コラム

 公開日: 2015-05-25 

ジョーイ(原題「Something for Joey」)に思う

人はどれほど人のことを思えるでしょうか?
人を思う力というものはときとして、その人の持つ本当の力を最大限に引き出すことがあります。

「ジョーイ(原題「Something for Joey」)」という映画をご存知でしょうか?
すばらしい名作なのに、日本では中古ビデオしかなく、アメリカでDVDが販売されているのみです。
この映画は実話で、アメリカのある家族の物語が映画化されたものです。
キャパレッティ家には白血病に侵された末っ子のジョーイ、そして、ジョーイが憧れる長兄で、ペンシルバニア州立大学でアメリカンフットボール選手として活躍するジョンがいます。
家族はみんな愛情深く、治療の苦痛に耐えて闘病生活を送っているジョーイを支えているのですが、特に、兄のジョンはジョーイに希望を与えるためにアメフトに打ち込みます。

ジョーイの誕生日、ジョンがジョーイに「プレゼントに何が欲しい?」と訊ねると「タッチダウンを4回成功させてほしい」と言います。
不可能とも思われるようなその願い。
ジョンは、最初は唖然としますが、屈託なくお願いするジョーイに対して「わかった」と答えてしまいます。
そして、その日の試合、ジョンは奇跡的にその願いを叶えます。
しかも、ジョーイが「もう1回」と願うと、その次の試合でも4回のタッチダウンを成功させます。
その結果、ジョンは大学アメフトのMVPでもあるハイズマントロフィーを獲得するのです。

ジョーイは当時、3ヶ月が限界と言われていた余命を9年にわたっていきぬき、13才で逝去します。
しかし、ジョーイの存在によって、ジョンは自分の力だけではありえないような活躍を成し遂げ、キャパレッティ家とジョーイに光と希望をもたらします。
そして、ハイズマントロフィーの表彰式では「ジョーイのおかげでとれた。このハイズマントロフィーはジョーイのものだ」と語るのです。

今、ニュースを見ていると毎日のように、信じられないような身勝手で、凄惨な事件が起こっています。
こうした人たちに共通して言えるのは、自分のことしか考えていないということだろうと思います。

人間にはいろいろな面があるので、自分のことしか考えられないときも多くあります。
ただ願わくばできうる限り、ジョンがジョーイのことを思ってプレーし続けたように、人を思うということを心にとめて人生を生きたいと思います。
そうした心を維持するためには、定期的にこうした人思うことの素晴らしさを教えてくれる映画を観たり、本を読んだりして心に刺激を与える必要があるような気がします。

家族や恋人を思う心。
友達や仲間を思う心。
私の場合であれば、心苦しむ患者様を思う心。
その心に思いを馳せると、自ずと自分を律し、人に何らかの光を与える生き方をしたい。
そんなふうに思って、今を生きることができるような気がします。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

19
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ