を継続してい...

[ BTB ]

「おしりを鍛えると尿もれ予防になるの?」(こうべ元気体操サークル)
イメージ

みなさま、こんにちは。こうべ元気体操サークル〜はじめの一歩編〜担当の井上春菜です。参加者のある方から...

[ BTB ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ