コラム

 公開日: 2016-07-09 

なぜ死んではいけないのですか?

「なぜ死んではいけないのですか?」
自殺を考えている患者様が、しばしば心の医療に携わる医療者に投げかける質問です。

これは死生観に関わる問題です。
個人的な信条にもよるところが大きいので、宗教的な確信を持っている人以外は、絶対的な答えはないと思います。

一般的には「もしあなたが死んだら、残った人が悲しむでしょう。逆に、あなたが親や子どもに死なれたらどう思いますか?」といった答えが思い浮かぶかもしれません。
しかし、自殺を考えている人は自分の世界に入り込み、人の立場に立って考えるほどの余裕などはないため、こうした答えを投げかけてもほとんどの場合、その心には伝わりません。
経験上、どのような言葉を投げかけても納得してもらえるような気がしないのです。

ですから、私の場合はこんな話をします。
「『人間は死んだら消えてなくなる』と思っている人が多いけれども、本当に消えてなくなるなら死ぬのもありかもしれない。
でも、歴史を振り返ると、どれほどにつらくても、どんなに苦しくても生きようとした人たちが数多くいる。
死ねば消えてしまうのであれば、苦しかったら死ねばいいはず。
それでも生きようとした人たちがいるということは、まだ気がついていないかもしれないけれど何か生きることに意味があったり、あるいは、そうした人たちは死ぬと消えてしまうと考えていなかったからではないかなと思う。
歴史や世界を見ると宗教を信じている人の方がずっと多いけれども、そうした宗教ではこの世だけではなく、魂として存在するあの世という世界があると言っている。
しかも宗教によっては、あの世には天国と地獄があって、もし死んで地獄に行ってしまった場合、自分の考え方の間違いに気がつくまで地獄からは出られないと言う。
今生きている世界も本当に地獄かもしれないけれど、あの世の地獄はまさに地獄というだけあってこの世以上の地獄で、地獄に行くとこの世で頑張るよりも何十倍も脱するのが大変らしい。
それであればこの世でもう少し粘って、少しでも幸せになれるように生きてもいいんじゃないかなと思うけどなあ」

心を閉ざし、あるいは投げやりになって、死ぬことを考えている人に投げかける言葉は本当に難しい。
「死ぬことを考えている患者様に対しては、どのように話されるのですか」と他の心の医療者に訊ねても、「難しいよね」という返事だけで具体的な言葉はなかなか返ってきません。
自分の無力さを感じさせられることもあります。
それでも、人として、今の自分にできる心からの言葉を発していくしかないのだと思います。
上記に述べた話はあくまで、私の個人的な死生観に基づく話です。
しかし、死ぬことを考えている人の心に対して何か少しでも種をまくことで、死ぬことを踏みとどまり、この世界で粘って、再び幸せになるために生きんとしてくれたらと思い、こんな話をすることがあります。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ