コラム

 公開日: 2009-12-31 

心に伝わる言葉とは?


心の治療において言葉とはある意味、生命そのものかもしれません。
現代の精神医学では心の病気を全て脳の病気と解釈し、薬で治そうという流れが主流です。
それでもなお、人が人と接する限り、言葉は心を再生させる力を秘めており、非常に大きな力です。

目の前におられる患者様が来られると、どのような言葉を発するか?
いや、ときには言葉を発するのを止めて沈黙を保つのか?
その感覚をつかむための洞察と探究にきっとゴールはなく、永遠に取り組み続ける課題のような気がします。

その道のりの中でこの1~2年感じ始めたことがあります。

まず心の治療において、言葉の力を意識していない治療があるなら、それはかなり未熟なものではないかという気がします。
今まで一緒に働いたいろいろな医者たちを見ても、患者様と殆ど話をしない医者が主治医の場合、もちろんそれでもよくなる患者様もいるけれど、どうしてもよくならない患者様がたくさんおられます。
やはり人は人の言葉によって影響を受け、自らの内にある心の力を引き出し、よくなっていく部分があるのです。
ですから、この場合、非常に限定された患者様しか治せないのは明らかだと思います。

次に、言葉は使うけれども、ただ正論だけを一方的に述べる医者ですね。
これも実際には治療効果をもたらすのは難しい。
正論というのはそれまでに聞いたこともない内容であれば、聞くことで学び、その人が立ち上がる助けとなることがあります。
しかし、心の病というのはある意味、感情レベルの問題です。
正論で「このように考え、このようにすればいい」と言われても、「そんなことはわかっている。それが出来れば相談になんかこない」といったことはよくあるわけです。
正論をわかっていたとしても今、それを相手に伝えるべきか、伝えるのを控えるべきか、相手の心を再生させるということを考えるなら難しいところがあります。
言葉を使うにも
    “正論だけを述べればいいわけではない”
ということを理解する懐の深さがいるわけです。

では、どのようにして心に伝わる言葉を発するのか?
私自身は、その方の悲しみや苦しみに共感しながら、何とかそこから脱して本当の自分に目覚めてほしいという思いを強く持つことで情熱を持って相手に語りかけ、その心に言葉を伝えんとしてきました。
実際、こうしたことを意識して取り組むようになって十年以上が経ちました。
その間には、それまでの治療では一向によくならなかったという方が奇跡のごとくよくなっていくということがしばしばありました。

しかし、この1~2年私自身の中にはまた新たな境地が出てきました。
それは言葉にするのが難しいのですが、あえて言葉にするなら“自然と”“素直に”患者様に接するということです。
もちろん、その方の病気が治り、悩みから脱して、本当の自分に目覚めてほしいという思いは変わりません。
けれども、そうした思いを心の奥深くに沈め、ただ目の前の患者様の心に合わせて“自然と”“素直に”言葉を語るのです。
すると私自身さえも思わぬところで、患者様が非常によくなっていかれるのです。
自分自身さえも意識していないところで、予想を上回る回復をされるのでとても不思議な感じがします。
今年はそうした経験を多くさせていただきました。

これはテニスなどでたとえるなら、こうしたことかもしれません。
熱い情熱を持って「スーパーショットを打とう」として打ったショットはそれなりにすごいかもしれません。
けれども、本当のスーパーショットは日々、自己研鑚に励み続けある程度の実力を身につけたプレーヤーが、“自然と”“素直に”行動したときに生まれるものです。
目の前の一球一球に集中し、ただ無心にそのボールを相手コートに返していく。
そんなときに「信じられない」というようなスーパーショットが生まれるのです。
観客からすると、思わず心が動き、感動するレベルです。
そう、思わず人の心が動くのです。

心の治療も同じで、心に伝わる言葉とは、日々、人への深い関心を持って自己研鑚に励み続けている人が目の前の患者様に心を合わせて、“自然と”“素直に”発する言葉の中にあるような気がします。
それは本人さえもいつ発することが出来るかわかりません。
大事なのはそうした姿勢ではないかと思います。
今年一年を締めくくるにあたり、自分の診療において最も印象的に変化したことをお話しさせていただきました。
来年がさらなる発展の年となり、より多くの人のお役にたてることが出来ればと願っています。

                              泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ