チーム体制で患者を支える糖尿病医療のプロ

松田友和

まつだともかず

糖尿病内科かいせいクリニック

[ 神戸市西区 ]

職種

コラム

 公開日: 2017-02-27 

糖尿病療養指導士とはどのような資格なのかご存じですか?

先日当院で新たに9名の糖尿病療養指導士が誕生!!という記事をアップいたしました。

ところで、糖尿病療養指導士とはどのような資格なのかご存じですか。

糖尿病は生活習慣病のうちの1つと言われています。
生活習慣病と言われる疾患には、糖尿病以外にも、
・高血圧
・脂質異常症
・高尿酸血症  などがあります。

これらの疾患のうち、脂質異常症や高尿酸血症は生活習慣を変えなくても、飲み薬で著明に改善します。
糖尿病に関しても、この10年の間に様々な新薬が登場し、血糖コントロールのための武器は充実してきています。
しかし、残念ながら、薬だけを飲んでいるだけでは、長期間の安定した血糖コントロールは、まだまだ難しいのが現状です。

糖尿病診療においては、医療者のみならず、患者さんご本人もご自身の療養をしていただくことが、とても大切になります。
そこで登場するのが、「糖尿病療養指導士」です。
看護師、薬剤師、管理栄養士などが、それぞれの専門性を活かしつつ、それぞれの患者さんの療養にたずさわっていくことを目的にしています。

糖尿病とうまく付き合っていく中で、不安や疑問を一緒に解決していけるような糖尿病センターを目指して、スタッフ一同で力を合わせて精進していきます。

この記事を書いたプロ

糖尿病内科かいせいクリニック [ホームページ]

内科医 松田友和

兵庫県神戸市王塚台7丁目78番地 [地図]
TEL:078-926-0780

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
ばんぶぅ会よりお知らせ
ばんぶぅ会キャラクター紹介

ばんぶぅ会に新しい仲間が加わりました(●´ω`●)ばんちゃん&ぶぅやんです☆★☆2人には今後、ばんぶぅ会のイベントや勉強会などのお知らせ、活動内容の報告など、...

 
このプロの紹介記事
糖尿病センター長を務める医学博士・松田友和さん

糖尿病センターを開設し、多くの患者を支え、地域医療の底上げも図る(1/3)

糖尿病が強く疑われる人は全国で約950万人、病気の可能性を否定できない「糖尿病予備群」も含めると約2050万人に上ることが、厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査」で示されています。糖尿病患者は平均寿命、健康寿命とも健常者より約10歳短...

松田友和プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

専門医4人を中心にチーム体制で幅広い糖尿病医療を提供

会社名 : 糖尿病内科かいせいクリニック
住所 : 兵庫県神戸市王塚台7丁目78番地 [地図]
TEL : 078-926-0780

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-926-0780

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田友和(まつだともかず)

糖尿病内科かいせいクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「スマイル健康教室Vol.103」開催報告
イメージ

スマイル健康教室を開催しました。運動と糖尿病に関係についての勉強会を開催しました。偕生病院の新中理学...

[ スマイル健康教室 ]

ばんぶぅ会「スマイルツアーVol2」開催報告
イメージ

梅雨の真っ只中の晴れた日曜日に、ばんぶう会の企画でバス遠足に行ってきました。今年のテーマは、「体験と自然...

[ ばんぶぅ会 ]

糖尿病認知向上活動 in イオンモール伊丹
イメージ

糖尿病療養指導士兵庫県連合会の活動として、イオンモール伊丹にて糖尿病の啓蒙活動を行ってきました。この日の...

[ 糖尿病センター ]

"TSUNAGU for Diabetes" 〜患者さんの心理に寄り添った糖尿病教育〜

”TSUNAGU for Diabetes”先日、「患者さんの心理に寄り添った糖尿病教育」を考える会に参加してきました。神戸...

[ 糖尿病センター ]

第61回日本糖尿病学会年次学術集会に参加

第61回日本糖尿病学会年次学術集会に参加してきました。急に暑くなってきました。体調を崩されてはいませんか...

[ 糖尿病センター ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ