コラム一覧 :健康

1件~13件(13件)

相談機関への患者さんの不満

「患者さんの不満」臨床の専門家は、患者さんが相談に来られて、多くは今困っていることを中心に経緯等を話されることを傾聴し、話しやすいように問いかけをしながら全体像をとらえていこうとします。そして「見立て」「方針」を仮設して患者さんと相談しながら方向性を決めていきます。その... 続きを読む

健康

2015-09-08

食べることとこころの関係

「食とこころ」食欲の秋といいますが、食と心はかなり密接な関係を持っています。心の問題で訪れる人の中には、「摂食障害」といった症状で苦しんでいる人たちがいます。健康のためのダイエットなら心の健康度では許容範囲ですが、太ることを極度に嫌い制限してしまいすぎて拒食になってしまっ... 続きを読む

健康

2014-09-30

のど元過ぎれば

「のど元過ぎれば」自分の心身に何か不都合なことが起こると、当然何らかの対処を行います。身体病なら医者に行くなり摂生をするなりして養生に努めるのが一般的には自然でしょう。そして生体的に数値などを見て回復具合がわかり、大病は別として安堵と同時に身体とのつきあい方を再確認し... 続きを読む

健康

2014-09-24

感覚

「感覚」最近スクールカウンセラーという制度で、ある田舎の小学生の授業を参観する機会が増えています。各学校のカラーによって様々ですが、自然に囲まれた学校ならさど身体能力も伸び伸びしているだろうと思って眺めていると、それが下半身の弱い子が多いのに驚かされます。授業中の椅子... 続きを読む

健康

2014-09-17

時の流れ

「時の流れ」人は「現在」を始点に「未来・先」を目指して自分の生活を組み立てて生活をしています。その先が「自立」にもつながっていきます。その際、あまりにも未来に想像・時間を置きすぎ、未来に身体ごとのめってしまうと「現在」の視点が揺らぎます。先の心配ばかりしたり、理想ばかりが先走... 続きを読む

健康

2014-09-02

視点

「視点」「専門家だから」ということで、それぞれの悩み・症状を取り除いてくれるだろうと素朴に思って相談機関に訪れることでしょう。それに対してできる限り早く収まり、解決できればと専門家のほうも思います。悩みとか症状はなくて毎日健康であることに越したことはありません。でもいつ... 続きを読む

健康

2014-08-26

色彩

「色彩」色は、目から入って大脳を刺激し,人の自律神経系やホルモンバランスなどに微妙に働きかけます。色で心に変化を与えてくれます。人それぞれに合った心の色があると思います。嬉しい時,悲しい時,晴れ晴れしている時,苦しい時,病んでいる時等々、それぞれの状態の時で色合いが違ってく... 続きを読む

健康

2014-08-23

せっかく

「せっかく」誰も自分に不都合なことは起こってほしくはないと思っている。病気もしかり、仕事・学業・対人関係・経済面等々うまくいってほしいと誰もが願って生活していることでしょう。しかしそうそううまくいかないのも生きていく中では何回も経験することでもあります。そのときに嘆... 続きを読む

健康

2014-08-18

心身の声

「心身の声」なんらかの理由で心が重くなり、そのため体調もおかしくなり何もする気がなくなる。反対に、何らかの原因で体調がおかしくなり、心も重くなり何もする気がなくなる。卵が先か鶏が先か的なことになりますが、原因がはっきりしている場合はそれなりの対処ができますが、「なんとなく... 続きを読む

健康

2014-08-02

こころ遊び

「こころ遊び」「人生の刻限」を出してみましょう。自分の年齢を「3」で割ってみてください。そこに出た数字を時計盤の時刻に照らし合わせたのが人生の刻限です。児童なら12歳で4時です。まだ夢の中で、無我夢中で体力やらいろんなものを吸収しているのでしょう。18歳は6時で朝日を浴びだし... 続きを読む

健康

2014-07-23

リズム

「リズム」5月病が去っていくかと思えば、梅雨の季節に入っていきます。日本には四季・旬があるように、心身にも四季・旬があり、ひいては人生もそのように思います。臨床の現場では、3月前後から5月前後、9月前後から11月前後に何かとせわしない問題が起こってきます。季節の変わり目なのでし... 続きを読む

健康

2014-07-09

体感

「体感」「おいしいと思って食べたことはない、とにかく空腹を満たすだけの食事」「心地よいと思って寝たことはない、眠いから眠る」「体をさわられても何も感じない、さわられるのはあまり好まない」等々、訪れる人たちとの会話の一部です。「食べる・眠る・排泄する」、これらは動物が生きてい... 続きを読む

健康

2014-07-04

ストレス

「ストレス」今、世の中はすごく便利になりました。1ヶ月前より「今」、1年前より「今」、10年前より「今」、というように昔と比べて便利になってきています。多くは物理的に便利になり、その恩恵として心にもゆとりが生まれるといったことでしょうが、どのように便利になったかのひとつに『安全』... 続きを読む

健康

2014-06-28

1件~13件(13件)

RSS
 
このプロの紹介記事
須田泰司 すだやすし

さまざまな悩みに対応する環境を持ち、時間をかけて心をケア(1/3)

 姫路市内で、多様な心の問題に対応している民間施設「京口カウンセリングセンター」。乳幼児から高齢者まで、各年代で出てくる心に関する問題で悩んでいる方々を対象にしています。 「十分に時間をかけるカウンセリングが主体です。臨床心理士がしっかり...

須田泰司プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもから成人まで心の悩みを具体的にサポートする実践機関です

事務所名 : 京口カウンセリングセンター
住所 : 兵庫県姫路市京口町105 [地図]
TEL : 079-222-3148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-222-3148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田泰司(すだやすし)

京口カウンセリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
仕事できる人のこころの知能指数(EQ)が高いわけ

仕事の出来る人のEQ(心の知能指数)が高いわけ仕事での成功はIQの高さにはあまり依存せず、むしろEQ(心の知...

[ 人間関係 ]

「行動しながら考える」
イメージ

「行動しながら考える」部屋の乱れと心の乱れは案外同じような面を持っているようです。ある女性は、学生時代...

[ 人間関係 ]

対人へのこだわり、将来への不安を抱えた青年

「対人へのこだわり、将来への不安を抱えた青年」人の中に入ると緊張から汗などが出て動きが止まってしまうこ...

[ 不登校 ]

発達障害とはなんだろう?

「発達障害」ある小学校で、教科書を写し取る授業がありました。全体を見渡すうちに、20人中6人の児童の写し...

[ 子育て ]

相談機関への患者さんの不満

「患者さんの不満」臨床の専門家は、患者さんが相談に来られて、多くは今困っていることを中心に経緯等を話さ...

[ 健康 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ