コラム

 公開日: 2015-08-23 

神戸市から赤穂市までの地元密着に拘る仲人の婚活の考え方。


私が得意としている地域は結婚物語。がある加古川市を初め、
東は神戸市から
西は相生市、赤穂市ぐらいまでが得意な地域です。

加古川市、高砂市、神戸市、明石市、加古郡稲美町、播磨町、
高砂市、姫路市、相生市、赤穂市、小野市、三木市、加西市、西脇市、加東市、神埼郡などなどです。

もちろん、その他の地域でも対応させて頂きますし、現地にもお邪魔致します。
現在もこの地域以外の会員さまも結婚物語。で婚活を頑張っていらっしゃいます。

まず初めに「結婚相談所に入会したからこれで安心!」ではありません。
今から始まるのです。
簡単に結婚が決まるとは思わないでください。
簡単に結婚が決まっていないあなたは今、とても慎重になっていますし、
結婚相談所に過剰な期待をしているかもしれません。
今から始まる婚活は決して楽しい事ばかりではありませんが乗り越える事が出来る事ばかりです。
必ず、かならず、乗り越える事がきますから諦めないでくださいね!
諦めずに一緒に頑張りましょう。
ひとりでは難しい事でも私達と一緒だと乗り越える事もが出来ます。
何でも気軽にお話しください。

私達は、ひとりひとりのあなたに合った方法とスピードで婚活をお手伝いいたします。

結婚相談所では「あなたは結婚できる!」と言い切る事はありません。
それは約束できないからです。
でも、結婚できる人と、出来ない人は見ていてわかります。
結婚出来ない人、婚活が長引いている人は、思い切って今までと違う婚活をする事をオススメ致します。

結婚出来ない人とできる人の違いは、モテる人とモテない人ではありません。
モテるから必ず結婚が出来るわけでも、結婚が早いわけではありません。

そして、今まで全然モテないから結婚が出来ない訳でも遅いわけでもありません。
これは考え方ひとつです。
これを読んでいるあなたは今すぐに、考え方を変えてください。
今までの婚活は忘れてください。
と書くと、男性の誰もがかわいい美人と結婚できる方法と勘違いされますがお間違えの無いようにあえて書かせて頂きます。

私がオススメする婚活は
「低年収の方でも素敵な誰もが望む美女と結婚する方法」を紹介するつもりはありません。真面目で素直で向上心がある男性の方々は既に理解していることだと思います。

今回お伝えしたいのは・・・
外見に惑わされてはいけない。
目で見て素敵な人だけが良いのではない。という事です。

例えば年収が500万円あればモテるのだろうか?という事。
もっと書くと、年収1000万円になったらモテモテなのだろうか?
という事実です。

これは結婚相談所だからこそわかる真実です。

答えは、モテる! です。

モテるか、モテないかで言うと、モテる。です。
答えは2つしかないから、モテる。と書かざるを得ません。
と言うのが本当のところです。

なんだ!やっぱり金か! それなら俺は無理じゃん、あかんやん!とお思いの方もたくさいらっしゃるでしょうが、最後まで読んでくださいね、

誤解の無いように書きますが、結婚出来る!ではなく、モテる。の話です。

たとえば、あなたがモデルとなった場合、
あなたの年収が300万、500万、800万、1000万と4人のあなたが居たとしましょう。
その場合、一番モテるのは1000万のあなたです。と言う話です。
おわかり頂けましたか?

現実では30~38歳ぐらいの男性で年収が高い方にお見合いのお申し込みが集中し、お見合いが成立する可能性が高いのは事実です。
特に、高身長、高学歴、高年収、爽やかなお顔立ち、次男・・・と女性から求める条件が整えば整うほどお申し込みの数は比例してUPします。
ただ、言えることはモテますが、これが必ずしも結婚に直接結びついているわけではないと思います。
会える数は増えますが結婚するのはお互いにお互いを認め合わなければなしませんし、性格や価値観、など目に見えない部分が会ってからは重要視されます。

という事は、好条件の人でもお見合は出来るが性格や価値観が違えば交際には発展しないという事です。
年収が1000万でも性格の悪い男性とはだれも結婚したがらないという事です。

会うまでは、好条件が好まれるが、会ってから内面的な性格や価値観、優しさ、思いやりを重要視する女性が殆どだと思います。

お見合いをたくさんできる方が有利ではありますが、成長しない進歩の無いお見合いを重ねている好条件の男性より、ひとつひとつのお見合いを大切に経験として前向きに女性が何を求めているのか?をテーマとして女性に会い続ける努力が次のお見合い相手の女性の心を動かすのだと思います。
もちろん、その前にはお断りや交際終了の辛い試練を乗り越えなければいけませんが、それを乗り越えるからこそ、人の心の痛みがわかる、女性の求めていることがわかる男性に成長できるのではないでしょうか?
これは結婚する為だけではなく、結婚してからも役立つことですから経験して学んでおいて得しかありません。
大切なのは、女性の外見ばかりに惑わされず、本当の自分をしっかりと見てくれる女性を探してみませんか?
大切なのは心の美人です。
この事を理解して婚活を続けることによって、本当の美人が見えてきます。
本当に自分に相応しい美人(心の)と成婚する為には、失敗を恐れずに自分の変化を楽しみましょう。

楽しさ、安心、思いやり。これを持ち続ける男性になってください!
私が応援致します!

この記事を書いたプロ

株式会社けっこんものがたり [ホームページ]

結婚コンサルタント 苅谷昌浩

兵庫県加古川市東神吉町升田709-9 [地図]
TEL:0794-31-3120

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
加西市連携婚活

2014年4月より、加西市と提携し婚活お見合いパーティ、親御様相談会を開催いたします。スケジュールは下記の通りです。加西市提携コラボ事業「ミドルエイジ婚活」...

親が始める「親の婚活」
苅谷 昌浩

息子の為・・・、娘の為・・・、と勝手な思い込みで間違った婚活を押しつけていませんか?もう一度、正しい婚活を見直しましょう!息子の為に、娘の為に、もう一度...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
結婚相談所「結婚物語。」のメインアドバイザー、苅谷昌浩さん。すてきなパートナーと巡り合うための恋愛テクニックを教えまてくれます

本気で結婚したい男女を真剣にバックアップ(1/3)

 近年、結婚相談所やお見合いサービスが増加し、ネットはもちろん、市町村などの自治体も力を入れる時代になりました。結婚相談所の「結婚物語。」は、日本最大級のIBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟。40,000名以上の会員の中からパートナーを探し、...

苅谷昌浩プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

ライバルより半歩前へ抜け出せる婚活を提案している結婚物語。

会社名 : 株式会社けっこんものがたり
住所 : 兵庫県加古川市東神吉町升田709-9 [地図]
TEL : 0794-31-3120

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0794-31-3120

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

苅谷昌浩(かりやまさひろ)

株式会社けっこんものがたり

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

苅谷さんに相談をして不安は一気になくなりました。考え方は180度変わりました!

結婚はしたいけど、出会いもなく、理想の相手に巡り合えなか...

S・O
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
結婚相談所への入会を迷っている方に送るアドバイス

 問合せを頂きました 私の回りで結婚相談所に行くかどうか迷っている人がいて・・・。何から始めたらよいか...

[ 結婚したい方へのアドバイス ]

結婚したいと思える相手を見つけるために自分の何を変えれば良いのか?

1年以内に結婚する。出来る人と出来ない人の考え方の絶対的な「差」があります。 婚活のために1日1時間、自...

[ 結婚したい方へのアドバイス ]

本気で結婚したいと思う男性が生まれ変わる為の婚活方法、考え方について

 婚活でお断りや交際終了こそが いい男に生まれ変わるチャンスだと考えよう!突然ですが、①最近、失...

[ 結婚したい方へのアドバイス ]

加古川の結婚相談所 「結婚物語。」だから結婚出来ました!~Sさんの結婚物語。~

結婚物語。の実話、婚活3部作がとうとう最終回です。Sさんが入会されたのが3年前の春でした。サクラが...

[ 神戸のSさん結婚物語。結婚相談所に入会してから成婚退会まで ]

加西市との連携婚活、お見合い事業をこの春から開催いたします。
イメージ

 加西市で婚活!パーティー、お見合い、親御様婚活相談で結婚まで 加西市連携事業少子高齢化が進...

[ 加西市との連携婚活、お見合い ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ