チーム体制で患者を支える糖尿病医療のプロ

松田友和

まつだともかず

医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター

[ 神戸市西区 ]

職種

コラム

 公開日: 2016-09-13 

「スマイル健康教室 Vol.92」を開催いたしました

少しずつ秋の訪れを感じるようになってきましたが、皆さまはお元気にお過ごしでしょうか。
9月12日にスマイル健康教室を開催致しました。健康教室初の外部講師として、「なかにし眼科」の中西先生にお越しいただき、眼の健康に関する講義をしていただきました。
糖尿病網膜症の話は勿論、加齢黄斑変性や緑内障の話など、とても勉強になりました。
また眼の病気は、片目が問題ない場合には、日常生活に支障がないために放置してしまいやすいとの話は印象的でした。
「片目をつぶると病気に気が付きやすい」。まさに、目からうろこ、です。
さて、季節の変わり目は体調を崩しやすいです。
たまには両目をつぶって、虫の鳴き声に耳を傾けるくらいの心の余裕も必要です。
心穏やかに初秋をお健やかにお過ごしください。
センター長 松田
 

この記事を書いたプロ

医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター [ホームページ]

内科医 松田友和

兵庫県神戸市西区持子3-2-2 [地図]
TEL:078-927-3211

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ばんぶぅ会よりお知らせ
ばんぶぅ会キャラクター紹介

ばんぶぅ会に新しい仲間が加わりました(●´ω`●)ばんちゃん&ぶぅやんです☆★☆2人には今後、ばんぶぅ会のイベントや勉強会などのお知らせ、活動内容の報告など、...

 
このプロの紹介記事
糖尿病センター長を務める医学博士・松田友和さん

糖尿病センターを開設し、多くの患者を支え、地域医療の底上げも図る(1/3)

糖尿病が強く疑われる人は全国で約950万人、病気の可能性を否定できない「糖尿病予備群」も含めると約2050万人に上ることが、厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査」で示されています。糖尿病患者は平均寿命、健康寿命とも健常者より約10歳短...

松田友和プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

専門医4人を中心にチーム体制で幅広い糖尿病医療を提供

会社名 : 医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター
住所 : 兵庫県神戸市西区持子3-2-2 [地図]
TEL : 078-927-3211

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-927-3211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田友和(まつだともかず)

医療法人社団 偕生会 偕生病院 糖尿病センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【掲載】専門家時事ネタコラムJIJICOに掲載されました
イメージ

今回は、「アルコールと糖尿病」についての記事となります。「糖尿病患者ってお酒は飲んでは駄目なの?」「...

[ 糖尿病センター ]

「フットケア外来」
イメージ

靴の中に小石が入ってきて気持ち悪い思いをしたことがない人はいないのではないでしょうか。裸足であるいてい...

[ フットケア外来 ]

「セミナーfor神戸DFT(DiabeticFootTeam) 2017inSummer」へ参加
イメージ

Team Approach for Diabetic Foot Problem「セミナー for 神戸 DFT(Diabetic Foot Team) 2017 in Summer」に参...

[ 糖尿病センター ]

スマイル健康教室Vol.97 「運動のうんちく」についての教室を開催しました。
イメージ

 7月10日(月)に第97回スマイル健康教室を開催しました。 梅雨の時期、じめじめした天気の中、多くの方にご...

[ スマイル健康教室 ]

【掲載】専門家時事ネタコラムJIJICOに掲載されました
イメージ

最近よく耳にする「ロカボダイエット」ロカボとは、低炭水化物(Low Carbohydrate)のことを指しています。...

[ 糖尿病センター ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ