コラム

 公開日: 2016-05-11 

流行(はや)っている店の近くに開業する

私の場合、クリニックの開業しか経験がありませんが、何らかの商売で開業される方は「どのようなところで開業するのがいいのか」といったことを考えられると思います。

まず考えられるのは、競合相手のいない地域です。
その町に自分と同じ業種の商売をしている人がいない、あるいは少なければ、まだまだお客さんが来るんじゃないかなあって考えます。
それは一理ありますよね。

でも、今どき競合相手のいない地域となると田舎や人口の少ない地域に限られてきます。
そうした地域では、お客さんは来てくれるかもしれないけれど、流行るほどのお客さんが来るかというとなかなか難しいかもしれません。
中には、まわりに何もない田舎に作ったラーメン屋が大人気で、車で遠方からも人が訪れるといったことを聞きますが、こうしたことはやはり例外的で、よほどの実力と運があるのではないかと思います。

では、都会で商売をして流行るようなお店にしたいとなれば、どのような地域を選ぶと良いのでしょうか?
私は、流行っている店の近くがいいのかなと思います。

でも、流行っている店の近くで開業すれば、お客さんは流行っている店に行ってしまって自分のところには来ないのではないか?
そう考えると思います。
そうかもしれません。

ただ流行っているお店があるということは、そこにはそれだけお客さんがいるということです。
であれば、その流行っている店とは違った個性を出すとか、その店以上の実力とサービスを提供するとかすれば、お客さんは自分の店に来てくれるようになります。
実際、チェーンの飲食店においても、そうした戦略で開業場所を決めていく企業があるようです。

医療界では長年、お互いの競合を避け、既得権益を守ろうとする傾向があり、同じ地域にクリニックが集中することはありませんでした。
しかし、最近ではそうした傾向が崩れ、地域にはこのお医者さんしかいないからそこに行くではなく、患者様が選ぶ時代になってきたのです。
医者にとっては厳しいかもしれませんが、開業して待っていれば自動的に患者様が来るという時代は終焉に向かい始めているのです。
医者もより実力を磨き、よりサービスを考える時代が来ています。
患者様の目も見ないで、上から目線で話すような姿勢では患者様も離れます。
ある意味、大変な時代です。

しかし、景気が良くても、景気が悪くても、流行るラーメン屋は流行ります。
隣に流行るラーメン屋があっても、患者様の立場に立って自らとクリニックのあり方において向上を図り続けていれば、なおのこと流行ります。
私もそんなクリニックを経営していきたいと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ