コラム

 公開日: 2015-11-25 

【支援のご協力お願いします】

あの日の大川小学校の校庭から学ぶものと題して「佐藤敏郎氏」をお招きし講演をしていただきます。

「考えてみてください」
学校やクラブ、組織、家族
指導者、講師、インストラクター、保護者、、、
私たちは、命を預かり、守り、輝かせる一員です。

少し長いです。
お時間いただけましたら、読んでください。

大川小学校で娘を亡くされた、佐藤先生
中学校の教師をされていましたが、この春退職し、講演活動を始められました。

この講演は、
「いのちの意味を考える」
「知っていれば守れるいのちがある」
「知れば、未来は変えられる」
をコンセプトに、人間が本来持つ
「いのちを守る行動」を、
心に響く言葉とアクションで、
「自分ゴト」に取り戻していきます。

「あの日の教え」を、
あなたと、あなたの大切な人の
「いのちを守る学び」に。

他地域で開催された時に掲載された文章を引用しご紹介します。

佐藤先生
「橋のたもとに30人ぐらいの泥だらけの小さな遺体が、ブルーシートにかぶせられていた。
その中の1人が、うちの娘だった。顔をふいてあげて、全部知っている子たち。
腕にガムテープで名前を書いてあげて、1人1人みんな軽トラックに積みこむしかない。
“もの”と同じです。」

学校は、なぜ子どもの命を守ることができなかったのか。
佐藤さんは、同じ教師として4年半ずっと考えてきました。

全校児童108人のうち、74人が犠牲になった大川小学校。

学校は川のそばに位置し、校庭の脇には山があります。

あの日、大きな揺れを感じた児童たちは、教師の誘導のもと校庭に移動し、しばらく待機。

そして向かったのは、学校の脇にある山ではなく、校庭より高い川の近くの交差点でした。

佐藤さんは市の教育委員会に対して、当時の状況を調べて明らかにするよう訴えましたが、納得のいく説明はありませんでした。

震災から3年後にまとまった国主導の第三者委員会の結論も、佐藤さんにとって期待外れのものでした。
報告書では、避難の判断の遅れや避難の方向を誤ったことが被害を拡大させたと指摘しました。

しかし、なぜ判断が遅れたのか、なぜ方向を誤ったのか、佐藤さんがもっとも知りたかったことは
「関係者が死亡し、明らかにできなかった」とされたのです。

このままでは、同じようなことが繰り返されてしまうのではないか。
佐藤さんは学校を退職。

自分で調べてきたことやそこから気づいたことを1人でも多くの人に伝えることにしたのです。

まずは、あの日起こったことを知り、自分の心で感じること。

そして、今までの防災に関する考え方や方法を根本から見直し、
内容を進化させ、たくさんの人たちの想いと協力により、大きく成長させること。

一人でも多くの人の意識変容と、
具体的なアクションを促すことで、いざという時に、自分で考え、行動できる人を増やし、
次に来る災害の時に、一つでも多くのいのちを守りたいと思っています。

NHK 「大川小遺族の思い 全国の教師に伝えたい」
http://www9.nhk.or.jp/nw9/marugoto/2015/09/0911.html

…………………………………………

佐藤先生は笑顔で話してくださいました。

対立では解決しない。
調和をとり、現実と向き合い、
今の命を大切に未来に繋げたい。

どんなに辛かっただろう、、、

教育者、遺族
どちらの立場もわかる先生のお話し。
多くの方に聴いていただきたい。

【支援金のご協力お願いします】
先生をお招きする資金、生きる力を育む活動資金を募っています。
是非、ご協力お願いします。

【2通りの支援方法があります】

《2016年チャリティーTシャツ購入》
・1枚¥2,500

詳細はHPでご確認ください。
http://mpp-forest.jimdo.com/

…………………………………………
《支援金のご協力》

「Tシャツは既にあるので」と思われている方。

支援金のご協力をお願いします。

一口1,000円〜

詳細は下記のフォームへ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c3ceb7a0385635

【「命は宝」特別講演会】
小さな命の意味を考える
〜あの日の大川小学校の校庭から学ぶ〜
2016年3月12日土曜日
15時〜17時



神戸から東北へ
【健康チャリティーイベント】
2016年3月13日日曜日
10時30分〜16時



主催
NPO健康づくり推進機構BTB
http://kenko-btb.org/

命は宝 チームBTB
http://mpp-forest.jimdo.com

復興支援から始まった活動も4年が過ぎました。事実を向き合い、受入れるところから、今は未来に向かって一歩前進して行くための支援を行っています。
「命は宝」できる人が、できる事を、繋げます。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いたプロ

NPO法人 健康づくり推進機構BTB [ホームページ]

コーチ 森西美香

兵庫県神戸市垂水区高丸2-1-36 [地図]
TEL:078-766-6601

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
森西美香 もりにしみか

神戸から発信。心と体の健康支援で、東北、日本を元気に(1/3)

東日本大震災から3年以上経ち、震災に関する報道も徐々に少なくなっていますが、被災地に暮らす人々は今も切実な問題を抱えながら生きています。その一つが、健康問題。原発事故による放射能への不安から子どもたちは運動不足に陥っています。また高齢者は引...

森西美香プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

東北の被災地に永続的な「心と体の健康づくり」支援体制を構築

会社名 : NPO法人 健康づくり推進機構BTB
住所 : 兵庫県神戸市垂水区高丸2-1-36 [地図]
TEL : 078-766-6601

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-766-6601

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森西美香(もりにしみか)

NPO法人 健康づくり推進機構BTB

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
新年のご挨拶
イメージ

あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いいたします初めての投稿です。少しドキドキしていま...

最後は寝てしまってるママも・・・(おや、ねっこセミナー)
イメージ

こうべ元気体操教室ママと赤ちゃんの担当、平田智恵です。先週24日の木曜日は2回目の長田公民館。ママのた...

[ BTB ]

「元気な心と身体づくり」被災地健康運動支援
イメージ

10月報告書UPしました。http://kenko-btb.org/topic/happysapo/BTBは、被災地健康運動支援を継続してい...

[ BTB ]

「おしりを鍛えると尿もれ予防になるの?」(こうべ元気体操サークル)
イメージ

みなさま、こんにちは。こうべ元気体操サークル〜はじめの一歩編〜担当の井上春菜です。参加者のある方から...

[ BTB ]

熊本を訪問しています。
イメージ

今朝の東北の地震、みなさまは大丈夫でしたでしょうか?熊本で地震の一報を知りました。熊本では、震災...

[ BTB ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ