チーム体制で患者を支える糖尿病医療のプロ

松田友和

まつだともかず

医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター

[ 神戸市西区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-08-31 

「フットケア外来」

男女の足
靴の中に小石が入ってきて気持ち悪い思いをしたことがない人はいないのではないでしょうか。
裸足であるいていて、米粒程度のゴミを踏んでしまっても気持ちが悪いものです。
しかし、糖尿病により高血糖の状態が長く続くと、足の裏やゆびに大きな傷が出来ても痛みを感じないようになってしまうことがあります。これが糖尿病神経障害の1つの感覚の低下です。
さらに、高血糖状態ではできた傷も治りにくいことが知られています。
虫に刺された傷や靴擦れの傷が徐々に大きくなり、気がつけば腐ってしまい、下肢を切断しなくなってしまう糖尿病患者さんが年間3000人程度いらっしゃることをご存じでしょうか。下肢を切断するということは、場合によっては歩けなくなってしまうことを意味します。糖尿病患者さんの「足を守る」を目的とする外来を「フットケア外来」と言います。
「足を守る」ことは、「歩行を守る」ことに、さらには「命を守る」ことにつながります。

「フットケア」はとても大事なことですので、アメリカなどでは足の専門家による足の専門外来があります。一方、日本では糖尿病内科、循環器内科、形成外科、血管外科、整形外科など様々な専門家の医師が既に起こってしまった足病変を診察しているのが実状です。

大事なことは、足病変を未然に防ぐこと、あるいは早期に発見して悪化させないこと、です。
そこで、偕生病院糖尿病センターではこの8月からフットケアの専門看護師による「フットケア外来」を開設いたしました。私たちの体重を一手に支えてくれている足にもっと注目しましょう。「健康は足元から」という言葉もあります。
足に痛みがある方、傷がある方、爪に異常がある方、などなど、気になる方は「フットケア外来」にお越しください。

「フットケア外来」開始(スタッフ記事)


その第1回目の様子を、当院スタッフが記事にしてくれました。
「フットケア外来」始まりました!

この記事を書いたプロ

医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター [ホームページ]

内科医 松田友和

兵庫県神戸市西区持子3-2-2 [地図]
TEL:078-927-3211

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ばんぶぅ会よりお知らせ
ばんぶぅ会キャラクター紹介

ばんぶぅ会に新しい仲間が加わりました(●´ω`●)ばんちゃん&ぶぅやんです☆★☆2人には今後、ばんぶぅ会のイベントや勉強会などのお知らせ、活動内容の報告など、...

 
このプロの紹介記事
糖尿病センター長を務める医学博士・松田友和さん

糖尿病センターを開設し、多くの患者を支え、地域医療の底上げも図る(1/3)

糖尿病が強く疑われる人は全国で約950万人、病気の可能性を否定できない「糖尿病予備群」も含めると約2050万人に上ることが、厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査」で示されています。糖尿病患者は平均寿命、健康寿命とも健常者より約10歳短...

松田友和プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

専門医4人を中心にチーム体制で幅広い糖尿病医療を提供

会社名 : 医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター
住所 : 兵庫県神戸市西区持子3-2-2 [地図]
TEL : 078-927-3211

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-927-3211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田友和(まつだともかず)

医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新クリニック開設のお知らせ
イメージ

偕生病院に糖尿病センターを開設してあっという間に一年半が過ぎました。糖尿病療養指導士も10人を超えて、この8...

[ 糖尿病センター ]

『第4回175Clinical Night Seminar』当院スタッフによる参加報告

先日開催されました『第4回175Clinical Night Seminar』へ参加した当院のスタッフが参加報告の記事を書いてくれ...

[ 糖尿病センター ]

第4回175 Clinical Night Seminar(イナゴクリニカルナイトセミナー)開催
イメージ

一気に寒くなってきましたが、お元気にお過ごしでしょうか。先日、第4回175 Clinical Night Seminar(イナゴク...

[ 糖尿病センター ]

「週1回製剤のアンメットニーズ探索」
イメージ

最近、糖尿病の内服薬としては初めての1週間に1回タイプのお薬が登場しています。手間がかからないため飲み忘れ...

[ 糖尿病センター ]

持続血糖モニタリングシステム導入
イメージ

持続血糖モニタリングシステムをご存じですか? 血糖コントロールの指標となるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー...

[ 糖尿病センター ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ