コラム

 公開日: 2016-04-22 

【熊本支援】ヨガ、脳のしくみ、安心をつくる不安対応方法

この度の熊本地震で被災された方々に、
心より哀悼とお見舞いを申し上げます。

エコノミー症候で死亡者がでました。
助かった命、、、ほんとうに残念でなりません。

健康が復興にどんなに必要か実感します。

ただいま熊本の指導者さんたちが、自身も被災地 されながら活動準備にはいられました。


BTBは、現地の方が活動できるよう情報をまとめ活動や資金の支援をしています。

東北支援活動5年、復興はまだこれからです。引き続き続けながら、熊本も全力で応援します!


発災後、数週間は安全、物資などの支援が必要な状態が続き、後、心理的な影響が表面化してきます。

被災地では、心とカラダの健康を損なう二次災害がおこります。


他に、避難されている方以外の人たちも、TV等の映像を見たり、情報を聴いたり、余震を感じることで追体験をしています。


熊本のお母さんたちの声
地震を体験し、今後の子どもがどうなるか心配という声が多く今よりこれからが心配。
そして、子どもの音への反応。
緊急地震速報のアラームの影響で、過剰な反応がみられます。


【 第一弾】
東日本大震災時にも仙台で開催していましたセミナーを熊本の被害が少ない場所から行ないます。


「心とカラダの繋がり」
~安定した自分でいるために「心の中心」と繋がる~
ヨガ、脳のしくみ、安心をつくる不安対応方法


講師:平野いずみ

場所:荒尾市妙国寺

日時:5月6日

時間:12:30~14:00


チームBTBでは、復興支援の体制をとっています。
微力ですがいつでもご連絡ください。

NPO健康づくり推進機構BTB
info@kenko-btb.org

この記事を書いたプロ

NPO法人 健康づくり推進機構BTB [ホームページ]

コーチ 森西美香

兵庫県神戸市垂水区高丸2-1-36 [地図]
TEL:078-766-6601

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
森西美香 もりにしみか

神戸から発信。心とカラダの健康支援で、東北、日本を元気に(1/3)

東日本大震災から3年以上経ち、震災に関する報道も徐々に少なくなっていますが、被災地に暮らす人々は今も切実な問題を抱えながら生きています。その一つが、健康問題。原発事故による放射能への不安から子どもたちは運動不足に陥っています。また高齢者は引...

森西美香プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

被災地に永続的な「心とカラダの健康づくり」支援体制を構築

会社名 : NPO法人 健康づくり推進機構BTB
住所 : 兵庫県神戸市垂水区高丸2-1-36 [地図]
TEL : 078-766-6601

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-6601

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森西美香(もりにしみか)

NPO法人 健康づくり推進機構BTB

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
新年のご挨拶
イメージ

あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いいたします初めての投稿です。少しドキドキしていま...

熊本 Fan&Fit『幼児への運動によるリフレッシュ事業』へ支援します
イメージ

〜平成29年度の事業計画と予算確保に向けて〜熊本 Fan&Fit『幼児への運動によるリフレッシュ事業』この...

[ BTB ]

【BTBイベント報告】「今生きている時間は、誰かが生きたかった時間」
イメージ

イベントから一週間がたちました。報告書が仕上がりました。再度、お礼とともに。私の振り返りを。現...

[ BTB ]

今日はよく歩いたな!と思う日にしてほしい(こうべ元気体操サークル)
イメージ

みなさま、こんにちは。こうべ元気体操サークル〜はじめの一歩編〜担当の井上春菜です。だいぶ春を感じる季...

[ BTB ]

「命は宝」BTB健康チャリティーイベントありがとうございました。
イメージ

「命は宝」BTB健康チャリティーイベントありがとうございました。沢山の方の思いや支えて終了できたこと...

[ BTB ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ