コラム

 公開日: 2016-07-18 

もう40才、まだ70才

年に対するとらえ方というのは、人それぞれです。
40才を超えると、「もう年だしね。どうせこの先は見えているよ」という人もいます。
一方、70才を超えても「まだ70才だからな」とか「年は忘れた」とか言って、「人生止まれば後退と同じだからね。これからも飛躍を目指し、人生を謳歌しよう」という人もいます。

若いときはどのような考え方や生き方をしていようと、大体、年相応の若さを維持しています。
しかし、40才を超えると、若さはその人の考え方や生き方がそのまま反映するように思います。

年だと思っている人は40代であっても、60か70代ではないかといった老け方をしていますし、まだまだこれからと思っている人は70代でも50代、50代でも30代に見えるような人がいます。
そして、面白いことに年だと思っている人は意欲がなく、行動範囲が狭まってくるので、徐々に交友関係も狭くなり、家族以外との交流がなくなってきます。
一方、まだまだこれからと思っている人は広い交友関係を持っています。
気持ちが前向きで意欲的なので、何才になっても新たな人間関係を構築し、いつも若い人や同世代であっても自分と同じようなまだまだこれからと思っている人と付き合っています。

もちろん、年に対する分はわきまえなくてはなりません。
若いときは少々無謀なことをしても大丈夫ですが、年をとって同じようなことをしていると体を害します。
年をとっても前向きで意欲的に生きている人は、決して無謀に生きているわけではありません。
むしろ意欲のない人よりもずっと健康に気を使って、食生活や生活リズムを整えることに対して自制したり、体を鍛えるためにトレーニングをしたりしながら過ごしているものです。

どのように考えて生きるのもその人の人生です。
ただどちらの方が幸せに見えるかというと、まだまだこれからと言っている人のような気がします。

人生は年が決めるのではありませんね。
「何才になったからこんなものだ」というものではないような気がします。
何才であろうとも、その人の考え方こそが人生を決めるのだと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ