コラム

 公開日: 2012-10-09  最終更新日: 2012-10-29

ふーさんとの対話  9/1~9/7

平成24年7月30日

最近知り合いの人から教えてもらった事があるんです。
それは自分と話をするという事らしいのです。
即ち、自分自身 潜在意識といっておりますが、
その潜在意識と対話をして本当の自分を知るという事のようです。
そしてその関連の事も少し調べてみて、一度やってみようという事で先月の
6月30日からやり始めました。
1ヶ月近くなった頃、友人が読みたいと云い出したので、
私のブログに載せる事にしました。
毎日、午前中に書く事にしました。A4の紙に一杯書くことにしました。
大体550文字前後で構成されています。
原稿を書く所要時間も15分前後で書けているので、
あまり時間の負担がないので、ふーさんと称する別の私が対話にお付き合い
してくれる間は書こうかなと思っております。
今後どのような会話になるのやら全くわかりませんが・・・・・。
御興味のある方はどうぞお読み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年9月1日

私の潜在意識、ふーさん。
今日はいつものように健康な目覚めと
素晴らしい午前の部を終える事が出来ました。
なにげなくと云えばなんですが、
無事に終わることが出来ました事、非常に嬉しく思います。
今思い返すと少し前迄の私は心配性なのか、
あるいは危機管理能力が優れているのか、
どちらにせよ少し何かあると
それについて反応する事がありました。
例えば電話がりりり~んと優しく鳴っても、
この電話の用件はなんなんだろうかと良いように考えず、
いつも何か不安のような影が漂い
電話ひとつについてもマイナスな考え方を
していたように思います。
しかし、色々な内容の電話がある訳で、
良い話も、良くない話もあるのですが、
それをすべてひっくるめて今日があるという事です。
過去33年間振り返ってみて色々あったけれども、
それらを乗り越えて今日があるという事です。
いちいち電話ひとつに不安を抱えても、抱えなくても
何かの力で守られて今日を迎えている自分がある、
という事実があるという事です。
ふーさん、どうでしょうか。

はい、そうですね。
君も大分わかってきたようですね。
何んにも考えず、又何にも感じず生きるのもひとつだが、
色々な事を敏感に感じ取り過すのも最高の生き方だと思うよ。
ただ過ぎたるは及ばざるが如しで、考え過ぎ感じ過ぎは
精神的に良くないのは判っているだろう。
大船に乗った気分で人生の航海に出よう。
あとは心のままに気の向くままに風の吹くままに
それぐらいの開き直った人生航路を進もう。
さようなら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成24年9月2日

ふーさん、今日は。
今日も大変気持ち良く目覚める事が出来ました。
今迄当然の如く当たり前だと思っていた事は
実は奇跡だったんですね。
私も長い間医学を学び、
医療の現場を長らく見つめてきた訳ですから。
健康ということの有難さは人一倍判っている筈なのですが、
それ等をことごとく理解している自分と
それ等とは裏腹に、
まあ云ってみれば理性とは正反対の世界の事を
行なってしまう自分がありますね。
このバランスが中々とれないのが
一般ピープルなのでしょうか。
いつも本当の自分、真の我、真我とでも云うんでしょうか。
教わらなくても、学ばなくても生まれつき
備わっているもの、天性のもの、本質的なもの、
本能的なもの等、道徳に至っても本来備わっているのに。
然しそれ等の囁きを素直に聴きとれない自我、
肉体、脳の表層を覆う新皮質これ等が
雑音として真の我の声を打ち消してしまい
中々真我の声が聞こえ難くなってしまっているように思いますが、
ふーさんどう思いますかお答え下さい。

そうですね、その通りだと思うよ。
だって過去の事をよくよく振り返って見て見るといいよ。
時として自我に亀裂というか隙間が開く時があるだろう。
天気と一緒だよ。
暗雲が覆っている中に時に雲が割れ、
太陽が煌々と差し一条の光を
地上に差し向けるあれだよ。
あの光景を思い出してみるがいい。
我々も自我の覆いに覆われている
迷える子羊みたいなものと思うよ。
その迷いの中に時として太陽(真我)の
光が差し込んでくるようなものさ。
心静かにすれば真我が出現し易くなるよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年9月3日

ふーさん、今日は。
今日もいつもと同じく快適な朝を迎える事が出来ました。
朝も幾分か涼しくなりましたね。
あれだけ暑かった夏。いつ涼しくなるのか、
もう涼しくなる日など来なくなるのではと
思う位の暑を皆さん感じていたとか!!
まあ云ってみれば体感温度とかいうことでしょうね。
体感温度といえば実際の温度とは異なる温度という事になりますね。
感情とか情緒とかで精神的に感じかたが
こうも違うのかと思いますが、
ふーさんどう思いますか。
少しふーさんのお考えをお聞かせ下さいませんか。

そうだねえ~、
君の場合過去に色々な経験を積んで来た中に
丁度よい例があっただろう。
それは君がアイオワ州はダーベンポートという町にいた時の事さ。
彼の地の気象はどうだった。
夏は40℃以上も気温があったかも知れないよ。
部屋の中に立っているキャンドルは
ひと夏過ぎると御辞儀をしていたね。
ろうそくが曲がってしまう気温で
おまけに高湿度ときている。
不快指数は毎日々90%以上になっていたんではないだろうか。
又、冬は冬で零下30℃にも下がっていたね。
トルネード(竜巻)の多発地帯でもあり、
真夜中空襲警報のような不気味なサイレンも
けたたましく鳴っていたね。
真夏にゴルフボール位の雹(ひょう)が
視界5メートル位の感じで2回程降ってきたね。
イナズマは何時間にも及んで
夜外で本が読める程で日本の雷程度ではなかったね。
その経験のおかげで君は今では
日本での気象レベルなんてなま易しいと思っているだろう。
日本の人が大変そうに云っていても
君にとってはなんともないレベルだからね。

大変な事を経験しておくと
そうそうの事は余り体に感じないですね。
鈍感力を養おう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年9月4日

ふーさん、お早うございます。
今朝も素晴らしい目覚めと共に起床しました。
いつもいつも素晴らしい朝を迎えることの出来る幸せに
感謝致します。
朝が憂鬱なという事は、私には考える事の
出来ない程の損失だと思いますが。
ふーさん、どうですか。
朝から憂鬱とか朝起きるのがつらいとか色々聞きますが、
私の場合あまり経験した事のないことなのですが。

うん、そ~だねぇ。
多くの人々は何らかの不調を体の中に潜ませているようだね。
だから病気という特定したものはないけれど
体がもうひとつシャキッとしないという人が多いですね。
多くの人は検査して数値に出ていないからといって
変に大丈夫と安心していますね。
これは大変危険な考え方だと思うよ。

ふーさん、何故危険な考え方なんでしょうか。

だって前にも云ったように完全な健康体というのは
何も感じない無感の状態を云うと思うよ。

無感の状態ですか。

無重力の状態とでも云えばいいのかな。
体の体重とかいうようなものを感じない。
内臓の存在も感じない。
要するに何も感じない状態だよ。
自分という存在すら感じないといえばいいのかなぁ~。
何かを感じるという事は無になっていないという事だから、
その部分に触れると何か嫌な気分になってしまう。
少しでも皮膚に傷がついていたら、
そこに少し触れるだけでも痛いだろう。
神経痛にでもなっていれば風が少し当たるだけでも
激痛が走るからね。
今日は無感の中にいる我が身に感謝しよう。
さようなら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年9月5日

ふーさん、今日は。
もう早や11:37になってしまいました。
今日は久し振りに寝床より早く起きたいなあ~という
衝動にかられました。
いつもより少し早く飛び出したいという事です。
いつも何か考え事があれば出来るだけ寝床に
長く伏して考え込む事をするわけで、
出来るだけ身体を動かさずに
全てのエネルギーを頭に集中させる
というふうにするのが常ですが、
今日は何か考える事に解放されたのでしょうか。
早く床から離れたく思いました。
久し振りの事です。
昔は考える事が少なかった精か、
早く布団から出るのが楽しかったのにネェ~。
昔のように考える事の少ない、
又ペーパーワークの少ない時代を迎えたいと思いますが、
ふーさん如何でしょうか。
何か私に語りかけて下さいませんか。

はいはい、いいですよ。
そうですね、仕事のあり方もしくは、
その意義について少し語ってみましょうか。

はい、お願いします。

仕事というのは人が生きていく為に行う
いわば生産活動の事をいうと思いますよ。
100年前、いや50年前と較べてみるがいい。
スピード、物流の量、人間の代替である生産用ロボット、
伝達手段等々比較にならないでしょう。
このようにハイスピードで大量生産していながら
まだまだ生活が苦しいなんていっている現代人をみていると
何か不思議な、滑稽な思いがしますね。
今では1人の生産量は50年前の人々の
仕事効率とは比較にならないからね。
それでも生活の苦しさを訴えているというのは
無駄な事ばかりをしていると結論づける事が出来るよ。
私が思うには1時間も働けば
100年前の人の1日分は生産していると思うよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年9月6日

ふーさん、お早うございます。
いつもいつも気持ちよい目覚めと共に
今日一日の出発が始まります。
始発が良いと今日一日が素晴らしいものに思えてきます。
さあ、今日一日とはいっても
早や11:13になってしまっておりますが、
ふーさん今日も宜しくお願いします。

はい、いいですよ。
今日は君とどのような会話をしようかね。
ええ~と何かよい話しはないかなぁ~。
う~んと。そうですね、
今日はちょっと話の切り口が見つかりませんねぇ~。
あっそうそう、これはどうですか。
昨夜4人のスタッフの方が見えられていた時の話しですよ。
あれは中々いいと思いますよ。
円と三角形のお話しだったでしょう。

ああ、あの話しですね。

はい、わかりました。
ではただ今より円と三角形の話しをします。まず円を描きます。
その中に一番角の少ない図形として正三角形を描きます。
この図形に於ける両者は全く正反対のものですね
円は摩擦が少なく転がる性質を持ちますね。
一方の三角形は角ばって全く転がりません。
然し三角を一角増やして四角形にする。
次に又一角増やして五角形にする。
これを無限大に展開していくとなんと円形になりますね。
円の面積を求める時このようにして求めたと思うんですが、
π=3.14等はこのようにして求めたんじゃあなかったかなぁ~。
なんとなく小学生の頃を思い出します。
即ち三角形の延長線上に円があるという事だと思いますが、
ふーさん、どうでしょうか。

その通りだと思うよ。
円は三角形の無限の集合体としてみればいいんだよ。
三角形が無限数において円とね。

これは1即他多即一という事になりませんか。

1から多が生まれ、多は一に帰納していくという事ですね。

光線をみてもそうですよ。
光線を凸レンズで集めて焦点を結んで一点とする。
焦点からレンズを望むと焦点は多くの光線の集合体であるとね。
世の中二方向から見る努力をしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年9月7日

ふーさん、今晩は。
今日はハンバーグの研究等をしていたら、
あっという間に時は過ぎ今の時間になってしまいました。
時計は19:10を指しております。
世の中には暇で退屈で仕方がないという人が
多くいる中で時間がない時間がないといっている
私のような人間もいるのですから面白いですね。
僕のお婆さんがよく云っていたなぁ~
世の中色々蛸の足イボイボとね。
まあ、そんな駄洒落はいいとしても
人はそれぞれの生き方とか思い出格差がありますね。
ふーさん、いかがでしょうか。
何か示唆になるような事を語ってくれませんか。

そうですねえ~。
何かいい事が云えたらいいですが。何を云おうかなぁ~。
ちょっとまって下さいよ。さあてと、そうだね。
このように考えてみては如何でしょうか。
人間の寿命は昔で人生50年といわれていたね。
織田信長は人生50年を強く意識していた
代表的な人ではないでしょうか。
だから本能寺で死ぬ事になりましたね。
確か50才位だったと思うよ。
明智光秀の有名な言葉もありましたね。
敵は本能寺にありとね。
自分自身が強く思ったり願ったりすると、
その方向に進んで行った代表的な人だったのかなぁ~。
まあ、それはそれとして置いておくとして、
さあ本論に入ろう。
人間の寿命ですが日本人の平均寿命は80才位だろう。
今迄は酵素等も無限に産成されるといっていたが
有限であったり心臓も23億回打つと心筋は停止すると、
すべて人間の体は有限の世界であると理解するべきだね。
となると1日を一生として生きると
1年間で360生、生きた事になるでしょう。
いつか君もこんな計算しただろう。
昔よく云っていた事に1年間で
普通のなんにもしない人の一生分を生きるとね。
となると30才から80才迄50年間あるわけだから
普通の人の50生分生きた事になるね。
人の寿命を伸ばす事は出来ないけれど
効率をあげることはできるからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク
http://www.kobetouyouigaku-center.com/
http://www.jyusei-alljapan.com/

トップページへはこちら
http://mbp-kobe.com/jyusei-alljapan/

この記事を書いたプロ

神戸東洋医学センター(冨金原治療所) [ホームページ]

あん摩マッサージ指圧師 冨金原伸伍

兵庫県神戸市中央区中山手通5-1-1 神戸山手大木ビル5F [地図]
TEL:078-371-3203

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー受講生募集

           冨金原カイロプラクティック学院                           学 院 長    冨金原 伸伍      ...

治療見学者募集

冨金原治療所を見学できるように治療家の皆さんもしくは治療家を目指している皆さんに公開します。現在冨金原治療所ではカイロプラクティックと鍼灸を併用して治療...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
神戸市中央区にある神戸東洋医学センター院長の冨金原伸伍(ふきんばらしんご)先生。ホームページ内で、ケアの内容を細かく報告

カイロプラクティックのすばらしさを伝えたい(1/3)

 カイロプラクティックをご存知でしょうか? 名前の由来は、ギリシア語で手を意味する「Cheir」と、技術を意味する「Praktos」から。首や背中の歪みを素手で戻す「アジャストメント」と呼ばれる独自の調整法を用い、健康で美しい身体に導きます...

冨金原伸伍プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

医院名 : 神戸東洋医学センター(冨金原治療所)
住所 : 兵庫県神戸市中央区中山手通5-1-1 神戸山手大木ビル5F [地図]
TEL : 078-371-3203

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-371-3203

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

冨金原伸伍(ふきんばらしんご)

神戸東洋医学センター(冨金原治療所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

風邪をひかなくなりました

成21年3月から、温熱治療を受けさせて頂いております。 あり...

F.S
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
平成28年2月25日 兵庫県立兵庫工業高等学校卒業式 祝辞

平成28年2月25日皆様お早うございます。本日は御卒業誠におめでとうございます。衷心より御祝い申し上げます...

[ 兵庫工業高校での御挨拶 ]

第208回神戸ST会7月例会を開催致しました

平成27年7月14日 18:30~第208回神戸ST会を寿し屋「真之助」にて開催致しました。http://tabelog.com/hy...

[ 神戸ST会 ]

気功

冨金原院長の気功施術動画です。 冨金原院長が頭の上に手をかざしてぐるぐる回すと、男性が椅子から転げ落...

[ セミナー動画 ]

兵庫工業高校 入学式 祝辞 H27.4.8

平成27年4月8日皆さん本日は御入学誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。寒さ厳しき冬は去...

[ 兵庫工業高校での御挨拶 ]

兵庫工業高校 卒業式 祝辞

平成27年2月25日皆さんお早うございます。本日は御卒業誠におめでとうございます。衷心より御祝い申し上げま...

[ 兵庫工業高校での御挨拶 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ