コラム

 公開日: 2014-09-10  最終更新日: 2015-09-25

不登校をした思春期の視点の違いから見えるもの

視点の違いから見えるもの

ある少女は、集団に入りづらく登校に不規則な状態です。
ある少年は、就学期に大人から教えられた通りに進んできたが、いざ社会に出たらその先がわからず立ち往生して行き先のわからない生活をしています。またある青年は、会社勤めに適応できなくなり退職して家で焦りの多い生活をしています。
それぞれの若者にブレーキをかけている要因は複数考えられます。
複数あるにもかかわらず、それぞれの若者に結局求められる結論は、「皆も同じなのだから学校に行きなさい」「生きるのはそんなに甘くない」「その歳では皆がしているから就職しなさい」等の答えです。
正論です。
しかし方向性はそうなのだろうが、その方向性を歩む道を、楽しいもの、夢があるもの、生きがいのあるものとして、発達していく各年齢の時期ごとに一緒に関わって理解・共有・先導してくれた人がどれほどいたのか。
いないのです。
だからなにがしのブレーキがかかって人を求めているのです。
なのに先に進まない本人をもてあまし気味に見ている大人が多く、特に若者が所属している処(家庭・学校・職場等)の大人であることが実情です。
御用専門家的な人もいます。
集団も大事ですが、個人があっての集団です。

この記事を書いたプロ

京口カウンセリングセンター [ホームページ]

スクールカウンセラー 須田泰司

兵庫県姫路市京口町105 [地図]
TEL:079-222-3148

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
須田泰司 すだやすし

さまざまな悩みに対応する環境を持ち、時間をかけて心をケア(1/3)

 姫路市内で、多様な心の問題に対応している民間施設「京口カウンセリングセンター」。乳幼児から高齢者まで、各年代で出てくる心に関する問題で悩んでいる方々を対象にしています。 「十分に時間をかけるカウンセリングが主体です。臨床心理士がしっかり...

須田泰司プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもから成人まで心の悩みを具体的にサポートする実践機関です

事務所名 : 京口カウンセリングセンター
住所 : 兵庫県姫路市京口町105 [地図]
TEL : 079-222-3148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-222-3148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田泰司(すだやすし)

京口カウンセリングセンター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
いのちの値段

いのちの値段学生の本分は勉強。疑いもなく、学齢期にある若者は学校での生活を送っています。成長・発達...

[ 親子関係 ]

不登校の動き

不登校の動き不登校は、若者の主な生活場所のひとつである学校に行けなくなることで、生活が成り立たたなくなり...

[ 不登校 ]

ストレス度をチェックしませんか

ストレスチェックからわかること京口カウンセリングセンターでは、利用される人に対してストレスがどの程度あ...

[ 健康 ]

いまどきの優等生?

いまどきの優等生?表情を変えず、喜怒哀楽の表現も極力抑えがちなある男子学生が述懐する。高校までは学習...

[ 人間関係 ]

聞いてくれる人はいますか

「聞いてくれる人がいますか?」人間生活をしていくうえで、本音―建て前・こころの表―裏の使い分けは必要です。...

[ 人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ