コラム

 公開日: 2010-01-03 

純粋に一生懸命に生きる


いつもそれほどテレビを見ているわけではありませんが、年末にたまたま見たテレビ番組で印象に残っている番組がふたつあります。
ひとつは「小学生クラス対抗30人31脚」という番組で、そこに登場した全国の様々な小学生たち。
もうひとつは「ザ!世界仰天ニュース」という番組で「天国からの手紙」というエピソードに出てきた6歳で天に召されたエレナという女の子。

他にも昨年、スポーツ界や音楽界で心に残った人がいます。
フィギュアスケートの全日本選手権で優勝した浅田真央さん。
ゴルフで最年少賞金王になった石川遼君。
WBC優勝を導き、9年連続200本安打を達成したイチロー選手。
ヴァンクライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝を果たした全盲のピアニストの辻井伸行さん。

いずれも私の心に残った人たちです。
彼らのエピソードや振る舞いを見ていると、心に何か揺さぶられるものがあります。
何に揺さぶられるのか?
それはきっと、
    “何かひとつのことに純粋に一生懸命頑張っている”
姿に揺さぶられているのではないかと思います。
さらに、30人31脚の小学生やエレナちゃんのように
    “人のために生きる”
というところがあると、思わず涙するものがあります。

彼らはみな幼いかまだ若いですが、“自分を律する”ことにすばらしい面があります。
実際に人生を生きていると、さまざまな誘惑があります。
迷いがあります。
普通の人はそれらに翻弄されてしまって、ひとつの物事をなかなか達成できません。
しかし、彼らはそれらを乗り越えて自分を律しているところが並大抵のレベルではありません。
そうした克己心を持った生き方を背景に、偉業を成し遂げている姿が人に感動をもたらすのだろうと思います。

人間には本当に素晴らしい可能性があります。
今回、フィギュアスケートの全日本選手権で銀メダルをとってオリンピック代表に内定した鈴木明子さんもかつては摂食障害だったと言います。
私も実際の治療の中で、本当にこのままずっとどうしようもないのではないかと思うほどに重い心の病を背負った子どもたちが奇跡のごとく回復し、その後何かに打ち込み、一生懸命に生きるようになった姿を多く見てきました。

こうした人たちを見ると、思わず自分の未熟さが恥ずかしくなります。
自分に対して悔しくなります。
これまでの人生で何度も何度もこうした思いを持っては忘れるといったことを繰り返してきましたが、これからは確実に純粋に一生懸命に生きる自分に近づいていきたいと思います。

過去を振り返ると、純粋に一生懸命に生きるということができた自分は誇れる自分であり、そのような自分で生きられたときのことは、今も深く思い出に残っています。
これからの人生はそうした日を一日一日積み重ねていくような人生でありたいと強く願っています。

                              いずみハートクリニック 泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ