コラム

 公開日: 2015-06-13  最終更新日: 2016-08-29

今日からすぐに役立つ! 税金お得コラム(1) ~妻のパート編~



マネーの達人さんからのリクエスト連載企画です。

前回連載の、「知っておいて損はない」 公認会計士による監査の視点のプレイバックはこちらです。
ご愛読いただいた皆様、誠にありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。
・現金編 (http://manetatsu.com/2014/04/30797/)
・預金編 (http://manetatsu.com/2014/05/31627/)
・売上編 (http://manetatsu.com/2014/07/33592/)
・商品編 (http://manetatsu.com/2014/11/37813/)


さて、今回の連載は!
税金お得コラム(1) ~妻のパート編~
です ^ ^

昨今、正社員・派遣・パートなど、働き方の多様性が増してきています。そんな中、税金に関するご相談・ご相談も日に日に増す一方です。

1回目は、
「○○○万円の壁」について正しく理解しましょう!
ということです。

家計を支えるため、パートやアルバイトをしている方も多いですよね。特に、「年収103万円の壁」という言葉をよく耳にします。これについて、整理してみましょう!

103 万円の壁


まず初めは、103万円の壁! そもそも、給料をもらう人が受けられる「給与所得控除」65万円、納税者すべてが受けられる「配偶者控除」38万円、の二つが適用され、これを合計した金額が103万円なのです。
これを超えると所得税課税の対象になる! という境界線ですね。
(ちなみに100万円以下の場合、妻の住民税もかかりません。)

141万円の壁


次に、141万円の壁! 103万円を超えたら控除がすぐになくなるというわけではなく、上記の「配偶者控除」の代わりに「配偶者特別控除」を受けられるようになります。詳しくは下表の通りですが、要は年収141万円まで増えるごとに、少しずつ「配偶者特別控除」を受けられる額が減っていく、ということになりますね。

そして、年収が141万円を超えると、控除はゼロ。つまり普通にパートではなく、正社員レベルのお給料をもらって働くのと、税金面では全く変わりない、ということです。



130万円の壁


最後に、130万円の壁! 年収が130万円を超えると夫の被扶養者から外れることになってしまいます。
これはつまり、自分で健康保険と年金を払うことになるというわけです。ちなみに、その額は年間30万円程度です。

結局どうすればいいの?


所得税0円+夫の税金減額、を目指すためには、年収を103万円以下に。
(住民税すらかからない様にするためには、年収を100万円以下に。)
 ↓
130万円を超えると、健康保険と年金の負担が増えます。(年間30万円程度)
 ↓
141万円未満までは、少しずつ「配偶者特別控除」を受けられる額が減っていきます。(上表参照)
 ↓
141万円を超えると、「配偶者控除」も「配偶者特別控除」も、適用無しとなります。

とにかく、「年収130万円を超えると厳しい」わけです!

130万円までは、健康保険と年金の負担はありませんが、130万円を超えると、年間30万円程度の負担が発生するということは…150万円稼いでも結局手取りは120万円くらいになります。「130万円をどうせ超えてしまうなら、160万円以上目指す。」ことにしないと、税金の負担額などからみてちょっと割にあわないわけですね。


Prepared by 公認会計士事務所MVP

この記事を書いたプロ

公認会計士事務所MVP [ホームページ]

公認会計士 植田有祐

大阪府大阪市北区天満4丁目12-15 [地図]
TEL:090-1896-4756

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
会計MVP植田さまインタビューカット

簿記・会計の本質を分かりやすく指導し、公認会計士の資格取得に導く(1/3)

「社長をやっているんですけど、実はあまり決算書が読めないんです」「ずっと営業畑で育ったので、どうも会計・税務には自信がなくて…」このように話す人が多い中、「自分の知識・経験をより多くの人に伝えられれば、会計や税務に悩む方をもっと良い方...

植田有祐プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会計事務所と教育業の相互作用による、専門性と明瞭性の高さ

会社名 : 公認会計士事務所MVP
住所 : 大阪府大阪市北区天満4丁目12-15 [地図]
TEL : 090-1896-4756

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1896-4756

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

植田有祐(うえだゆうすけ)

公認会計士事務所MVP

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

予算管理や財務分析について、2時間でかなり分かるようになりました!

会社役員をしており、もともと会計畑ではないため会計に明る...

I.・K
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
公認会計士試験 平成28年論文式合格発表を受けて
イメージ

平成27年11月11日に、公認会計士論文式試験の合格発表がありました。合格者数 1,108人(願書提出者数 10,...

[ 【公認会計士試験】 論文 合格発表 ]

次の本試験に向けて。「分解して考える!」
イメージ

公認会計士試験の合格発表を終えられた方、すでに再スタートを切っておられることと思います。皆さんの次の...

[ 【公認会計士試験】 勉強方法 ]

会計人コース2016年11月号に執筆いたしました。
イメージ

受験生の皆さま、ご無沙汰しております。すっかり秋も深まってきましたね。http://www.kaikeijin-cour...

[ 連載 公認会計士による監査の視点 ]

公認会計士論文式 直前応援
イメージ

錦織選手、銅メダル獲得しましたね。過去1勝9敗のナダル選手にまさか勝てるとは...と、テニスファンの方な...

[ その他 雑談 ]

公認会計士 短答式アプリ 第4弾 監査論リリース!
イメージ

お待たせいたしました。短答式本試験まで、ついに2週間弱。そんな中、本日11/25、公認会計士短答式ア...

[ 会計MVP サービスのご案内 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ