コラム

 公開日: 2017-05-19 

「発達障害」という診断を受けた少年

発達障害という診断を受けた中学生がいます。
特別支援学級という学級に所属し、専属の先生の基いろいろな学習を個別的に習っていきます。
その中で交流学級という名称で、一般に通ってきている同級生と授業を共にする時間があります。
中には、自分だけ特別ではなくみんなと同じように学校生活を送りたいという思いを子どもが主張し、保護者も同じ思いを持っていることは少なくありません。
みんなと同じように学ばせたいという思いは教師の方にあっても、しかしみんなと同じに過ごすにはスピード・リズムがずれることも否めなく集団行動が難しく悩ましい事態になることもありますし別々に学ぶことを説得されることもよくあります。
今回の彼もそうです。
表裏なく真面目に受け取った出来事をからかわれ悔しい苦い思いをしてきた経験から、できるだけ自分を制御して人とトラブルを起こさないように意識して日々を過ごしていても、同じ中学生ですから他の中学生も虫の居所が悪いことがあったりしてついちょっかいをかけられ、偶発的にトラブルになってしまうこともあります。
そんな時、彼の行動の方が表面的には目立ち注意の矛先は彼になってしまいやり玉にあがってしまいます。
親に連れられ、相手に土下座をしてまで謝ったことも数回あります。
流れの深層は、見る角度で、解釈する人間の価値観で違ってきます。
「○○くんが叩いた」「でも△△くんが先に嫌なことを言った、何度も言わないでと言ったのに!」「でも手を出したのは○○くんだ」「そうだ、そうだ○○くんが悪い!」。
この年代なら日常茶飯事で、こんなことをしながら加減や人の感じ方などを覚えていくのだろうと思います。
これをたわいのないこと、ほっておけばいいといったら、大きな批判が返ってくる現代かもしれません。
その彼がセンターの門をたたき、NPO法人「京口スコラ」に学校に行きながら通ってくるようになりました。
スコラでは、彼のスピード・リズム、興味の窓口に照準を合わせ、幅のある年齢層の人間関係の中に入って活動を重ねるうちに、次第に自分の信頼できる人がいる所、安心して活動できる場所として、今では大きな基地のひとつになっていきました。
高校年齢になったら家を出て、スコラを基点に生活していくんだと思うようにもなっています。
その大きな要因のひとつに、彼に関心を持ち、いろいろ世話や遊びや新しいことを一緒にする少し年上の兄ちゃん・姉ちゃん的な存在があります。
気に入られようと、来所したら一目散にスタッフや仲間を見つけ出そうとするし、見つけてもらおうと存在をアピールしたりてんやわんやです。
邪気がないから可愛がられます。
こんなエピソードがありました、皆が持っているスマホがうらやましくもあり、とある日、鼻の穴を膨らませて得意げな顔でカバンからおもむろに取り出したのは“受話器”。
おー!とみながスマホかと見ると、とたんに大爆笑!
なんと家の固定電話機の子機を持って来ている。しかも懸命にボタンをプッシュして兄ちゃん・姉ちゃんにかけようとするが、かからないことに???が彼の頭を飛び交う。
なんと健気に、懸命に好奇心いっぱいに生きていることか。
こんなことをしながらコミュニケーションの知恵を拡げていくのでしょう。
これからも彼の歴史にはいろんな体験・体感が思い出として刻まれていくのだろう。

この記事を書いたプロ

京口カウンセリングセンター [ホームページ]

スクールカウンセラー 須田泰司

兵庫県姫路市京口町105 [地図]
TEL:079-222-3148

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
須田泰司 すだやすし

さまざまな悩みに対応する環境を持ち、時間をかけて心をケア(1/3)

 姫路市内で、多様な心の問題に対応している民間施設「京口カウンセリングセンター」。乳幼児から高齢者まで、各年代で出てくる心に関する問題で悩んでいる方々を対象にしています。 「十分に時間をかけるカウンセリングが主体です。臨床心理士がしっかり...

須田泰司プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもから成人まで心の悩みを具体的にサポートする実践機関です

事務所名 : 京口カウンセリングセンター
住所 : 兵庫県姫路市京口町105 [地図]
TEL : 079-222-3148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-222-3148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田泰司(すだやすし)

京口カウンセリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いのちの値段

いのちの値段学生の本分は勉強。疑いもなく、学齢期にある若者は学校での生活を送っています。成長・発達...

[ 親子関係 ]

不登校の動き

不登校の動き不登校は、若者の主な生活場所のひとつである学校に行けなくなることで、生活が成り立たたなくなり...

[ 不登校 ]

ストレス度をチェックしませんか

ストレスチェックからわかること京口カウンセリングセンターでは、利用される人に対してストレスがどの程度あ...

[ 健康 ]

いまどきの優等生?

いまどきの優等生?表情を変えず、喜怒哀楽の表現も極力抑えがちなある男子学生が述懐する。高校までは学習...

[ 人間関係 ]

聞いてくれる人はいますか

「聞いてくれる人がいますか?」人間生活をしていくうえで、本音―建て前・こころの表―裏の使い分けは必要です。...

[ 人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ